物理学基礎Ⅰ


授業終わりにやる小テストさえやれば、レポートもテストも余裕。小テストで一応出席は取っている模様。先生はめっちゃ優しそうな人。


民主主義の歴史と現在


授業内容は中の下。出席点はないが、二回に一回ぐらいアンケートをnuct上にupされ、その日中に答える形のものがある。 (教授曰く単位取得の参考材料にするんだそう) レポート20点テスト80点で、例年5割程度が落単。テスト前のあがきではどうにかするのは難易度高め。 特に興味関心がない人は、履修しない、受けてしまった場合は取り下げることを強くおすすめする。 私は興味関心あって受講し毎回出席していましたが、話にあまり引き込まれず4割くらいしか聞いてなくて単位落としました。


英語(上級)


期末テストはないが毎回イディオムのテストがある。 2回のプレゼンと他の人のプレゼンに対する質問の回数で主に評価される。 プレゼンについて詳しく教えてくれるしかなりいい先生であるのでオススメ。 プレゼンのテーマは理系によせると先生からの質問が緩くなる。


力学1


小テスト4回と期末試験で成績評価。字が汚い。テストは簡単、高校物理レベル。でも小テストよくてテスト手応えあったのにCだった。落としている人もちょいちょいいた


社会調査法1


フィールドワークに興味があれば面白いと思う。期末レポートはグループプレゼンで代用可。


計算機と社会


聞けばためになる レポートはちょろい。知らなくても調べればよい。だって我らは情報系


民主主義の歴史と現在


テスト8割 映画を見る回がありレポートそれぞれ1割 nuctでのアンケートで出席 テストが難しかったが半分くらいの出来でAが取れたので全体の出来も考慮してるのかも


英語中級


POTTER 「I know my English class is the most difficult of all English classes. I know.」 刺激的な宗教書を読まされる。出席していれば単位は安泰。


比較文化論


毎回の授業での小テストと期末で評価。小テストも期末もどこから出るのか詳しく教えてくれるので、それさえこなせば授業を聞いてなくても楽単。 ただし、小テストは授業の最初だし、授業中の退出にはうるさく、授業は面白くないので人によってはかなり辛いかも。


大気水圏環境の科学


内容面白くて好きだった。単位取るのも楽。講義にちゃんと出る、あるいはそんな友達がいて期末の勉強が出来ればでなくても良い。


大気水圏環境の科学


授業は普通に面白い。毎回小テストがあるが、前回の内容の復習とか常識の範囲でこたえられる問題だから、小テストがんばったら単位くれる。SとかA取りたかったら期末テスト受けたらいい。期末テストの内容は小テストそのままだから受けたらだいたいSかAとれる。


パターン認識及び演習


殆ど皆聞いてなかったし途中から出席を取り始めたり成績発表後配点を間違えて訂正したりなんか色々とgdgdだった。演習はやや重め(正常に認識出来ない例など普通に出してくるので注意)。テストは教科書資料持ち込み可だったけど問題数が多めなので講義中出された演習題くらいはやった方が良いです


英語(基礎)


講義はリーディング、宿題はライティングです。オリエンテーションの後、1回目の講義でパラグラフライティングをしてきて友達と交換し、2回目で友達の英作文を添削して持ってきて友達に返し、3回目で直して持ってきて提出、という流れを4回繰り返します。正直面倒でした・・・。講義はテキストが中学生レベルの英文しか扱っていないので余裕です。テストもそこから出るので余裕です。・・・が、英作文の評価がよくないとテストで取っても単位はよくならないようです。出席は特に取りませんが、講義中に指名されて何も答えなかったら欠席扱いになるらしいです。


基礎セミナーA


2回の発表と他人の発表への質問が評価対象。発表前に先生がお手本を示してくれる。各回で先生が発表について良いところ悪いところを指摘し、堅実なアドバイスをくれるので基礎セミナーとしておすすめ。真面目に調べてアドバイスをもとにパワポ作って発表すれば確実に良い評価もらえるはず。普通に良い人。


地球科学入門


出席は小さいプリントに小学生並みの感想書くだけでよし。期末は指定された本読んでA4一枚半くらいそれっぽく書けばA。講義は興味ある人にはおもしろいと思う。爆睡してても穏やかに講義をしてくれるとてもいい人。というか神。


基礎セミナーA


学期の前半は教科書やります。後半はディベート的なことです。ディベートが嫌いな人多いと思いますがどの基セミでも多かれ少なかれやると聞くのであんまり気にしないでください。基本的に経済学部の人が多いです。いい単位取得のためにはとにかく相手の話をよく聞くことが大切です。経済学部の人にとっては学部の授業より経済学部らしい内容なので後々役に立つと思うので特にオススメしたいですね。


中国語1


雑談多いし、楽で楽しい。テストはピンイン以外、簡単。


英語(上級)


言ってることは確かに正論 ただ、言い方が問題あり プレゼン中に教授がいろいろ指摘してくるのでウザいです


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。