微分積分学Ⅰ


授業が謎。また使っている教科書が通販で89%OFFで売っているあたりから、教科書の不便さがわかる。加えて毎回必ず同じ服を着ているため、テスト練習問題と全く問題がでると思いきや、かなり違う問題を出すという冷酷っぷり。要注意といいながら、テストに全く出なかった。


政治経済学Ⅱ


前回政治経済学Ⅰの感想を書いた者です。相変わらずの講義で何言ってるのかは全くもって理解不能であり、教科書を読んでもレジュメに書いてある内容が載っていないのはザラにありました。しかし、今年は2010年の過去問がほぼそのまま出題されたため、過去問を解いていた人にとっては簡単な試験だったと思われます。恐らく来年はそのような美味しい話はないと思うので、真面目に勉強した方がいいです。ちなみに大論述は7章のSSAの成長と衰退の転換に関して15-20行書く問題が出題されました。後、再生産表式を求める計算問題は必ず出題されます。


微分積分学Ⅰ


授業は教科書をそのまま板書してるだけ。レポートの問題は割と勉強になるが、成績に含めなさすぎて結局テスト一本。テストを失敗したらもう終わり。レポート以外、なんの勉強になったか分からない。


経済数学A


数学入門の授業を履修して、経数Aの授業に出席する代わりに数学入門の予習復習をしていれば単位がもらえます。 過去問があれば尚良し。過去問には難しそうな問題が並んでいますが、基礎的な偏微分さえできれば充分です。 授業に出席する必要は一切ありませんが、色々と特徴のある教授なので暇つぶしに一度くらいは出席してみても良いと思います。


微分積分学I


ホンマにクソ、ただのクソ。授業聞いてもテストは無理ゲー。演習問題を配るが解答解説は配られない。教授は数学を学びすぎて頭がおかしくなっている。ピンクのポロシャツがお気に入り。汗だく。ただ単位認定は最後の最後で甘くなる傾向にある。GPAを下げたくないのなら取り下げることも選択肢に入れよう。


経済学A


成績評価はテスト1本 テストは教科書の復習問題から4つ論述問題が出題され、うち2つを選択解答する形式だった。 講義は終始よく分からなかったが、テストでもがけば単位は取れるはず!


基礎セミナー


本を読んで担当のページを二人組で発表する。発表の際に講師の方からいくつか質問を受ける。答えに窮するような質問もある。発表の後に担当のページの要約を提出する。出席、発表、要約で評価される。物理的な説明を求められることもあるので文系の学生はやめた方がいい。単位は普通にこなせば出るだろう。


健康・スポーツ科学講義


期末レポートと毎時間のリアクションペーパーで成績評価。単位は楽勝と思われるが授業がとにかくイライラする。分かるはずもないことも「想像でいいから書いて」と言って書かせる意味不明な人。しかも最初にリアクションペーパーはどんな内容でもいいと言うくせに後になってその内容で評価しますとか言い出す。この授業は絶対に取るな。


経済数学A


出席しなくてもいいだろうけど、するとたまにイベントが起こって面白い。自分は毎回出席していましたが日々の良い癒しになりました。 基本内職して気が向いたら先生の観察を楽しむのがこの講義との正しい付き合い方。ただテストをノー勉で挑むのはさすがにやめよう。散々出ている通り、過去問が単位取得のカギを握るのは間違いない。


政治学


単位の出やすさについてはテスト時にカンペを作らなかった私でも出たので多分出やすいです。 ただ授業はなにを言っているかほとんど理解できず、教科書として用いている本を買わされ読んでくるよう言われましたが、授業ではそれに関連することはなにも話されません。 スライドを用いて授業するのですが、スライドの文字の分量が多く読みにくいことこの上ないです。 東京大学法学部出身でマサチューセッツの大学にも留学したらしいですが、そのような片鱗はどこにも見られません。 テスト時にカンペ持ち込み可なのでまとめる必要がありますが、とてもまとめられる量ではないです。 単位は出ますがあまりオススメしません。


数理物理学1


演習問題理解して全部解けるようにしておけばAは来る


法学


配られるレジュメは分かりにくい上に、そのレジュメの解説も説明が下手で何を言ってるのかわからず、眠気を誘う。1年前期の文系基礎で法学だけは取るなとは言われるのにも納得出来る。成績は中間3割、期末7割で評価。レジュメを自分で解読して内容を覚えていれば単位は取れる


基礎セミナーA


1968年を中心として、日本社会について考える授業。話を聞いて感想を書いたり、自ら設定したテーマについて発表をしたりする。内容が非常につまらなく、数回の発表に加え最後にA410枚で自らのテーマについて「論文」を書くなどと苦労量も非常に多いので最悪。絶対に取らない方がいい


大学でどう学ぶか


大学を通しての学びや、卒業後の進路などについて考える授業。毎回の授業中でレポートを書く必要があったり、本を読んで要約させられたりと、他の全学教養科目と比較すると面倒だと思う。 まあくだらない授業であるが、先生は自分の授業に自信を持っており、その態度が鼻につく。 5分でも遅刻すると入らなくなるので注意


英語基礎


補講も含め講義全出席、レポート全部提出してもF。レポートに関してはこいつ自体が同格や省略等の文構造を理解してないから優しい英語で書かないと全部低評価。今期の英語基礎落とした人のうち18/20がこいつ。


現代日本の外交・国際関係


クソ。めちゃくちゃ左翼のオバサン。


現代日本の外交・国際関係


クソ。めちゃくちゃ左翼のオバサン。


物理学基礎Ⅱ


講義はクッソつまらん。女尊男卑のお蔭で、特に男子はよく勉強しておかないと落とされる。逆に女子は何も勉強しなくても拾ってくれる、らしい。


歴史学


内容は奈良から平安にかけての手工業などについて。講義はクソつまらないけど、試験の問題は2週間前くらいにあらかじめNUCTに出されるし、レジュメは用意されるし、試験に持ち込み可だから、よほどのことがない限り大丈夫。


英語(基礎)


評価は授業中のリーディングの問題解答と期末試験。期末試験は15分程度で、あるテーマ(今年は自己紹介)に関する英作文。 授業はつまらなく声は小さくて聞き取りにくいが楽ではある。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト