基礎セミナーA


1人一回、割り振られた英語の素粒子関係のサイトを訳して発表(日本語)して終わり。90分まるまる使うこともなく、5限が5時に終わることもしばしば。単位は余裕。生徒が1人一回発表し終えると、教授が自分で1時間程度素粒子関連の講義をしてくれる。素粒子に興味があるならおすすめ


基礎セミナーA


英語の論文を読んで発表。 発表準備に時間がかかる


健康・スポーツ科学実習Ⅰ(ソフトボール)


先生がいい人。 楽しくスポーツを楽しむことができる。 ただ授業出てただけなのに、名前覚えててくれて感動した


英語(基礎)


小テストなし。予習復習の必要もないです。 1回だけスピーチを音読して録音しましたが、ほとんどwritingがメインです。 1〜2週間に1回課題が出ますが、課題をちゃんと提出すれば単位出ます。 課題提出が2回も遅れたけどAでした。


英語 基礎


この世の最悪に糞尿を漏れなくコーティングしたような授業展開。日本国や日本人を見下げた発言が多く、非常に不愉快。素晴らしいのは糞尿コーティング技術のみである。悪名高さは健在か。 ただし、気に入られたら天国らしい。気に入られるには、学習意欲を遺憾無く表し、ニコニコしていれば良い。


英語(基礎)


予習が面倒だった.講義も退屈.ややハズレ.


フランス語


最初に名前を覚えられると、その後かなり頻繁に当てられるようになるので注意。 また、遅刻はしないようにしましょう。


文化事情(中国)


オムニバス形式で毎回教授が変わり中国について教授が思い思いに語る。単位の心配はしなくてもいい。旅行に行こう


中級ドイツ語1


授業は淡々としてるけどテスト前に出るところ全部教えてくれる。多少休んでも単位出る。


一般経済史Ⅱ


学部専門講義にも関わらず毎回出席を取る。講義では教授が90分間経済史についてひらすら喋る。多分講義室にいる学生の9割は寝てるかスマホいじってます。テストは論述が4〜5問。難易度高めだと思うので、取らないのもアリかも。


市場経済と社会


経済科でドイツ経済史を研究している教授の講義なので、経済の歴史の話主体で講義が進んでいきます。現在の市場経済はどのような概念や原則によって成り立っているのか、ということがこの講義のテーマです。毎回の出席×期末テストで評価。期末テストでは論述3〜4問出ます。教養科目ですが割と重めのテストなので、しっかり勉強しないと単位取れないと思います。講義はつまんない!


ドイツ語1


予習が面倒。最初の簡単な部分はわかるが、だんだん内容が理解できなくなり、わからないと追い込まれる。1234すべてこの方で本当につらかった。 でも全然答えられなくても単位は出た。


ドイツ語1


授業は睡魔との闘い。期末試験は教科書の文覚えていけば余裕。


英語


出席は毎回取る。授業は予習必須だか、そこまで辛くない。3、4回ごとに中テストを行う。毎回エッセイを書くが、これは予習である程度書かないと間に合わない。真面目にやれば割と簡単に単位出る。


ソネット研究(1)


厳しいのではなく陰湿。学生を精神的を傷つけても全く自覚がない。自分を大切にしたいなら取らないことです。


シェイクスピア研究(1)


執拗な追及。学問する楽しさを忘れさせてくれる授業。授業中はみんな顔を引きつらせている。


ドイツ語2


ドイツ語で聞かれてドイツ語で答える一問一答をひたすらやる。テキストの長文を読んで問題の答えを考えてくる予習が必須。単元ごとに単語テスト(これも独語で聞かれて独語で答える)あり。1、2回独語スピーチ(1分未満程度)あり。最初は大変だがすぐに慣れる。面白い先生で、日本語も少しだが話せるし(基本は英語)、たまに歌を一緒に歌う。必ず出席して楽しそうにしていれば単位は出る。


英語コミュ


パソコンの問題をするだけ。たまにインタビュー形式の会話を友達とするが、いやほんとマイクをつけてするので結構楽しい。とても優しいお爺さん。


情報リテラシー入門


たまに課題が出るが、ちょっとパソコンが触れれば余裕。最後にグループで情報リテラシーに関するプレゼンをする。余裕。


生物学実験


余裕。とにかく楽勝。葉っぱの名前覚えて小テストしたり、生き物解剖してスケッチしたり。レポートと言っても持ち帰ってのレポートは一回だけで、それ以外は授業中で完結する。高校で物理選択だった人でも単位がもらえる。


スポンサーリンク

広告 【2018年度入居者募集中!】名古屋大学駅近くのシェアハウス!!

スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト