経済学A


挙手して発言すると加点される。上限10点。 テスト出す項目は大雑把に教えてくれるが凄くムズい けどBはでた


心理学Ⅱ


ある程度心理学を知っているんだったら、この講義はお勧めしません。心理学について本当に興味がある人でしたら、本一冊読めば足りると思います。 「アイヒマン実験」「ドア・イン・ザフェイス」「ハロー効果」など非常に有名なものが扱われるのですが、授業を受ける以前にほとんど知っていたため、私には物足りませんでした。 評価の仕方は授業ごとの小レポート+期末レポート。心理学の実験参加やアンケート回答でさらなる加点あり。 小レポートは結構簡単。期末レポートは授業で扱ったトピックスを7つ以上用いて、社会心理学の観点からある事柄を3000~4000文字程度で考察せよというものでした。正直いって書きにくかったです。 それでも先生自体は声がききとりやすく、時代背景、学問事情、具体例を多く挙げ、いいと思います。分かりやすいです。


離散数学及び演習


眠い。講義は資料を読み上げるだけなので、自信のある人は演習だけ来ればよい。


線形代数学1


説明すべきことを説明しない割に無駄話が長い。 テストは超簡単。全員満点。


哲学


出席はランダムに当てて、居なかった場合のみ欠席扱いとなる。先生は面白いが授業内容はなかなか意味不明。 ただ最後の試験は教科書とは全く関係なく、前もって示される10題の哲学っぽいテーマ(例:魂とは何か?)から1つ選び、それについて論じる。本番までに考えておく時間が十分にある。持ち込みは不可。正直、授業を聞いてなくても何か書いておけば単位は出ると思う。


健康スポーツ 講義


毎回出席を取るので友達とシフト制にして出るのがベスト。聞いても相当まじめにノートを取らないとテストは答案用紙を埋められないが色々書けば単位はCだがもらえる。Cとなる可能性が高いのであまりオススメはしない。


化学入門


高校で化学基礎を履修していても内容はほぼ理解不能。レポートは理系の友達に頼んでやってもらい、ある程度出席し授業終わりの問題に適当に答えて提出すれば単位はもらえる。この授業で得たものは何もない。


近代日本の政治と外交


授業内容はあまり面白くないが、最後の授業さえしっかりと聞いていればテストは問題ない。


数学展望Ⅰ


2018年度理学部1年生の評判が最も悪い科目の1つ。自身の教科書をただ黒板に丸写しする授業が延々と続く。 加えて全学教育でのカリキュラムを理解していないので、平気で積分の順序交換とか出てきて困ることも。 数学がわからない人にとって、教授の証明終了マーク \(^O^)/ はトラウマものとも言われる。 だが、教科書そのものは数学書にしてはやりすぎと思えるほどわかりやすく書かれているので、自学するのに苦労はそこまでしない。テストは20問穴埋め型で行われた(数学のテストにしては珍しい)。また、授業で扱われた内容しか試験に出なかったので、出題範囲には要注意。 しかしながら、期末テストだけで評価が定まるため、特にGPAが学科基準にある人は自信がなければ欠席評価のほうがいいかもしれない。


計量経済2


内容が難しい。テスト前に出る範囲を教えてもらえるが、その範囲のレジュメを眺めるだけではテストで太刀打ちできない。書けるレベルまで暗記する必要がある。しかし6割なくても単位は出た。


自然環境と人間社会


授業は興味がないとつまらない レポートの量がマジ半端ないって


英語(基礎)


宿題は教科書の穴埋めとノートに数行英作文をすること。 授業中は教科書をネタに適当に何か言わされたり, 突然紹介されたスラングやジョークを隣の人と言い合ったり, 突然ミニゲームをしたり, 突然英語の歌をディクテーションして歌ったりした。 成績評価は出席とくだんの英作文ノート (数回集められる) , 事前に見るように言われた英語版アトムや配られたプリントについての妙に難しい小テスト, 教科書内容の小テストや期末試験のようである。 割と唐突に当ててくるし近くの人と喋る機会も多く, 初回に生徒全員にあだ名をつけてくるなど合う合わないは分かれそう (私はとても苦手だった) 。 これはまあ大体の英語基礎に共通するが, まず落とさないけど高評価とるのは面倒な先生と思った。


財務諸表2


関西弁の先生。主にキャッシュフロー計算書や棚卸資産について学ぶ。授業が早く終わることもある。


一般経済史2


経済史に興味のある人でも、授業についていけず置いてけぼりをくらう人多数。それくらい教授がしゃべる情報量が多い。テスト前に類似問題をNUCTにあげてくれるが、その類似問題の量が多すぎて前日や当日にテスト欠席を決める人もいる。計画的にテスト勉強しよう。


生物学基礎Ⅰ


キャンベル生物学が重すぎるのでチャートみたいに分解するのがおすすめ。 キャンベル生物学が分厚すぎて先生が飛ばしまくって授業するので高校時に生物を履修していた者も意味がわからないまま授業が進んでいく。 まして高校時に物理を選択していた者がわかるわけがない。 キャンベル生物学の章末の4択問題を暗記しておけばとりあえず単位は出そう。 2017年からガラリと内容が変わっているのでそれ以前の過去問はあてにしないようにしよう。


英語(基礎)


単位は基本的に出ますが、授業がとてつもなくつまらない上に予習がめんどくさいので 単位がほしければ取ればいいと思いますが、ある程度のめんどくささは覚悟しておいてください


英語(基礎)


思ったよりはよかった。毎回長文を訳す予習があって、授業の最初で小テスト、その後当てられて予習した部分を一段落1人のペースで訳し、授業終わりに聞き取りテストあり。小テストは半分くらい、聞き取りは4割くらいしか点数取れなかったけど、テスト割りと簡単で、Bだった。ナイスなおじさんではないが、畜生でもないよ。


英語基礎


テストは教科書の暗記です。 ぎゅっとe全部やったのにテストできなくてcでした。 中には単位落としてる人もいました。 出席はきびしいです。 寝てると追い出そうとしてきます。


近代日本の政治と外交


内容はあんまおもろない。 最終回に自らヤマ張ってくれたので勉強すれば、単位は取れそう。


文学


まあ、 他の方が言っている通りですね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト