英語基礎


とても良い。ほぼ毎回レポート課題が出るが量はとても多いというわけではない。ふざけすぎている人には怒ることもあるが理不尽ではない。段階を踏んで英文の書き方を教えてくれる。雑談もおもしろい。


英語(中級)


文章の構成を段落の立て方や話題の広げ方などの視点で毎週教えてくださります。ほぼ毎週課されるレポートが結構重たい(後になればなるほど特に)ですが、3回のレポートコンテストで評価されるため、期末試験に奔走する必要がないのが魅力的。ただし、先生と/生徒同士でコミュニケーションの機会がかなり多いので、苦手な方には敢えてオススメしません。あと遅刻もしないほうがいいです。 秋田先生は面白い方ですし、飴もくれます。多分単位もくれます。ぎゅっとe許すまじ。


文化を読む


遅刻してもなにも問題ない、とてもやさしい先生 出席点レポート点で毎授業1点ずつで、何度か欠席すると評価は欠席扱い 授業でディスカッションするために予習レポートをやる必要があり、予習するために小説を読まねばならず、非常に面倒 だが授業は面白い 期末レポートは2,000字程度で、分量は多すぎ少なすぎ厳禁


心理学Ⅰ


とても良い。おもしろい。授業態度が評価に含まれるので積極的に発言すれば欠席あってもSもらえる。履修調整で落ちたとしても特攻を強く勧める。


健康・スポーツ科学講義


毎度面白い授業を受けて感想をA4の用紙(毎度新しい紙でなく、全講義を通して同じもの)に5行書いていくだけの簡単なお仕事 期末レポートは少なめに書かねばならないのが頭を使うがそれでも簡単 神


中国語1


神 やさしい 授業も面白い 中国の面白さがわかる 試験は勉強やって臨もう


地球科学基礎Ⅰ


テストは手書き資料持ち込み可レポートのようなもの。指定されたトピックについて書けという形式で分野の偏りが大きかった。高い評価を得るには講義で扱ったテーマについて日頃から調べ、手書きで書き留めておくとよいかもしれない。


中国語2


名前を見てわかるように中国人 授業は面白い 予習が大変 会話(教科書の会話形式になっているところを暗唱)する必要がある パーティー開いてくれる 北京ダック食いそこなうな! 試験は楽勝


都市と文明の歴史


森川先生は交通史、恒川先生は都市の発展の話 テストは恒川先生の授業分のみ 過去問大事 名古屋人が少し有利な内容 3回出される課題がとんでもなく大変 恒川先生の補講は出席する価値ある


基礎セミナーA


エネルギー問題について学び、期末に何かしらのテーマを決めて10分程度の発表をしました。発表ではプレゼンテーションソフトを使用しました。大野先生はめちゃくちゃ優しくて有能な神なので崇めましょう。変なことしなければ単位は出ると思います。楽かどうかで言えば普通です。prof.gyue


統計学


素直に受講すれば単位は楽勝。ただ、出席なし、居眠り・飲食・途中退室OKとユルいためサボりがちになる。テストは2回に1回程度出席し授業を聞いていれば難しくない。


健康・スポーツ科学実習Ⅰ(バドミントン)


とにかく山の下なのが良かった!出席は授業開始から10分以内に取ってたけど、山の下だからそんなにつらくなかった。石田先生は少し話が長い時もあったけど、それなりにいい先生だった。体育教師にありがちな非論理的な指導というのも無く、楽しめた。バドミントンという競技も圧倒的にできる人というのが少ないので、初心者だが楽しめた。かなりおすすめ!


基礎セミナーA


出席が足りていれば単位はほぼ確約。授業で論文やプログラミング教育について学び、最終レポートで1万文字程度のレポートを提出する。論文の見方・書き方が授業で学べるためオススメ。


刑法(各論)


しっかり勉強すれば見合った結果が出る。内容は充実しているが講義スピードは速め(5カ月程度で財産罪と生命身体罪、自由に対する罪をディールするのであるから率直に言って教員の能力は高い。)なので予習をどれほどしてくるかで講義から得られる成果は変わると思われる。各回の終わりごとに次回の予習範囲教えてくれるので1ページノートにまとめるくらいのことはする方がよろしいかと。試験一発で単に教員の意見に同調するのでは無く自身の見解を他の意見に配慮しつつ表することが重要。評価はS


民法系


楽単。先生良い人で前期はリーガルハイ、後期は判例2つくらいをみんなで研究で楽しかった。性質上出席は重要だが二回位休んで単位出た人はいた。レポートを最後に出すが、これと授業そこそこ真面目にやれば余裕。


民法Ⅲ(取引法)


授業・レジュメの分かりやすさ、講義中の話し方、質問に行ったときの対応、どれを取っても最高の先生やと感じた。 期末テストも易しく、単位・成績認定もかなりゆるい方だと思われる。 民法全部この先生で受けたい。


比較文化論


雨月物語を子どもでもわかるレベルに解説してくれる。先生がだいぶ面白いので楽しい。 期末レポートは早めに手をつけた方が良い。


マクロ経済学Ⅰ


講義内容は政経選択者には割と覚えのある内容。 勉強しないと単位は取れませんが、勉強さえすれば確実に貰えます。


フランス語4


過去の噂とは裏腹に、大変楽な授業である。授業の半分ほど遅刻、欠席をしたが特に成績には影響がないようだ。テスト前日少しおさらい程度の勉強をしたら簡単にAをくれた。問題数は少なく、テスト中教科書を見る時間があり、さらに事前に問題バレまである。死神などと呼ぶのは言語道断、我らの女神である。


英語(セミナー)


プレゼンの講義。きつい。けどためにはなる。 単位変換を楽にしたい人にはおすすめしない。 プレゼンではなくリーディングの方がいいかも。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト