統計学


毎度のレポートで救済措置あり。テストもいうてむずくないよ。


英語 基礎


評価は作文と3回ある中テストなるもの。中テストは和訳8問。テキスト内で、かつ授業中に質問された部分がほとんどなので、対策は楽。 毎回そこそこの量の予習があり、かつ作文もほぼ毎回あるので面倒。一応、授業中に書く時間は与えられるが短いため高評価を狙うなら予習必須かも。 作文に自信がないなら、別の人にした方が無難。


中国語1


テスト7割、出席と小テスト(2回)で3割の評価。 小テストは単語の発音を聞いてそれをピンイン表記するというもの。 テストは日本語→中国語というものが多く、基本的に教科書の例文から出てくるので勉強した人は点が取れる。逆に、しなければ、単語が書けないので落ちる。


財政


途中入退室にうるさいわりに自分は途中入室してくるカス。期末の内容自体は難しくないので、テスト前に言われた範囲をしっかり勉強すべし。


法学


普段の講義は受講者の半数以上が受けていない。 話し口調が眠気を誘う。


クリエイティブ・コミュニケーション


内容としては20~30人くらいの受講生から4~5人のグループを作り、チームで地域活性化のアイデアを発表するというものである。富士通の方が外部講師として招聘されていた。地域活性化の案を考えるよりもその中での自分の役割だとか、チームビルディングに関して考えさせられる内容だった。 単位は毎回出席していればAは貰える。しかし単位に対する労力は大きい。しかし学習という面では高コスパであると思う。どこか高校のクラスを思わせるような温かい雰囲気の講義である。


経済発展


教員とTAの連携が取れてなくて出席60%て言ってたくせに数回しか確認してないカス いろいろ効率悪いし頭も悪い


化学基礎


教科書見た方がわかりやすい。2000年代の過去問と似たようなのがいくつか出た。過去問必須。


近代日本の政治と外交


昭和史、特にWWⅠからWWⅡまでの軍政の関係について学んだ。授業は教科書とレジュメに沿って行うものとレポートを書くための映像を観るもの、そして専門家を呼んでの講演会みたいなものの3種類。映像を観るとき以外は寝ていてOK。テスト前に出題内容をなんとなく教えてくれるので、教科書・レジュメを確認しながら勉強すればいい。前日5時間の勉強で単位は確実。


日本国憲法


記号問題の小テスト2回と記述問題の期末テストの1回で成績がつけられる。いかんせん人数が多く出欠はとられないため、テストのない日は自主休講にしてもなんら問題はない。レジュメは後から言いに行けばもらってない回のももらえるので気楽に休める。授業の話を聞いていなくてもレジュメさえあれば最悪テスト勉強はできる。教授はたまにうざい。授業中の私語にやたら厳しい。自分はCだったが、6回くらいサボっても単位が取れたのでそれなりにオススメの授業。


情報リテラシー文系


授業開始と同時にプリントを渡されてその日の課題をこなすように指示されてあとは自分で電子メールやらエクセルやらの言われた通りのことをして提出するだけ。早く終わったら帰っていい。わからんときはTAに聞けばだいたい教えてくれるからなんとかなる。最後の方にパワポ作って1回短いプレゼンをやらされる。課題を提出期限守って全て出しておけば落単はない。だけど自分はCだったのは納得がいかない。教授はやる気がないし、声小さいからムカつく。


道徳教育の研究


3回のレポートがそれぞれ10点満点で点数化され、合計18点(6割)ないと単位あげないという、意外にシビアな先生。一応救済措置あり。教職の現状とか、教採についてすごく詳しいから、教員目指してる人はオススメ。


ソネット研究(1)


本当に取らないことをオススメする。


シェイクスピア研究(1)


人格破壊されたいならオススメ。


物理学基礎Ⅰ


物理選択者は余裕。 生物選択者への配慮もあった。


国際環境行政論


国家間の勢力関係論を中心に扱う。 評価はテスト+提出物、プレゼンによる加点。テストは簡単にすると言っていたが、かなり難しかった。


物理学基礎Ⅰ


物理選択者は余裕。 生物選択者への配慮もあった。


化学基礎Ⅰ


情報学部の者です。過去のブラックリストを見ると評価がかなり悪いが、今年の授業に関しては若干評価がマイルドになっていると思う。身の回りにSを取った人がチラホラおり、全体として7〜8割は単位が出ているのでは無いだろうか。授業で取り扱っているものは面白いが、授業自体はそこまで面白くない(難解、というよりわかりにくい)。しかし、死ぬ気で期末試験を勉強し、過去問をやれば評価はくれる。悲観せずに頑張ってみるのが大事。ただ、履修取り下げは早めにしないとできなくなる可能性あり。自分の時は、隔週で教科書の問題を解答してくるレポートが20%、期末試験が80%だった。


日本国憲法


出席をとらない。先生の思考が割と色濃く反映される。


健康・スポーツ科学講義


出席4回はランダム。でも出席4回ちゃんとしてプラス中間と期末レポート2回もちゃんと出したのに、Bでした。理解に苦しむ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。