社会変動と人間生活


テスト前に、テストに出る候補の記述を5、6個教えてくれて、そのうち3、4題を出題。 内容は極めて簡単な語句説明なので、直前に言われた単語個意味調べて暗記するだけで余裕。 神だと思う。講義は現代社会について若干経済学よりな話。


法学


普段の講義は受講者の半数以上が受けていない。 話し口調が眠気を誘う。


現代社会と教育


最初の煽りにさえ耐えられる人であれば大丈夫。講義内容は本当に面白い。全学教養で取った中でもピカ一に面白かった


法学


3度の中間レポート試験(20点×3)と最後の期末レポート試験(40点)で評価が決まる。レポート試験は大学入試の小論文のような形式で、採点は厳しめ。割としっかり書いたつもりだったがCだったのでかなり集中して試験に臨まないと気持ち的にしんどくなってくる。講義内容としては映画ばっか見ている感じだったが、通常の講義も滑舌が絶望的に悪いことを除けば、東大卒であることもあって興味深くしかも非常にわかりやすい内容であった。


グローバル化と国際教育交流


出席レポートと2-3個の指定課題で成績評価。試験無。 毎回出席レポート300字以上。寝てたら書けない。遅刻欠席チェック厳しい。時々出る英語文献課題が苦痛。指定課題の一部を英語で提出しないと成績Sは無理。 海外留学を考えている人には良い授業。グループディスカッション多。。若そうな先生だが、時々カタギとは思えないオーラを放つ。。。話は面白い。


グローバル化と国際教育交流


出席レポートと2-3個の指定課題で成績評価。試験無。 毎回出席レポート300字以上。寝てたら書けない。遅刻欠席チェック厳しい。時々出る英語文献課題が苦痛。指定課題の一部を英語で提出しないと成績Sは無理。 海外留学を考えている人には良い授業。グループディスカッション多。。若そうな先生だが、時々カタギとは思えないオーラを放つ。。。話は面白い。


現代社会と法


出席はない、たまにあてるのが出席代わり。 特に法学部の子達はよくあてられてました。 授業の内容は、法律に興味のある人なら面白いかもしれない・・・ 小レポートとたまに出る調べ物が激めんどくさかった・・・ ポケット六法は買えと言われるけど、買わなくてもなんとかなります。


現代社会と教育


先生の癖はかなり強い。 毎回出席をとるし、寝る人には厳しいが授業内容が面白すぎて休もうとは思わないし眠くもならない。でも時間にルーズな人にはオススメできないかもしれない。


グローバル化と国際社会


日本語のイントネーションが独特で内容が入ってこない。レジュメの分かりにくさが異常。


表象と文化


毎授業ごとに予習ノートを提出しないといけなくて、それがめんどくさかった。最終レポート2000字程度。


現代社会と教育


授業は本当に面白い。先生もいい人。ちょいちょい課題が出るけど、そんなに重くない。最終レポは2000字。


市場経済と社会


ミクロと内容が似てて、経済学部生有利。(それでも落とす人いた) プリント覚えて過去問が手に入れば単位が出る。


文化を読む


授業理解しなくてもレポートを書けるので、水曜日にたっぷり睡眠をとりたい人にお勧めです。


文化を読む


1階目の授業に出て成績評価の方法だけ聞いとけば残りの14回は出なくてOK ただ逆に期末レポートはほかの人から内容について情報を得て出さないと単位落とします


民主主義の歴史と現在


2回ビデオを見てレポートを提出がある(成績の2割)、テスト8割。これ取らない方がいい。


現代社会と教育


授業は毎回興味深い内容が多く、とてもためになる。 ただ、煩わしく感じる人もいるかも。 単位はレポートで、そこそこ分量があるが、普通に書けばもらえる。


産業社会と企業


課題のレポートを全部出せばAもらえる レポートの字数制限は多少足りなくても問題ない


産業社会と企業


そこそこ面白い。先生はいい人。ノートをとっておけば単位は取れる。テストはA4を1枚のみ持ち込み可だが、頑張ればノートを全部書き込める。


市場経済と社会


需要曲線と供給曲線が嫌いな人は受けない方がいい。内容はそこまで難しくないけど眠くなる。毎回配られるプリントに書き込むから欠席はしないほうがいい。


民主主義の歴史と現在


授業の最後に毎回ペアワークをやる。知り合いがいないとちょっとキツい。テストは勉強しないと解けないがなんやかんやで単位は貰えそう。優しい先生。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。