まちの賑わいと道路空間


授業がただただ退屈。 第6希望まで落ちて、シラバスに未定と書かれたここへ配属された。つまらなさ過ぎて時が経つのが非常に遅く感じられる。もしもこれを選んでしまったなら、あまりにつまらなさに嘆くことは必至だろう。


英語(上級)


主にプレゼンで評価。厳しい。機嫌が悪いと教科書忘れた人を欠席にする。おすすめしない。


法学


3度の中間レポート試験(20点×3)と最後の期末レポート試験(40点)で評価が決まる。レポート試験は大学入試の小論文のような形式で、採点は厳しめ。割としっかり書いたつもりだったがCだったのでかなり集中して試験に臨まないと気持ち的にしんどくなってくる。講義内容としては映画ばっか見ている感じだったが、通常の講義も滑舌が絶望的に悪いことを除けば、東大卒であることもあって興味深くしかも非常にわかりやすい内容であった。


計量政治学


2回の小テストと期末テスト 楽単授業だと思って受けたがそんなことはなかった


計量政治学


2回の小テストと期末テスト 楽単授業だと思って受けたがそんなことはなかった


introduction to British literature(1)


テスト100%。エッセイが2題で50点、知識問題が50点という、かなりシビアな先生。ゆえに単位は決して簡単には出ない。たくさん勉強したい方にオススメ。


計算機工学


9回の課題が2割、中間期末が4割ずつで評価が決まる。教科書分厚い。課題めんどくさい。それなりの勉強が必要。やる気と興味と暇が無ければ取らない方が身のため。知識は身につく。


化学基礎Ⅰ


授業は早くて、むずい。予習、復習してようやく話について行ける感じ。模範解答のない教科書の章末問題をレポート課題として出すが、解かせるだけで答え合わせをさせない。答えがあると覚えるだけだから、その仕組みをうんぬんという考え。質問には答えてくれるようだが、おそらく一回質問した後は二度と聞きにいきたいと思わないような返答の仕方をされると思っても言い過ぎではないと思う。レポートは全5回。テストでは過去問があったほうがよいが、あっても落とす人は落とす。(期末試験 75%、レポート25%)私はとりました(B)。


哲学


アランの定義集を基に授業展開。話はやたら難しく、好きな人には面白いのかもしれないが、興味ない人には正直辛い。出席代わりに講義についてのミニレポート提出。 期末もレポートで、言われた要件だけ満たして何とか埋めたようなレポートだとギリギリCくらいだと思います。


英語上級


eface小テスト+ディクテーションテストは毎回あり。(efaceテストはどの授業にもありますが…) 教科書は予習必須。問題当てます。さらに毎回その場で原稿書いて前で発表。加えて期に2回のスピーチ大会あり(ビデオで録画)。 真面目に受ければ英語力上がるかもしれませんが単位目的には向いてないかと……。


基礎セミナーA


毎回長引く。発表がものすごく多く、5回は発表し、その度にパワーポイントを作らなければならない為、しんどい。更にレポートもあるので、しんどい。あまりオススメしない。


アルゴリズム


よく分からない。教官も苦手なタイプ。試験は講義パワポそのまま出題。資料持ち込み不可。サボってもNUCTにあげられた講義パワポを試験前にチェックして単位クリアできたので☆2に。


社会学概論


毎回レジュメを配ってくれるが単語の羅列なのでメモ必須。板書も単語だけ書いてはすぐ消しの繰り返しなのでメモスピードが問われる。教官から質問されるが何を質問されてるのか分からない。試験で出るかもしれない問題を教えてくれる。


教職基礎論


みんなに嫌われる教職の人。レポートがめんどくさすぎる。月一でテーマがよくわからんし、395〜405字以内、ボールペン、修正ペン使用禁止などよくわからんルールとこだわりが多い。最終レポートは上の様式に加え800字で原稿用紙が一枚しかもらえないからミスできない。 授業も自分の自慢話が大半のくせに欠席は2回までしか許されないし、スマホも触りにくい。 全部まとめて取らない方がいい


教育原理


授業は自慢話。レポートは本当にめんどくさい。できれば取らない方が平和だけど、三宅がこの授業はメインだからしゃーない。諦めよう。 一年後期の教職はキツイけど、三宅が消えた後の教職は楽になるから頑張って耐えるんだ。


化学基礎Ⅰ


授業の前半は主に高校の延長線、後半は新しいことをやる。 高校時代の化学が苦手な人は苦労する。 高校物理を履修していると少し有利かも。 再試はノー勉で挑んだが何故か受かった。


物理学基礎Ⅰ


一生懸命分からせようという意思は感じるが、いかんせん難しすぎて高校物理未履修者には理解できない。 とはいえ高校物理未履修者でも単位をもらっている人はいるので、勉強を頑張ればテストもできる。 自分は再試を受けたが、半日頑張って勉強して再試に通った。


中国語


テスト難しい。ちゃんとやらないとこれは落とす。頑張ろう。


図情報とコンピュータ


単位が取りやすいことで有名な授業だったが、なめてかかってはならない。まず月曜1限で寝ブッチフラグ。さらに、毎回の課題が評価対象だからしんどい。パソコン詳しい友達を連れて受けるべき。先生の人柄は良いから、頑張れ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。