現代日本の外交・国際関係


周りから取るな取るなと言われる、法1年への洗礼講義。 毎週講義内容をまとめるレポートがあり、その辛さで切る学生や、テスト前に各々に発表される見込み点の低さで切る学生も多い。 評価はシビアではあるが教授は非常に熱心な人で、講義は非常に分かりやすくためになる。単位を取りに行かずに講義を聞くだけでもいいレベル。


近代日本の政治と外交


クソ講義。 前半は左翼ますともの話を聞いたり核兵器のビデオ見て感想書く講義が続き、後半は戦前陸軍とか帝国憲法の構造をひたすらオベンキョする講義 テストは後半から出るけどレポは前半に固まってるのでまともに単位取ろうと思ったら毎講義出席するべし 勉強してもFのやつがいればノー勉でもA取った奴もいるので単位は賭け


中国語Ⅰ


非常に優しい先生で、授業も分かりやすい。中国語をそこそこ勉強したい人にはあたりの授業。時々中国の文化に関する映画を観せてくれる。ただ思った以上にテストは難解で、結構ガッツリ勉強しないと落単する。テストにかける自信がある人には逆にいいかもしれないが…。


システム工学入門


毎回出席代わりに演習を行う。講義内容には級数・漸化式・テイラー展開などが多用され、数学が得意でないとついていけなくなる。テストは難しいので教科書の問題を演習しておく必要がある。


物理学基礎Ⅰ


物理の常識的な物を当たり前のように持ち出してくるので、高校生物選択者には地獄。教科書も分かりづらいので物理の考え方に慣れない人は単位はなかなかにとりづらい。


数学展望Ⅰ


2018年度理学部1年生の評判が最も悪い科目の1つ。自身の教科書をただ黒板に丸写しする授業が延々と続く。 加えて全学教育でのカリキュラムを理解していないので、平気で積分の順序交換とか出てきて困ることも。 数学がわからない人にとって、教授の証明終了マーク \(^O^)/ はトラウマものとも言われる。 だが、教科書そのものは数学書にしてはやりすぎと思えるほどわかりやすく書かれているので、自学するのに苦労はそこまでしない。テストは20問穴埋め型で行われた(数学のテストにしては珍しい)。また、授業で扱われた内容しか試験に出なかったので、出題範囲には要注意。 しかしながら、期末テストだけで評価が定まるため、特にGPAが学科基準にある人は自信がなければ欠席評価のほうがいいかもしれない。


政治経済学2


過去問を入手できれば単位取得率が大きく上がる。レジュメに書いてないことを口頭でたくさん説明、補足するため、レジュメを穴埋めするだけでは、理解しづらい授業だと思われる。


化学基礎Ⅰ


つまらん 覚えることも多い


一般経済史2


経済史に興味のある人でも、授業についていけず置いてけぼりをくらう人多数。それくらい教授がしゃべる情報量が多い。テスト前に類似問題をNUCTにあげてくれるが、その類似問題の量が多すぎて前日や当日にテスト欠席を決める人もいる。計画的にテスト勉強しよう。


物理現象の科学


3人の先生が講義します 小テスト3回で評価 先生によってはレポートあり 出席取る先生もいる 内容は難しい


刑法Ⅰ(総論)


今年の試験でFが21%出た これは欠席含まずで出した数字なので、欠席+Fの割合はさらに高いと思われる 受けるときは相応の覚悟をしよう


現代数学基礎CⅠ


授業は教科書の文言を黒板にほぼ丸写し。評価は期末100%のうえ、テスト範囲が広すぎて勉強しきれない。全範囲勉強できなくても、ちゃんと勉強しておけばCは出るかな。


英語基礎


テストは教科書の暗記です。 ぎゅっとe全部やったのにテストできなくてcでした。 中には単位落としてる人もいました。 出席はきびしいです。 寝てると追い出そうとしてきます。


無機化学序論


あまりおもしろくない


現代日本の外交・国際関係


法学部1年前期の洗礼。切ることを恐れるな。 5月中に迷うくらいなら切るべし。


物理化学2


とにかく辛かったです。過去問はありません。努力が必要です、マテリアル工学科の後輩、及びに落単した同期は頑張ってください。ちなみに私は落単の予定です。今期は田邊教授との合同シラバスだったのがせめてもの救い。星二つ


経済学A


2018はテスト1発だった模様 授業は面白いが暗記が苦手な人にとっては単位をとるのはやや困難


法学


配られるレジュメは分かりにくい上に、そのレジュメの解説も説明が下手で何を言ってるのかわからず、眠気を誘う。1年前期の文系基礎で法学だけは取るなとは言われるのにも納得出来る。成績は中間3割、期末7割で評価。レジュメを自分で解読して内容を覚えていれば単位は取れる


日本国憲法


評価は、期末試験(70%)+課題・小テスト(30%)です。出席は取りません。授業前の雑談が楽しいです。授業は、政治経済分野が苦手な私にも分かるように噛み砕いて説明してくれて、面白いです。小テストはセンター試験のような選択形式で、レジュメを流し読みするだけでは得点できません。期末試験は、2問の中から1問を選んで論述する問題でした。問題自体は難しくないですが、しっかりたくさん書かないといけないので大変です。テスト勉強はいちばん頑張ったけれど、単位は取れませんでした。


線形代数学Ⅰ


かなり有名な先生らしく、また授業内容も分かりやすくて良い。 咳を連発するのを嫌がる女子生徒がいた。 試験は評価がかなり厳しいのでちゃんとやるべし


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト