現代日本の外交・国際関係


法学部1年前期の洗礼。切ることを恐れるな。 5月中に迷うくらいなら切るべし。


大学でどう学ぶか


いい人感のあふれる先生。学生の気持ちを理解してくれている。授業では大学の生い立ちからグローバル化についてなどについて扱っており難解ではない。ただし隣の人とディスカッションをするため席が毎回指定されるため、人と話すのが嫌いな学生はとるのをおすすめしない。個人的にはこの講義のディスカッションを通じて新しい友人ができたので良かった。成績は毎回の講義の理解度チェック,ディスカッションしたことを要約して報告するディスカッションシートの提出,出席,授業内発言,出席で決まる。理解度チェックに関しては講義後にNUCTでその日の講義資料がアップされるので、それを見ながら回答すればよいだけで特に問題ない。その他の課題についても面倒なものはなく負担が少なく、単位条件も厳しくない。個人的には非常におすすめ。なお、大学でどう学ぶかの講義は2つ開講されているが、丸山先生でないほうの講義は鬼畜であるという噂があるため要注意。


財務諸表Ⅱ


教科書は全て英語で書かれているため、読んでもサッパリなので買わなくてもよい。先輩から貰えるのなら貰った方がいい程度。レジュメに載ってる計算問題と講義で説明された基本的な会計用語を覚えれば単位は余裕。救済レポートもあったから、この講義で単位を落とす人は流石に勉強不足だと思われる。


ミクロ経済学Ⅱ


経済学部の教授で最もハンサム。今年准教授から教授にレベルアップした。成績評価はいつも通り小テスト10点×3回+期末試験70点で評価される。講義内容は比較的分かりやすい(らしい)。過去問が3年分NUCTで配布されるので真面目にやった方がいい。そうでないと自分みたいに小テストの成績が悪すぎて講義を切る羽目になる。


教育と発達の心理


授業は割と面白くわかりやすい。出席は毎回のリアクションペーパーでとっており、そこに書いた内容も成績に加味される。レポートが一回授業中にあるが、少し準備すれば何も心配ない。テストは期末のみで、マークシートで10分くらいで終わる。ちゃんと勉強すれば単位は確実に取れる。


中国語1


内容は、中国への留学を考えている人には特に良い。単位は出やすいと感じた。Fでもしゃーないと思っていたらBくれたのでかなり優しい。女神である。


比較教育論


可愛いおばあちゃんです。神。4000字レポートは本を読んで書けって言われるけど、ネットからの引用でもAくれました。リアクションペーパーも適当に書いてればおっけーです笑


英語(基礎)


前評判と異なって普通に良い先生だった。内容は教養深く、テストは授業を聞いておけば(最悪の場合、授業聞いてなくてもある程度和訳できれば)普通に単位をくれる。 下ネタを言うなど書かれてた気がするが別にそんな事なかった。遅刻等にはうるさいから注意されたし


中国語2


控えめに言って神。当たれば単位は出る。 学生側のミスで宿題プリント足りなくなった時次の授業の教室まで持ってきてくれた。女神。 授業で中国のビデオを見るが、2 限のご飯前だったためただの飯テロになってた。


放射線治療の現状


講義は教授が作ったパワーポイントのコピーが渡される。つまらない話ではないが、眠い。ディスカッションや簡単な機械を使った測定が数回、プレゼンが2回。ただしこのプレゼンは準備にあまり時間を要せず、個人的にオススメ。


心理学1


数少ない文基礎の神講義。授業後にレポート(講義内容の質問)提出で毎回6点満点で評価されるが、よほど変な質問しなければ4点はくれると思う。講義内容もかなり面白い。1限で朝早いけどこれを切るのは勿体ないよ


化学基礎Ⅰ


講義で使うスライドをホームページにアップしてくれるので、勉強しやすい。試験も講義で扱った内容からしか出題されない(しかも過去問まんま)。ただし、内容が5月後半あたりから急に難しくなるので、コツコツ復習すべし。


物理学基礎Ⅰ


2017年度後期の物理学基礎IIを担当していた教授です。授業の進行はゆっくりで、物理学に必要な解析学の解説から入りますので特に心配はありません。大学の物理は高校物理の感覚とは多少ズレがあるように思います。そこに慣れることができるか否かがポイントだと思います。試験は授業を理解できていればそれほど難しくありません。あと声が小さめですので前の方の座席に座ることをお勧めします。


英語(基礎)


圧倒的に楽。授業はUNOやクイズなどの英語のゲームで楽しい。英語力がつくかと言う面では微妙だが、レポートも一度だけ10行ぐらいの英文だけだし、逆に何で点数つけているか分からないぐらい楽。ぎゅっとeは真面目にやろう。


中国語2


可愛いおばあちゃん。 授業は発音重視。 テスト勉強大変だったけどためになったから許す。でも、S狙ってたのにAだった…


哲学


4回分のレポートで評価する。筆者はレポートを3つしか出していないが、Bであった。楽単である。


英語(基礎)


講義内容は結構簡単だが、それ故に眠くなりやすい。毎授業出席して、たまに出されるパラグラフライティングの宿題をこなしてれば、テストも簡単に解けて単位が出ます。上位評価も狙いやすい。 ちなみに授業中に当てられて間違った答えを言っても、決して間違ってるとは言わない良い人


化学基礎Ⅰ


講義にはネット上にある講義で使うパワーポイント資料をコピーして持っていくとよい。テストは中間、期末共に過去問とほぼ同じであり、難易度もそれほど高くない。毎回簡単なクイズレポートがある。


物理学基礎Ⅰ


成績評価は期末テストであるが、ボーダーラインについては中間テストや数回のレポートも考慮されるらしい。講義は皆が理解したかどうかの確認を頻繁にとってくれるが、分からないことを申し出るのは勇気がいる。期末テストには中間テストの類似問題が出るため、中間テストは完璧にしておくこと。


生物学基礎Ⅰ(未履修)


何人かの教授が自分の研究分野を中心に話してくれる。面白い教授もいるが、面白くない教授の講義は睡眠及び雑談時間と化す。評価は出席が占める割合が高く、期末テストは自分の研究したいテーマについて書くというもの。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト