微分積分学Ⅱ


授業中は静かにした方がいい。毎週数題の課題が出る。試験は前年の過去問をやっとけば8割はいけるはず。陰関数の定理と未定乗数法をしっかりと。


力学Ⅱ


教科書に書いてあることを板書するのでやや退屈。中間は高校物理。期末は慣性モーメントの求め方をしっかり身に付けておけばいい。


経営学


アントリプレナー。


物理学基礎Ⅰ


物理を全くわかっていない。 物理基礎から履修し直してほしい。


化学基礎


難しい。 テストを毎回あるまでは良いがフィードバックが一切ない。 TAが呆れる始末。 レポートの内容も難しい。 テストは過去問必須


グローバル化と国際社会


日本語のイントネーションが独特で内容が入ってこない。レジュメの分かりにくさが異常。


地理学


中間3割、期末7割。出席ないし、テストも超ゆるい。オススメだよ!


地理学


中間3割、期末7割。出席ないし、テストも超ゆるい。オススメだよ!


情報処理


毎回課題がある。講義中にエクセルの解説をしている。


国際会計


一回だけ中間レポートがあった。 テストの量は多いが、持ち込み可能。


地理学


中間3割、期末7割。出席ないし、テストも超ゆるい。オススメだよ!


生産管理


テスト持ち込み可。 講義中の途中退室は認められない。


日本経済史


レポート重いけど単位は楽


地理学


中間3割、期末7割。出席ないし、テストも超ゆるい。オススメだよ!


教育原理


何言ってるか、本気でわかんなかった。でも最終レポート出したら単位出る。から余裕。


教育制度論


出席ないし1限だしで、正直しんどかった。期末テスト休んだ人に救済レポートを課したのに、誰も単位が出なかったという厳しい人。


会計Ⅰ


日商簿記三級取得を条件に期末試験の得点が加算される。なお本講義は予備校(大原)にアウトソーシングされており、授業内容は大変分かりやすい。また、進度は速いが、Sも取りやすい。資格は取っておいて損はないので、他学部の学生にもお勧めである。ただし、履修登録上1限となっているが試験日との兼ね合いで2限まで講義が行われる場合があるため、2限に他の講義を登録している場合は注意が必要といえるだろう。 by 冴えない法学部生


化学基礎


まず、授業に金がかかる。教科書だけでなく分子模型も買わされ、合計1万近くなる。また、授業が適当でわかりにくい。さらに毎週のレポートの量が非常に多い(しかもそのくせ最終成績を出す際のレポートの割合は10%程度らしい)テストも難しい、平気で単位を落とす鬼。絶対に取らない方が良い授業のひとつ。


地球惑星の科学


三村先生はいい先生で元グランパス監督の西野に似てる。後半のもう1人の先生は手倉森に似てて、授業はあまりよろしくない。案外テスト勉強は大変。


マクロ経済学Ⅱ


授業は最高。テストは… 他の授業に比べて勉強量と単位のとれやすさがマッチしない。パンダ。6割取れなくても単位出た。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。