心理学Ⅰ


授業後にnuctで質問を提出すれば単位は取れる。かなり楽。でなくてもnuct見れば大丈夫だが、授業内容は面白いので、出てもいいかも。


現代日本の司法


今年から試験がなくなった。 教授は面白い方で、内容も法学部生には絶対ためになる。単位は、レポート出せば落とす方が難しい。


人間と行動


まず、心理学に少しでも興味があるなら絶対取るべき。先生がいい人すぎる上に、内容がめちゃくちゃ面白い。単位に関しても、普通に授業を受けてたらテストで困ることはない穴埋めだし、そもそも心理学実験に協力するだけで10点ボーナスされるからまず落とすことはないだろう


心理学I


内容も面白いし、単位も楽に取れる。神。


フランス語


優しい先生で素晴らしい。個人的には結構好き。フランスの雑談で授業の1/3ぐらい飛ばすことがたまにある。成績は平常点4割期末考査6割でつき、中間はない。テスト自体の難易度はそこまで高くない。授業で扱った内容を重点的に復習しておけば問題なし。


基礎セミナーA


とても優しい先生。出席60%で単位余裕。発表はグループで一回だけでレポートも1〜2枚で終わる。授業も最初の何回かは30分で終わり、その後も発表終了で時間に関わらず解散。


線形代数学Ⅰ


出席は毎回のクイズでとる。授業は基本的に何言ってるのか全く分からないが、なんだかかわいいところがあって好きになれる。テストは演習問題そのままで勉強をちゃんとすればいけるはず。授業を聞いてない人も多いが、聞いてて完璧に理解できなくても毎回格闘することで必ず身になる。


西洋法制史


レポート3回くらいあったのを1回しか出さなかったが、中間テストのようなレポートと(毎年同じような問題)期末テストを受けたら、勉強をしていなかったがSが出た。授業中の発言を毎回したら、必ずSが取れる。発言を記録するのは前半のみなので、後半はいっさい講義に出席せずバイトに費やして正解だった。神先生。


生と死の人間学


レポート毎回びっしり書けば内容に関わらずS 自習に費そう。


マクロ経済学Ⅱ


マクロ経済学はミクロ経済学に並んで経済学部生が苦手意識を持ちやすい科目であるが、師は我等が理解するための最善の努力をなさってくれた。わざわざTwitterのアカウントを作ってまで情報発信をしてくれる教授などそうは居ない。本来なら講義内容はどのようなものであるのかを語るべきであるのだが、師は来期から同志社大学に移る事になってしまったたため、彼の講義を聞くことは実質不可能である。名大は又しても惜しい人材を失った。一応マクロⅡの講義内容を語るのならば開放経済とソローモデルを取り扱ったものであった。荒渡教授、今まで本当にありがとうございました。


心理学I


授業に出なくても単位は取れるが、内容は面白いので出るのもあり。単位認定は恐らくゆるい。神である。


微分積分学Ⅰ


評価が非常に甘い。(75%でS,60%でA,50%でB,40%でC) 試験の採点基準は、中間は標準的だったが、期末では非常に甘くなった。 演習問題を解けば単位は楽勝。


ドイツ語


毎回15分くらいはビデオを見る時間にしてくれる上、進度もそこまで早くなく、わかりやすい。テストも小テストを真面目に復習していれば解けるレベルなので神様です。


経済学A


2018はテスト1発だった模様 授業は面白いが暗記が苦手な人にとっては単位をとるのはやや困難


魅力ある商品を「開発」してみわう


食品を開発する過程(=商品アイデアをプレゼンするところまで)を疑似体験しながら、ディスカッション&プレゼン能力を伸ばす授業。評価は中間プレゼン+最終プレゼン+α。周りの人とある程度コミュニケーションできる人ならかなり良い授業。


職業指導


インターンシップとは何か?社会人のマナーとは何か?といった、社会人になる前に知っておくべきことを教えてくれる。経営学科しか単位にならないが、非常に役に立つ内容なので経営学科の人は是非受講するべき。教科書は一度も使わなかった。


健康スポーツ実習(ソフトボール)


ソフトボールではなく、当たっても痛くない「ソフトな」ボールで行う。試合回数も多く、未経験者も楽しめる。特に(未経験の)女子には特別ルールを設けるなどの配慮もある。


ドイツ語1


文法の説明が分かりやすい。ドイツ文化の話や自身の体験談を交えて話してくれる。テストは難しくないし、良心的な問題である。


物理学基礎Ⅰ


実験がメインで楽しい。 実験しすぎて角運動系の物理が巻き巻きになったが、よし。かなり複雑内容をやっているが繰り返しわかりやすくやってくれる。 授業の際は必ずお友達の隣に座るべし テストは難しいけど頑張りが伝われば報われる。


スペイン語4


教授に多少ディスられても案ずるな。彼女はほぼ必ずSをくれる。クラスの半分がSをとる。クリスマスには彼女は授業をしたがらない。代わりに手作りお菓子を持ってきたら評価を上げてくれると言う。必ず持って行こう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト