国際関係論


授業内容は意味不明、テストも難しい。人はいいが、それを考慮しても取るべきではない。 この教授は東大でも同じ授業をやっているので、東大からホヤホヤの同年度の過去問を入手すべし。


化学基礎


期末試験75%、レポート25%。独学で理解できるなら授業に出なくてもよいと言われ、最初の2回と試験前の1回しか出席しなかった。しかし最後の授業で、期末試験の内容は授業で扱ったところと言われたので出席したほうがいいかもしれない。私は友達がおらず過去問などもらえなかったが、独学でa評価を得られた。試験が異常に難しく、範囲も600ページと広いので落としたと思っていたのだが、意外と単位はもらえるのかもしれない。また分子模型を買わされるが一切役に立たない。言いたいことはただ一つ。絶対にこの授業はとるな。


英語(基礎)


予習が面倒だった.講義も退屈.ややハズレ.


一般経済史Ⅱ


学部専門講義にも関わらず毎回出席を取る。講義では教授が90分間経済史についてひらすら喋る。多分講義室にいる学生の9割は寝てるかスマホいじってます。テストは論述が4〜5問。難易度高めだと思うので、取らないのもアリかも。


ミクロ経済学II


小テスト3回×期末テストで評価。講義は比較的分かりやすく、かつタメにもなるのでなるべく出た方が良い。小テスト、期末テス共々過去問が教授側から提供されるので、友達と解きあったりして過去問を完璧に理解すれば単位は出ます。


統計学


統計学の講義。普通に内容難しいです。教養科目ですが、割と難しい統計手法も学ぶので、自分的には取らない方がいいかなーと思います。


市場経済と社会


経済科でドイツ経済史を研究している教授の講義なので、経済の歴史の話主体で講義が進んでいきます。現在の市場経済はどのような概念や原則によって成り立っているのか、ということがこの講義のテーマです。毎回の出席×期末テストで評価。期末テストでは論述3〜4問出ます。教養科目ですが割と重めのテストなので、しっかり勉強しないと単位取れないと思います。講義はつまんない!


ドイツ語1


予習が面倒。最初の簡単な部分はわかるが、だんだん内容が理解できなくなり、わからないと追い込まれる。1234すべてこの方で本当につらかった。 でも全然答えられなくても単位は出た。


シェイクスピア研究(1)


執拗な追及。学問する楽しさを忘れさせてくれる授業。授業中はみんな顔を引きつらせている。


ドイツ語


とにかく可愛い。 廊下ですれ違うと手を振ってくれる。 カタコトな日本語、英語で授業を試みるも、断念すると流暢なドイツ語で話し出す。 かわいい。


現代社会と法


レポート評価だが、かなり評価が厳しい。特にネットからの引用だと印象悪い。任意の中間レポート出せばまあ、単位は出るけど


現代社会と法


優しそうな顔をしてレポート評価の基準が厳しい。加点対象の中間レポートと期末レポート書いてやっとC。 真面目にやれば単位はもらえる


図学


成績評価がシビア。ちゃんと勉強しなきゃ単位とれない。笑い方が不快


ファイナンス


レポートがなくなり、テストの40点問題を事前課題として出題したため、単位は普通に出た。ただ、話し方が冗長であり出席もないため、講義に出る価値はあまりない。


線形代数学Ⅰ


たまに面白い先生。テストは割と難しいが、単位は出るはず。


計量経済学Ⅰ


ジョンレノン。テスト一発。


マクロ経済学Ⅰ


ミクロマクロは経済学部生にとって最初の壁とも言うべき存在であろう。講義はとても分かりやすいと評判なので授業が終わるたびに復習することをお勧めする。間違っても試験前日に勉強をやり始めようなどという甘い考えを持たない方がいい。地獄を見る羽目になる。また単位はそんな簡単に出してくれる人ではないので、落単しそうなら教授がおっしゃる通り勇気ある逃亡を選択するのも大事。


統計学


毎度のレポートで救済措置あり。テストもいうてむずくないよ。


英語 基礎


評価は作文と3回ある中テストなるもの。中テストは和訳8問。テキスト内で、かつ授業中に質問された部分がほとんどなので、対策は楽。 毎回そこそこの量の予習があり、かつ作文もほぼ毎回あるので面倒。一応、授業中に書く時間は与えられるが短いため高評価を狙うなら予習必須かも。 作文に自信がないなら、別の人にした方が無難。


中国語1


テスト7割、出席と小テスト(2回)で3割の評価。 小テストは単語の発音を聞いてそれをピンイン表記するというもの。 テストは日本語→中国語というものが多く、基本的に教科書の例文から出てくるので勉強した人は点が取れる。逆に、しなければ、単語が書けないので落ちる。


スポンサーリンク

広告 【2018年度入居者募集中!】名古屋大学駅近くのシェアハウス!!

スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト