物理学入門


毎回簡単なレポート課題が出される。 講義も身近な物理学の有用な知識を教えてくれる。 最終レポートは2000字程度でテストは無し。 良い評価も出やすいのでおすすめ。


心理学Ⅰ


とてもいい。1限なのに出席したくなる授業でした。是非とるべき。


電気電子情報工学序論


講義中にレポートを課さない教員がいるが、後で必ずレポートが出るので油断は禁物。


近代日本の政治と外交


クソ講義。 前半は左翼ますともの話を聞いたり核兵器のビデオ見て感想書く講義が続き、後半は戦前陸軍とか帝国憲法の構造をひたすらオベンキョする講義 テストは後半から出るけどレポは前半に固まってるのでまともに単位取ろうと思ったら毎講義出席するべし 勉強してもFのやつがいればノー勉でもA取った奴もいるので単位は賭け


文学


スタンダールの赤と黒だけを扱って授業で少しずつ読み進めて授業終わりに感想を書き、その内容と期末レポートで評価される。ある程度出席すれば単位はもらえる。ただ、教授はとても良い人だかネジが飛んでいる。


化学入門


高校で化学基礎を履修していても内容はほぼ理解不能。レポートは理系の友達に頼んでやってもらい、ある程度出席し授業終わりの問題に適当に答えて提出すれば単位はもらえる。この授業で得たものは何もない。


健康・スポーツ科学講義


まず出席して簡単な期末レポート出せば単位は出る。講義内容についてはまあ悪くはない。


力学Ⅰ


非常にわかりやすい 典型的ないい先生


自然環境と人間社会


授業は興味がないとつまらない レポートの量がマジ半端ないって


グローバル・ファイナンス・マネジメント


講義をする外部講師により授業の面白さが変わる。個人的には野村證券のベテラン講師の回が一番面白かった。


大気水圏環境の科学


降水量や酸性雨など自然環境を取り扱う。テスト内容を予め教えてくれる。単位は取れるだろうと講師本人が言っていた。


微分積分学Ⅰ


学籍番号順に座らさせるので運悪く後ろの方の席になると黒板が全く見えない。 しかし黒板が見えても授業の内容がわかるのかと言われたらわからない。 とりあえず教科書の章末問題をゴリゴリ勉強したらテストはなんとかなったが、テストでわけのわからない定積分の定義を答えさせられて全員そこは点数がなかったようだ。 中間テストもあったけれど、結局中間が良くても期末アウトだったら単位はくれないらしい。…けれど名前を呼ばれてしまった人もレポートを出せば拾ってくれたみたいなので単位は恐らく取れる。


人間と行動


寝てる人は起こされる。生徒の質問に丁寧に答えてることが印象的。いくつか心理学の実験に参加しなければならない。


システム工学入門


授業ごとに課題がでた。授業内でやる時間くれる。評価は発表。数学の基礎知識がなくても文系にわかるようにイチから説明してくれたのでわかりやすかった。内容はまあまあ良かったけど、後半は難しかった 普通に受けてればAくれると思う


都市と文明の歴史


2人のオムニバス形式の講義。 大河内 美紀先生の憲法2の単位をとれる気がしなかったので法学部ながら受講。 初めの3回は授業中に書くレポートで評価。 後半の12回は3つのレポートと試験で評価。(出席なし) やや後半3回のレポートがめんどくさいが、確実に大河内先生よりは優しく、試験もそう難しくないので建築物や都市景観に興味のある人は取ることを勧める。(手続きをふめば関連専門科目として、単位認定される) 法学部棟とは全く違うきれいな建物、広々とした教室で授業が受けられ、補講では教授直々に名大の建築物についての解説をしてくれる時間まであるので、とてもいい授業です。


健康・スポーツ科学講義


普段の小レポートと最後のレポートで評価されると思う 授業は結構面白い スポーツしてる人はためになると思う


心理学Ⅱ


初回の講義で「R」という統計分析に使うアプリをPCにインストールするように指示され、以後毎回この「R」を使って毎週レポートを作る。NUCTに毎回の講義に出席すると配布されるプリントのPDFがアップされるため、それを見れば20分ほどでレポートを作成でき、前半は出席する必要が皆無だった。しかし出席者が減り過ぎ一時は120名中10名ほどしか出席者がいなくなったこと(個人的には初回の講義で教官が出席は一切取らないと明言したことにも原因があると考えているが)、またまとめて一気にレポートを出そうとする奴が多かったことから、途中から講義に出席して話を聞かないと絶対できない内容がレポートに追加され、提出期限も設けられた。さらに期末レポートは今までの講義に出席していないと出来っこないような内容で、しかも提出しなければそれまでのレポートの提出状況に関わらず問答無用で落単という鬼畜ぶりだったため、結果として全体の4割強が落単し、単位を取れた者の半数がCだった(教官からのメールより)。多くの者が履修説明会で「心理は楽」と教えられてこの講義を取ったが、結果的にはクソ講義だったと言える。自分は友達に恵まれたため良い評価を取ることが出来たが、単位取得にはパソコンが得意なことと頼れる勤勉な友人がいることの両方が必須条件である。


地球科学入門


非常に楽単。毎回の感想さえ書いて出していれば単位は確実。講義中は睡眠か内職に充てると良い。優しそうでとっつきやすい教官。


心理学I


楽単かつ心理学への興味の有無に関係なく非常に面白いという稀有な講義。毎回感想をプリントに書いて提出する。期末テストも一週間前に問題が発表され、それを考えてきて書くという感じなので余裕。たまに心理学実験の参加者を募集するが、これは成績にも加算され割りの良いバイトなので周りよりも良い評定を貰いたい人は積極的に参加しよう。


近代日本の政治と外交


内容は全く面白くない。 ただ、テスト直前の授業でどこが出るのかを教えてくれたりするからそこは良い。その範囲をしっかり勉強しておけば普通にいける。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト