力学Ⅱ


教科書に書いてあることを板書するのでやや退屈。中間は高校物理。期末は慣性モーメントの求め方をしっかり身に付けておけばいい。


経営学


アントリプレナー。


民主主義の歴史と現在


授業内容は中の下。出席点はないが、二回に一回ぐらいアンケートをnuct上にupされ、その日中に答える形のものがある。 (教授曰く単位取得の参考材料にするんだそう) レポート20点テスト80点で、例年5割程度が落単。テスト前のあがきではどうにかするのは難易度高め。 特に興味関心がない人は、履修しない、受けてしまった場合は取り下げることを強くおすすめする。 私は興味関心あって受講し毎回出席していましたが、話にあまり引き込まれず4割くらいしか聞いてなくて単位落としました。


1968/2015-現代社会を1968から考える


自分でテーマを設定して、最後にパワーポイントとwordでまとめて提出すればいい。自分のやりたいことをやれるからルーズ。先生はかなりのサヨクだからそこ注意。


中国語4


単位が降ってくる、でおなじみの杉村先生。授業の後半はビデオだし、神かな。


中級中国語1


授業に欠席さえしなければ女神。映画プレゼンとか、本文の試訳とか、課題が多いけど、それをクリアすれば明るい未来が待っている。AとかSが一番取りやすい先生かも。


若者論を語る


プレゼンが多い めんどくさいけどためになる気がする けど本当にめんどくさい レポートが多すぎる 単位は普通にレポートとかこなしてれば来ると思っていい


化学基礎Ⅰ


化学がとても好きな人意外にとってはたいくつ。後ろに座っておけば当てられない。出席は名簿を回す形式なので代弁も可能。2,3回ほど演習問題を解く回があり提出、受け取りで出席を取る場合があるので注意。期末テストは過去5年分の問題を解けるようにしておけば問題なし。


名大の歴史をたどる


おすすめはしない。毎回の授業後に授業の感想などを書いた紙を提出、それが出席代わり。期末レポートは2,000時程度でそれほどだるくはないが発展課題というものもやらないとSはとれない。したがってだるい。


英語(基礎)


とにかく宿題が多い。毎週TOEFLの長文を口頭で訳せるようにしてくる・生徒の書いたクライテリオンの添削。 ちなみに指名制で宿題の確認はされないので当たらないとかければ宿題はしなくても可。英語が得意なら毎回宿題しなくてもいいかもしれない。 それプラス2週間に1回250~300語の英作文をネット提出。 評価が悪くても特別課題でなんとかしてやると言っていたので単位は確実かも?


力学Ⅰ


授業スピードはやくてついていけん。毎回レポートだす。 テストは簡単。


力学1


小テスト4回と期末試験で成績評価。字が汚い。テストは簡単、高校物理レベル。でも小テストよくてテスト手応えあったのにCだった。落としている人もちょいちょいいた


健康・スポーツ科学講義


毎回出席がわりのミニレポートを書いてそれに最終レポートで成績。ミニレポートは何か一言書いただけである程度点をくれるから代筆可能で最後だけ顔だしてミニレポート出すのも可能。先生が可愛い。ハズレではなかった


ドイツ語1


授業がめっちゃ眠い、話し方の問題かな? 出席は毎回とるから行かなアカン 温和な先生だと思う テストは私がまともに受けてないので論ずることは出来ない


健康・スポーツ科学講義


テストは設問に合わせて自分の精神分析を書くだけ。設問はどこかの講義のときに配られる(自分のときは序盤だった)。受講者の夢診断などを教授がみんなの前でやるが、「それは性的なことを表している」という感じのことを言われて恥ずかしい思いをした人もいたのでそこだけ注意するべきかもしれない(仕方ないけど)。


基礎セミナーA


火山と地震について。最初はただ聞いてるだけでいいが、途中から何か一つ題材となる噴火などを決めて簡潔にまとめて発表、パワポで10分程度のものを作って発表、さらに詳しくパワポで発表の三段階で成績を決める 誰が何を発表してもとりあえず批判される、メンタル弱い人は辛いね。短気だからそこも気をつけて。新しめの事件を取り上げると楽。批判された割には成績は良かったのが謎、単位は基礎セミナーだし言われたことをやれば落とすことは無い。ほかの人のヤツを選んだ方が楽だと思う


社会学概論


社会学の学説史。文学部と合同。よく分からないけどなんだかんだ単位は出るのでは。


健康・スポーツ科学講義


毎回出席がわりのミニレポートを書いてそれに最終レポートで成績。ミニレポートは何か一言書いただけである程度点をくれるから代筆可能で最後だけ顔だしてミニレポート出すのも可能。先生が可愛い。ハズレではなかった


流体力学基礎第2


スライド読んでるだけで眠い。演習の解説もグダグダしてわかりずらい。出席とらないと言いながらテストでは、授業に出ていないとわからない問題を出す。単位は取りずらい。


英語(上級)


高校の授業みたいな英文を読むのと、その内容に関するプレゼンを交互に行う。 全体の前でプレゼンは2回だが、2週に1回はプレゼンの原稿を作る必要あり。 英語の力はつくと思うが、英語が苦手、嫌いという人には苦痛でしかないと思うので、単位認定で逃げるが吉。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。