文学


まあ、 他の方が言っている通りですね。


物理化学2


とにかく辛かったです。過去問はありません。努力が必要です、マテリアル工学科の後輩、及びに落単した同期は頑張ってください。ちなみに私は落単の予定です。今期は田邊教授との合同シラバスだったのがせめてもの救い。星二つ


微分積分学Ⅰ


授業が謎。また使っている教科書が通販で89%OFFで売っているあたりから、教科書の不便さがわかる。加えて毎回必ず同じ服を着ているため、テスト練習問題と全く問題がでると思いきや、かなり違う問題を出すという冷酷っぷり。要注意といいながら、テストに全く出なかった。


比較教育論


可愛いおばあちゃんです。神。4000字レポートは本を読んで書けって言われるけど、ネットからの引用でもAくれました。リアクションペーパーも適当に書いてればおっけーです笑


健康・スポーツ科学講義


期末レポートと毎時間のリアクションペーパーで成績評価。単位は楽勝と思われるが授業がとにかくイライラする。分かるはずもないことも「想像でいいから書いて」と言って書かせる意味不明な人。しかも最初にリアクションペーパーはどんな内容でもいいと言うくせに後になってその内容で評価しますとか言い出す。この授業は絶対に取るな。


法社会学


法学部の授業、特に実定法の授業で「勉強してもいい評価が出ない」と悩んでいる人はいないだろうか? この授業はやればできる。やれば相応の結果が付いてくるし、相応の評価が付いてくる。教授の人柄もいい。 予習復習テスト対策は必ずしよう。毎回リアペを書いて出欠がとられる。良いことを書けば追加点あるとか。教授は優しいのでほぼ毎回欠かさずリアペの応答を口頭で言ってくれる。 教授も学生も熱心な授業。大学の講義すべてこうであってほしい。


心理学1


数少ない文基礎の神講義。授業後にレポート(講義内容の質問)提出で毎回6点満点で評価されるが、よほど変な質問しなければ4点はくれると思う。講義内容もかなり面白い。1限で朝早いけどこれを切るのは勿体ないよ


化学基礎Ⅰ


講義で使うスライドをホームページにアップしてくれるので、勉強しやすい。試験も講義で扱った内容からしか出題されない(しかも過去問まんま)。ただし、内容が5月後半あたりから急に難しくなるので、コツコツ復習すべし。


感じる情報学


Q1期情報学部人文系の授業です。情報学部1年次の選択科目ですが、ほとんどの情報学部生が受講しているように感じます。講義はオムニバス形式でおこなわれ、各回担当の先生が研究やそれに関わるトピックを紹介するという形式をとることが多いです。毎回課されるレポート課題は若干量が多いので計画的に進めましょう。この先生の回がこんな感じで面白かった、興味深かった、などと書き留めておくと後々役立つと思います(Q2期の必修インフォマティクス2で再びお目にかかる先生も多いです)。面白い講義ですので受講してみるといいと思います。


化学基礎Ⅰ


講義にはネット上にある講義で使うパワーポイント資料をコピーして持っていくとよい。テストは中間、期末共に過去問とほぼ同じであり、難易度もそれほど高くない。毎回簡単なクイズレポートがある。


生物学基礎Ⅰ(未履修)


何人かの教授が自分の研究分野を中心に話してくれる。面白い教授もいるが、面白くない教授の講義は睡眠及び雑談時間と化す。評価は出席が占める割合が高く、期末テストは自分の研究したいテーマについて書くというもの。


健康スポーツ科学講義


スポーツ、運動理論、健康に過ごすために必要な基礎知識などを学び、ビデオを見て、5行以内で感想を書きます。ビデオの内容が充実していて、5行でまとめるのは大変でした。毎回一言で謎のコメントが返ってきて面白いです。特にスポーツや筋トレに興味がある人にとってはとてもためになる授業だと思います。期末レポートは、授業で学んだポイントを押さえながら夏休みのトレーニング計画を作成するものでした。毎回出席してレポートも真面目に書けば必ずAが取れると思います。


化学入門


授業の最後に毎回授業でやった内容を1、2問レポートととして提出します。 中間と期末課題でレポートを提出しますが授業中に配布されるプリントが参考になるので安心です。 単位はとても出やすいですし内容も興味のある人にはいいと思います。 最終レポートに名前を書き忘れたまま提出した僕も確認がとれれば再評価してくれるのでとても優しいです。 特に理系基礎に興味のある教科がない人や何を取ろうか迷っている人は取るべき


健康・スポーツ科学講義


一言で言うなら神 毎回のレポート(感想)はA4の紙に5行のみ。寝ていても内職をしていても大丈夫。期末にA4で1枚のレポートを出すのみ。毎回出席、期末レポートは雑な内容でAだった。


大学でどう学ぶか


大学を通しての学びや、卒業後の進路などについて考える授業。毎回の授業中でレポートを書く必要があったり、本を読んで要約させられたりと、他の全学教養科目と比較すると面倒だと思う。 まあくだらない授業であるが、先生は自分の授業に自信を持っており、その態度が鼻につく。 5分でも遅刻すると入らなくなるので注意


英語基礎


けっこう明るい雰囲気の授業 文章の書き方についての授業。 2回に1回くらい要求される作文課題が面倒だが、テストはないので自分にとっては楽だった


物理学基礎Ⅱ


講義はクッソつまらん。女尊男卑のお蔭で、特に男子はよく勉強しておかないと落とされる。逆に女子は何も勉強しなくても拾ってくれる、らしい。


微分積分学Ⅰ


おそらくこの教授はよっぽど単位は出してくれる。 課題レポートは救済措置に使われるから出しておいた方が無難。 テストは過去問と似たような形式。そこまで難しくない。


健康・スポーツ科学講義


教官はやや気に障るところもあるが危害は加えられない。私語やカンニング、他人の迷惑になることにはやけにうるさい。 救急救命法の実習と期末試験で評価。救急救命法の実習と期末試験に出席していれば今までに単位を出さなかったことはないと豪語していた。期末試験もたいして難しくない。


名大の歴史をたどる


4回までの欠席は何のペナルティーもなし。5~6回で減点。7回以上で失格。遅刻は開始20分(9:05)までは許容される。評価は期末レポート。必須課題に加え、任意課題のレポートまで出せばAかSもとれる。必須課題のレポートを書くために授業で配布されるレジュメはもらっておいた方がいい(ほぼこれを写すだけ)。前回、前々回のレジュメも配布してくれるのでたまに休んでも問題無い。最悪、大学文書資料室(遠い)に行けばいつのレジュメでももらえる。講義は聞かなくていい。1限にIB館の大講義室のフカフカな椅子で熟睡できる。内職も余裕。 履修登録で全学教養科目が全て外れてしまって、この講座は定員オーバーで締め切られていたが最初の授業で受講申請表を出した人に限り追加の履修を認めてくれた。ただし、来年以降これがある保証はない。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト