統計学


毎度のレポートで救済措置あり。テストもいうてむずくないよ。


マーケティング


期末レポートのみで評価。教科書からお題を3つ選択してレポート5枚程度で単位は出やすいと思う。ホチキス止めなどにうるさいので提出要件は厳守する事。ただ、レポートタイトルなどに規制は一切なく、オリジナリティをここで発揮しないとSは取れないと思われる。


経営労務


期中のキャリアレポートと、期末の論述試験で評価。出席はなし。 ちゃんと聞いてれば案外面白い内容。 これ落とすやついねえだろって思ったら一人落としてる知り合いがいてワロタ


管理会計


内容は簿記の2級知識があれば理解できる。丁寧に教えてくれるので真面目に講義を聞いていれば管理会計の知識は身につくだろう。練習問題は提出してもいいが返却されないので要注意。 単位に関しては8割くらいは通ると思われる。普通に指定された範囲を解けば単位は出るだろう。


中国語3


学生のことを第一に考えて講義を行ってくれる。心情をよく察してくれるのでやりやすかった。 内容も一般的で分かりやすい。どこか中国語を学ぶ学生の限界を察して寂しそうな目をしているときがある。


線形代数学Ⅱ


板書がとにかく多い 単位はでやすいが評価は厳しめかもしれない エクササイズができれば大丈夫


社会安全学入門(特別講義)


出席30%(講義中に出題される簡単な問題を配布される紙に書いて終了時に提出)期末レポート70% 最初の講義で期末テストかレポートのどちらがよいか受講者に挙手させ多数決で決めていました。 内容はほぼシラバス通りだが実例を挙げて解説してくれるので面白い回も多い。 出席の紙は多少遅刻しても講義室前方の机に置いてあるのでありがたい。 レポートは「火災を発見時の対処法」「印象に残った講義」など、ちゃんと講義を聞いていればしっかり書ける内容。


法学


3度の中間レポート試験(20点×3)と最後の期末レポート試験(40点)で評価が決まる。レポート試験は大学入試の小論文のような形式で、採点は厳しめ。割としっかり書いたつもりだったがCだったのでかなり集中して試験に臨まないと気持ち的にしんどくなってくる。講義内容としては映画ばっか見ている感じだったが、通常の講義も滑舌が絶望的に悪いことを除けば、東大卒であることもあって興味深くしかも非常にわかりやすい内容であった。


ドイツ語1


この教授は中間、期末テストがないのが他の教授と比べてオススメな点。その代わり小テストが毎回ある。成績はほぼこの点数でつけられる。従って出欠はとらないが小テスト受けておかないと成績が悪くなるので基本的に毎回出席しなければならない。だが、期末テストなどと違って前回の授業でやったごく限られた部分しか小テストの範囲にならないので前日に少し勉強するだけでまずなんとかなる。それに優しさがにじみ出ているような教授で出る場所がはっきり指示されてるのでよほどサボらない限りこの授業で単位を落とすことはない。自分たちの時は誰も単位を落とさなかった。また、残り5回くらいになると単位スレスレの人は警告してくれるのでそこもまたありがたい。眠い授業ではあるが教授の自虐ネタが随所に見られるためなかなか面白い。


計量政治学


2回の小テストと期末テスト 楽単授業だと思って受けたがそんなことはなかった


英語(上級)


先生優しい 課題はそこそこあるが、とても難しいというわけではなく、やれば必ず単位が出る ただ教科書が高かった


英語(上級)


先生優しい 課題はそこそこあるが、とても難しいというわけではなく、やれば必ず単位が出る ただ教科書が高かった


計量政治学


2回の小テストと期末テスト 楽単授業だと思って受けたがそんなことはなかった


道徳教育の研究


3回のレポートがそれぞれ10点満点で点数化され、合計18点(6割)ないと単位あげないという、意外にシビアな先生。一応救済措置あり。教職の現状とか、教採についてすごく詳しいから、教員目指してる人はオススメ。


introduction to British literature(1)


テスト100%。エッセイが2題で50点、知識問題が50点という、かなりシビアな先生。ゆえに単位は決して簡単には出ない。たくさん勉強したい方にオススメ。


物理学入門


期末テストはローレンツ変換、ローレンツ収縮の計算だけだったので単位は楽にとれた。 講義は微積物理や数Ⅲを普通に使うから未習者にはつらい。


国際環境行政論


国家間の勢力関係論を中心に扱う。 評価はテスト+提出物、プレゼンによる加点。テストは簡単にすると言っていたが、かなり難しかった。


物理学基礎Ⅰ


物理選択者は余裕。 生物選択者への配慮もあった。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。