基礎セミナーA


英語の論文を読んで発表。 発表準備に時間がかかる


フランス語


最初に名前を覚えられると、その後かなり頻繁に当てられるようになるので注意。 また、遅刻はしないようにしましょう。


中級ドイツ語1


授業は淡々としてるけどテスト前に出るところ全部教えてくれる。多少休んでも単位出る。


統計学


統計学の講義。普通に内容難しいです。教養科目ですが、割と難しい統計手法も学ぶので、自分的には取らない方がいいかなーと思います。


ドイツ語1


授業は睡魔との闘い。期末試験は教科書の文覚えていけば余裕。


ドイツ語


とにかく可愛い。 廊下ですれ違うと手を振ってくれる。 カタコトな日本語、英語で授業を試みるも、断念すると流暢なドイツ語で話し出す。 かわいい。


現代社会と法


レポート評価だが、かなり評価が厳しい。特にネットからの引用だと印象悪い。任意の中間レポート出せばまあ、単位は出るけど


線形代数学Ⅰ


今年から先生になったのかな...?って感じの授業とテスト。憎めない先生。内容はとても簡単だけど、パズルが苦手な人はとことん苦手に感じるらしい。テストを受けてきちんと出席すればとりあえず単位は出る。毎授業での小テストが出席代わり。


情報リテラシー入門


たまに課題が出るが、ちょっとパソコンが触れれば余裕。最後にグループで情報リテラシーに関するプレゼンをする。余裕。


生物学実験


余裕。とにかく楽勝。葉っぱの名前覚えて小テストしたり、生き物解剖してスケッチしたり。レポートと言っても持ち帰ってのレポートは一回だけで、それ以外は授業中で完結する。高校で物理選択だった人でも単位がもらえる。


経済地理・地誌


中国の偉人風の髪型。ブラタモリに出演。


現代社会と法


優しそうな顔をしてレポート評価の基準が厳しい。加点対象の中間レポートと期末レポート書いてやっとC。 真面目にやれば単位はもらえる


グローバル化時代の国際社会


出席3割 最終レポート7割、 5回以上欠席で出席点ゼロ。 授業は先生の話と映像を見る。 レポート内容はアメリカと各国の関係の変化について3000字ぐらいで述べる。 レポートは重かったけど 近代史詳しいなら余裕ちゃう知らんけど。 個人的には当たりの授業やと思う。 あと先生は多分スターウォーズ好き


図学


成績評価がシビア。ちゃんと勉強しなきゃ単位とれない。笑い方が不快


エレクトロニクスと物性科学


毎回出席してレポートを出せば単位は出る。教科書はない。 レポートは授業をほとんど聞いていなくても図書館の本を調べれば書けるが手間。 堀先生はすごい先生なので話を聞く機会一回一回を大切にしてほしい。 僕みたいに講義中に携帯を触ったり、課題をしたりしないように! 講義の内容は難しいのでぜひ図書館で「見てわかる半導体の基礎」や「半導体が一番わかる」などを借りて、それを教科書代わりに講義を受けてほしい、きっと理解できる。


微分積分学Ⅰ


授業は一年生にはレベルが高い数学。一回目から頭に?が浮かぶ。しかし大学の勉強を知るにはいい機会なので、講義に出席することをおすすめする。テスト前には配られた演習を全部ひとりで解けるようにしておけば単位は余裕。演習は激ムズなので、図書館の本で同じ問題を探したり、多元数理学科の二階へ行って院生に質問しまくって解くこと!この科目は演習問題が配られた瞬間にテスト勉強が始まる。


微分積分学Ⅰ


出席点は無くレポートもほぼ無いです。テストは難易度が非常に高いですが、前期は期末終わった後に救済レポートがあってそれを提出すると単位はあります(僕はテストは出来なかったけどそれでAでした)板書はスライド形式でnuctに全て載せてくれて授業に出なくても分かります。教授は数学が本当に好きなんだな〜って見物しに行ってました。それも楽しいですよ。


英語(基礎)


課題が多すぎてきつい。 めんどくさがりの人は絶対とってはいけない。


経営戦略


「レポート4割、テスト6割でレポート出さなかったら単位取得は非常に困難だと思ってください。」とか嘘をついくるので気をつけましょう。 テストは満点余裕の記号問題でC狙いでテストだけ受けてもイケる。偶然か必然か、記号テストはは正しい答えに導ければ英単語が完成する仕組みかもしれない?? MYZKは神。


基礎セミナーA


生物の応用のような講義。個人発表が1回とグループ発表が2回ある。少し面倒だが授業内で時間をしっかりとってくれるので普通にやれば大丈夫。眠気が襲う時もあるが耐えれば単位は間違いない。


スポンサーリンク

広告 【2018年度入居者募集中!】名古屋大学駅近くのシェアハウス!!

スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト