英語基礎


とても良い。ほぼ毎回レポート課題が出るが量はとても多いというわけではない。ふざけすぎている人には怒ることもあるが理不尽ではない。段階を踏んで英文の書き方を教えてくれる。雑談もおもしろい。


英語(コミュニケーション)


教室内PCで尾関先生のサイトにログインし、各自のペースで毎週のwritingやlistening & readingをこなしたり、時折ヘッドセットを通したインタビュー形式の学生間コミュニケーションも行う。PCでTwitterを見てると当然ながらバレる。 小テストが複数回存在するが、仮に休んでも最終回で纏めて受けることができる。でも極力休まないこと。 writing課題やセクションに纏わる与太話・解説も結構面白いほか、TOEFL対策講義もあった。満足。


ドイツ語2


毎回の小テストの合計点で評価。中間期末は無し。落単の救済措置が何重にも設けられているので単位を落とす方が難しいだろう。先生はとても良い人。


健康スポーツ科学実習1(エアロビクス)


事情があれば見学+レポートで出席扱いにしてくれる。グループでの活動が多かった。


心理学Ⅰ


とても良い。おもしろい。授業態度が評価に含まれるので積極的に発言すれば欠席あってもSもらえる。履修調整で落ちたとしても特攻を強く勧める。


健康・スポーツ科学講義


毎度面白い授業を受けて感想をA4の用紙(毎度新しい紙でなく、全講義を通して同じもの)に5行書いていくだけの簡単なお仕事 期末レポートは少なめに書かねばならないのが頭を使うがそれでも簡単 神


中国語2


名前を見てわかるように中国人 授業は面白い 予習が大変 会話(教科書の会話形式になっているところを暗唱)する必要がある パーティー開いてくれる 北京ダック食いそこなうな! 試験は楽勝


化学基礎Ⅰ


授業ごとに肌の色が黒くなっていく やさしく、ごくまれにする雑談のようなものが面白い 4回出されたレポートがエグい 試験はカンペ持ち込みありだから優勝


構造物と技術の発展


オムニバス講義 レポートを書いて提出し、それをもとに評価 フィールドワークのようなものを課題として出されることも いかにも都市や環境を扱う学科っぽい感じ


情報処理序説


最初は簡単なホームページ制作 作ったホームページはNUCTで公開処刑 能動的に見ないといけないから被害は少ない 途中からプログラミング Fortranという時代錯誤にも程がある言語をやらされる プログラミングはわからなかったら先生に聞くなり周りに聞くなりして早く終わらせよう 周りに教えてもらうとその人と同じプログラムを組むことになる(すなわちコピペに近いものになる)がしょうがない


英語(中級)


寝るだけの講義です。3回くらい英文書いて出せば単位出ます。内容がクソすぎて何も学べないのでそこは注意してください。


ドイツ語1


出席を初めにとり毎回の授業の宿題はあるが、中間期末試験なしで出席して答えれれば単位は出るので楽かと。


基礎セミナーA


出席が足りていれば単位はほぼ確約。授業で論文やプログラミング教育について学び、最終レポートで1万文字程度のレポートを提出する。論文の見方・書き方が授業で学べるためオススメ。


生物学基礎Ⅰ


正直、エッセンシャル自分で読んでいった方が身になるよね。半分も行かなかった気がする。というかみんな寝過ぎなんだよなあ。授業出るなら聞こうぜ。


心理学I


最終レポートは授業テーマに関連した試験問題と解答1セットの作成。15回の授業のうち1回だけ真面目に聞いて大まかな内容を覚えておけばレポートは1~2時間程度で終わる。


心理学I


最終レポートは授業テーマに関連した試験問題と解答1セットの作成。15回の授業のうち1回だけ真面目に聞いて大まかな内容を覚えておけばレポートは1~2時間程度で終わる。


数学入門


授業のスピードに合わせず、授業に出て90分自習するスタイルで受けるとテストで何問か解けるようになる。0点もザラにいるため、中間期末で計2、3問ほど正解しておげばAは取れる。


日本経済論


先生すげぇおじいちゃん。どの授業でもだいたい同じこといってるし、テストもそれが出る。テストには先生の著書を必ず持っていくべき。


基礎セミナーB


先生がとても優しい。普通にちゃんとやってたらSくれると思います。


刑法(各論)


しっかり勉強すれば見合った結果が出る。内容は充実しているが講義スピードは速め(5カ月程度で財産罪と生命身体罪、自由に対する罪をディールするのであるから率直に言って教員の能力は高い。)なので予習をどれほどしてくるかで講義から得られる成果は変わると思われる。各回の終わりごとに次回の予習範囲教えてくれるので1ページノートにまとめるくらいのことはする方がよろしいかと。試験一発で単に教員の意見に同調するのでは無く自身の見解を他の意見に配慮しつつ表することが重要。評価はS


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト