心理学Ⅰ


授業後にnuctで質問を提出すれば単位は取れる。かなり楽。でなくてもnuct見れば大丈夫だが、授業内容は面白いので、出てもいいかも。


文学


まあ、 他の方が言っている通りですね。


心理学I


内容も面白いし、単位も楽に取れる。神。


心理学I


授業に出なくても単位は取れるが、内容は面白いので出るのもあり。単位認定は恐らくゆるい。神である。


国際開発学


出席はとることの方が多いのでちゃんと出よう。テストは、中間もあるが試験は小テストと似た傾向であり、普通にやれば普通に単位が出る。授業以外で会ったときあいさつしないと次回の授業で指される可能性があるので注意。 内容の評価は適当なんであてにしないでください。


経済学A


2018はテスト1発だった模様 授業は面白いが暗記が苦手な人にとっては単位をとるのはやや困難


経済学A


成績評価はテスト1本 テストは教科書の復習問題から4つ論述問題が出題され、うち2つを選択解答する形式だった。 講義は終始よく分からなかったが、テストでもがけば単位は取れるはず!


経済学A


先生がかなり変人。 同じ授業を2回やったり自主休講したり、 授業内容はまあまあかんたん あと助手の方?も変人 テストの予想問題が出回っていた。 とてもかんたんな上だいたいの人にAを上げるらしい(本人談)


心理学2


レポートがパソコン苦手だと死ぬ。 レポート内容は心理学ではない


法学


法学というより歴史学だろ、と誰もが思う講義。テストの内容は、授業で説明した裁判例のうち一つを取り上げてその概要と意義を説明させるもの。つまりこの年はどこか1時限だけ超真面目に聞いていれば単位取れたと言える。まあ毎時間冗長で眠いんですけど。


政治学


単位の出やすさについてはテスト時にカンペを作らなかった私でも出たので多分出やすいです。 ただ授業はなにを言っているかほとんど理解できず、教科書として用いている本を買わされ読んでくるよう言われましたが、授業ではそれに関連することはなにも話されません。 スライドを用いて授業するのですが、スライドの文字の分量が多く読みにくいことこの上ないです。 東京大学法学部出身でマサチューセッツの大学にも留学したらしいですが、そのような片鱗はどこにも見られません。 テスト時にカンペ持ち込み可なのでまとめる必要がありますが、とてもまとめられる量ではないです。 単位は出ますがあまりオススメしません。


心理学1


数少ない文基礎の神講義。授業後にレポート(講義内容の質問)提出で毎回6点満点で評価されるが、よほど変な質問しなければ4点はくれると思う。講義内容もかなり面白い。1限で朝早いけどこれを切るのは勿体ないよ


政治学


出席はなし。不定期に4回課されるリアクションペーパー(レポート)2割、期末テスト8割で評価されます。 匿名の安全な立場から特定の個人を批判するというのはあまり好きではないのですが、この講義を受けているとその実態についてここに書き残さずにはいられなくなったので書きます。 無礼を承知で畏れながら指摘させて頂きますと、まずこの先生は時間に対して非常に甘い人であるという印象を受けました。学生のではなく、自分の。私自身、先生が開始時間に間に合ったのを見たことない気さえする。期末試験も例外じゃありません。きっちり15分遅れていらっしゃいました。  また授業のレジュメは事前にアップされたものを各自自分で印刷してくる仕様なのですが、先生がアップされる時間帯がどんどん遅くなっていく。最初先生は金曜の夜のうちに準備すると通知したのですが(授業日は月曜)、週を経るごとにだんだん遅れていき、最終的には授業開始3分前にアップされるようにさえなりました。普段からお忙しい方なのは重々承知なのですが、それならせめて出来ないことを宣言するのはやめて頂きたかった。  さらに、前述したリアペの評価基準も不明瞭。加点方式でそれぞれ10点満点(提出すれば確定5点)なのですが、私は7点以上取った人を知りません。これだけで評価していたら全員落単するレベルの厳しい評価です。でもまあ期末テストが書ければ単位は出るっぽいからこれの評価はそんなに気にしなくていいかもしれない。  また授業の計画性があまりなく、4回課されるリアペがどんどん先延ばしにされていきました。最終的にそのうち2回が期末テスト期間真っただ中にぶち当たってこりゃ参った。  肝心の講義内容は、興味が持てれば面白いです。まあ大学の講義なんてだいたいそうだけど。期末テスト用のカンペ作りはちゃんとやっておこう。


法学


講義は、しっかりした考えも無いのにうっかり手を挙げると、突然当てられる。ただ、議論に参加していないとただ眠いだけとなる。試験自体は◯×問題が主であるが、六法のかなり細かいところまで把握していないと直感に頼ることになる。単位は出るが、良い評価を得るのは難しい。


心理学Ⅰ


講義が本当に面白い!人気すぎて毎回定員一杯だが、今年は特攻すれば全員採ってもらえてた。 テストないのも本当にありがたい。文系基礎で一番オススメ! 毎回発言&実験参加したら、Sとれた。 あと、ブラックリスト気になって見てるらしい。可愛い。


哲学


4回分のレポートで評価する。筆者はレポートを3つしか出していないが、Bであった。楽単である。


法学


配られるレジュメは分かりにくい上に、そのレジュメの解説も説明が下手で何を言ってるのかわからず、眠気を誘う。1年前期の文系基礎で法学だけは取るなとは言われるのにも納得出来る。成績は中間3割、期末7割で評価。レジュメを自分で解読して内容を覚えていれば単位は取れる


日本国憲法


評価は、期末試験(70%)+課題・小テスト(30%)です。出席は取りません。授業前の雑談が楽しいです。授業は、政治経済分野が苦手な私にも分かるように噛み砕いて説明してくれて、面白いです。小テストはセンター試験のような選択形式で、レジュメを流し読みするだけでは得点できません。期末試験は、2問の中から1問を選んで論述する問題でした。問題自体は難しくないですが、しっかりたくさん書かないといけないので大変です。テスト勉強はいちばん頑張ったけれど、単位は取れませんでした。


法学


評価は期末試験が全てです。とても優しく穏やかな先生です。近代の重要な裁判事件を取り上げて、先生が楽しそうに話します。授業は口頭説明で時々ホワイトボードにメモのように文字を書きますが、何が何だかよく分かりません。ところどころ楽しいですが、結局何がどうなったかほとんど理解できないまま授業が終わります。高校で日本史を取っていた人は多少有利な気がします。期末試験はレジュメとノートを見ながら頑張って書いたらAがもらえました。


心理学Ⅱ


毎回遅れていたため内容に沿ったレポートは出せなかったが、授業毎のミニレポートをほとんど出して最後のレポートを出せば単位は出るし成績も良いものをくれる。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト