心理学Ⅱ


ある程度心理学を知っているんだったら、この講義はお勧めしません。心理学について本当に興味がある人でしたら、本一冊読めば足りると思います。 「アイヒマン実験」「ドア・イン・ザフェイス」「ハロー効果」など非常に有名なものが扱われるのですが、授業を受ける以前にほとんど知っていたため、私には物足りませんでした。 評価の仕方は授業ごとの小レポート+期末レポート。心理学の実験参加やアンケート回答でさらなる加点あり。 小レポートは結構簡単。期末レポートは授業で扱ったトピックスを7つ以上用いて、社会心理学の観点からある事柄を3000~4000文字程度で考察せよというものでした。正直いって書きにくかったです。 それでも先生自体は声がききとりやすく、時代背景、学問事情、具体例を多く挙げ、いいと思います。分かりやすいです。


健康・スポーツ科学講義


先生が優しくて、実践型の授業が多いので楽しいです。毎回のミニレポートと最終レポート(文量自由)を出せば単位はもらえると思います。


比較教育論


先生がとても親切な方です。授業は少し眠いですが興味深かったので、外国の教育システムに興味がある人はとる価値あると思います。 レポート4000字は大変でした…


情報リテラシー文系


毎回の授業が課題で少し忙しいですが、先生は親切ですし授業スタイルも工夫してあって面白いです。単位は発展課題を毎回すればSもらえると思います。


力学Ⅰ


テストの難易度は標準。授業のペースは比較的遅い。 出席は毎回取るが、救済には使われない。 中間試験後の説教が長すぎて時間の無駄。


電気電子情報工学序論


講義中にレポートを課さない教員がいるが、後で必ずレポートが出るので油断は禁物。


数学通論


中間でミスると落とすので注意。板書が非常に難解なので参考程度に留めて、自分なりに参考書を用いて理解するとよい。 自分は授業にはあまり行かなかったが、友人に板書を見せてもらい独学重視でSを取った。


地球惑星科学の最前線


いろんな先生の研究を聞く。テストはほとんどできなかったが評価は良かった。たぶん出席点大きいかも


線型代数学Ⅰ


面倒見がかなり良い、自分で「私はブラックリストで評判が良い」と言うほど。期末の模擬試験の問題に加えて去年度の過去問も自ら配布してくれた。期末一発で評価し、基本的な問題の配点を高くするなど単位を取らせやすくする工夫は凝らしているものの、頑張りが足りない人は単位が落ちてしまうので少しはまともに勉強してほしい。そして計算ミスが命取りである


化学実験


工学部向けの化学実験。毎週の予習やレポートがめんどくさい、特に第1実験室は手書き強制で、字の汚い自分はイライラした。実験自体はまあ面白いし、実験が早く終わればすぐに帰れる。 提出するものをまともにこなせばBは確実だと思われる。


微分積分学Ⅰ


基本的に授業で配られたプリントをやっていれば、そこから問題が出るので、単位は取れる。 授業内容が難しいという話もあるが、とにかくプリントをやっていれば大丈夫。 6割超えてなくても(平均が4割くらい?)単位は出たから、プリントやれば大丈夫。 【結論】プリントやっとけ


統計解析


統計解析という難しい分野を伝わるように教えようとしてくれていてとても良い教授だと思う。テストは過去問を解いて公式集を持ち込めば単位は確実。


国際開発学


大学では滅多にいないほど生徒思いの教授で生徒の理解度を考えながら授業をしてくれる。内容はしっかり聞けば面白い。この授業を受ける生徒は染矢教授に会ったら挨拶をしないと次の授業で指名を受ける。出席してある程度内容を理解すれば単位は確実。


健康スポーツ 講義


毎回出席を取るので友達とシフト制にして出るのがベスト。聞いても相当まじめにノートを取らないとテストは答案用紙を埋められないが色々書けば単位はCだがもらえる。Cとなる可能性が高いのであまりオススメはしない。


化学入門


高校で化学基礎を履修していても内容はほぼ理解不能。レポートは理系の友達に頼んでやってもらい、ある程度出席し授業終わりの問題に適当に答えて提出すれば単位はもらえる。この授業で得たものは何もない。


近代日本の政治と外交


授業内容はあまり面白くないが、最後の授業さえしっかりと聞いていればテストは問題ない。


数学演習Ⅰ


毎週出欠確認の紙が配られ、名前を書けば出席扱い。 毎回テーマに応じた問題・解答プリントが配られる。前半は線形代数で扱う内容が主なので、全学教育の線形のいい予習になることもある。後半は微積分も扱う。ただし演習問題の難易度はやや高めで、解答も略解が多くあるので、自学するには少々不向き。 テストは平均60~70ほど。各回の授業を理解すればOK(演習問題ほどの高難易度な問題は出ない)。ただし逆行列を求める問題で成分が分数で出てくることは日常茶飯事なので計算ミスには要注意。


微分積分学Ⅰ


授業中で紹介されるロピタルの定理・Taylor展開・幾何級数展開(と一般二項定理)を必ず覚えること。極限値を求める問題はほぼこればっかり。 授業内容はわかりやすいと思うが、人によって向き不向きが分かれるらしい。 評価は中間・期末テストと、各テストのおよそ2週前に行われる演習で決まる。 テストは持ち込み不可だが、演習は教科書・ノート・参考書の持ち込みが許可される。演習問題の質は良いと思う。 テスト内容は極限値を求めること、微分可能・連続の証明、Taylor展開を3次くらいまで求める、積分するぐらい。ただし、Taylor展開と言っている割には幾何級数展開などを用いることもあるので柔軟に。なので先に述べたものはぜひ覚えておこう。 なお、ε-δ(N)論法はちょこっと触れるだけなので、テスト等においてその論法を用いた記述をする必要はないと思われる。 個人的にはとても好きな授業。


中国語


真面目にやれば力がつく。発音重視。順番に当てられ、教科書の本文を読んだり訳したりするのだが、そこで分からず答えられないと、予習してきなさいと強く言われるので、予習はしっかりしよう。


ミクロ経済学2


しっかり授業を聞いていれば、知識が深まる。1限の授業ということで来ない人も多いが、ゆえにテスト前に焦る人も多い。テスト前はしっかり勉強しよう。ただし過去問と違う問題がでることもあるので注意。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト