近代日本の政治と外交


内容はあんまおもろない。 最終回に自らヤマ張ってくれたので勉強すれば、単位は取れそう。


基礎セミナーA


基礎セミナーはグループでディスカッション等をするような内容のところが大半だが、ここでは個人が調べたことを先生が聞いてそれに関連する知識雑学等を先生がひたすら喋る感じで、学生間のコミュニケーションは皆無。90分間先生の雑学講演を聞くことになる。いろいろな知識が身につくことは確かだが、大半の人は暇を極める。しっかりディスカッション等したい学生はとらないほうがよい。単位が欲しい人で暇に耐えられる人にはよい講義かもしれない。なおこの講義は文理融合のはずだが、先生が物理屋のせいか平気でエントロピーや運動量の話をし始めるので文系の人は要注意。


西洋法制史


レポート3回くらいあったのを1回しか出さなかったが、中間テストのようなレポートと(毎年同じような問題)期末テストを受けたら、勉強をしていなかったがSが出た。授業中の発言を毎回したら、必ずSが取れる。発言を記録するのは前半のみなので、後半はいっさい講義に出席せずバイトに費やして正解だった。神先生。


国際開発学


出席はとることの方が多いのでちゃんと出よう。テストは、中間もあるが試験は小テストと似た傾向であり、普通にやれば普通に単位が出る。授業以外で会ったときあいさつしないと次回の授業で指される可能性があるので注意。 内容の評価は適当なんであてにしないでください。


健康スポーツ科学講義


出席は抜き打ちで4回ほど。レポートが2回出るので、15回中最低限2回はしっかりとノートを取るべし。しかし、思ったほど良い評価はつかない。単位は取れると思われる。


生物学入門


先生が三人出てきた。一人目の瀧口先生はファンキーなおじさんで話も面白い。二人目の先生はすこしお堅めの方だがこの人の講義も面白かった。三人目の先生はほとんど覚えていないので割愛。 ただ、二人目の先生のレポートがかなり厄介でした。自分はこのレポの内容は誰にも話さず墓場まで持っていくつもりです。


健康・スポーツ科学講義


レポートA4を1枚を二回だけ。テストもなく、圧倒的楽!!出席は3回ぐらいとるが、友達にやってもらえる。全出席してたらSとれた。 倒れた生徒がいた時、ドクターとして駆けつけてたのめっちゃかっこよかった…


健康・スポーツ科学講義


レジュメの穴埋めをしながら進める授業。たまに出席がてら、小テストやレポートが出る。7月の頭に体力テストあり。ただし、代筆は晒し上げられた上、原点を喰らうので注意。テストは基本的な単語の穴埋め、カロリーや標準体重・BMIなどの計算、体力テストの結果に従ってトレーニングのプログラム作成という感じ。


基礎セミナー A


講義場所は遠いけど出席さえしていれば単位は出ると思います 最後の発表を英語ですれば高い評価をもらえます


統計学


期末試験は授業で出た用語の穴埋めと○×問題のみであった。授業の大半を占める大量の数式の羅列は全くテストには出ないので板書の必要はなし。板書は用語のみでよい。テスト前に軽く見ておけば耐える。出席は不定期に採って、救済に使われるので毎回出席したほうが無難。


近代日本の政治と外交


ともちんクッソ左翼でワロタ ただただ眠くなる 三割強の人が寝ていたお


ドイツ語1


テスト無しレポート無し。出席してれば単位出る。授業はつまらないことが多い。話し方が不快。


生物学基礎Ⅰ


正直、エッセンシャル自分で読んでいった方が身になるよね。半分も行かなかった気がする。というかみんな寝過ぎなんだよなあ。授業出るなら聞こうぜ。


国際法総論


内容が難解なのではなく、教員の話し方が割と散漫気味であり結果として何を伝えたいのかわかりにくいというタイプ。勉強は個人でやったほうがいいがどの辺りを勉強すれば良いかは教員の話の中にポイントがあったりするのでレジュメを参考にしながら上手に聞き流しすべし。余談だが本年は問題傾向が変わっていたので過去問だけ対策してた方々が続々棄権退席されて会場に殆ど残らなかったのは笑えた。バランス良く勉強しましょうb


国際法総論


実質隔年開講。過去問と形式は同じだったが、問題のチョイスは大きく変わったような印象。レジュメから単語を拾いながら教科書の該当箇所をさらっと読んで、あとは書ける問題が出るよう祈ればテスト勉強完了。


西洋法制史


発言重要というコメントが多く見られるが、S狙いとかでない限り発言ゼロでも大丈夫。ほとんど落とさない先生らしいので他の授業と被ってないなら取ればいいと思う。教科書は必須。


英語(中級)


トランプゲームをしたりして、とても楽しい。単位は余裕でAが出る。一回なら欠席しても大丈夫。オススメ。


英語(中級)


トランプゲームをしたりして、とても楽しい。単位は余裕でAが出る。一回なら欠席しても大丈夫。オススメ。


心理学Ⅰ


評価方法は期末レポート半分とそれ以外が半分 出席、課題、実験への参加など 50点を超えると切り捨て 講義は聞いてみると案外面白いけど、まあみんな内職してた 課題はNUCT、半分くらい出れば単位くる(と思う)


英語(コミュニケーション)


ギャグ好きなサンタクロースみたいな外人のおじさん。授業自体の雰囲気はいい。単位も普通にやれば大体Aはいただける。ただ、多読のコンピュータ版のxreadingは中々に面倒。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト