心理学Ⅱ


ある程度心理学を知っているんだったら、この講義はお勧めしません。心理学について本当に興味がある人でしたら、本一冊読めば足りると思います。 「アイヒマン実験」「ドア・イン・ザフェイス」「ハロー効果」など非常に有名なものが扱われるのですが、授業を受ける以前にほとんど知っていたため、私には物足りませんでした。 評価の仕方は授業ごとの小レポート+期末レポート。心理学の実験参加やアンケート回答でさらなる加点あり。 小レポートは結構簡単。期末レポートは授業で扱ったトピックスを7つ以上用いて、社会心理学の観点からある事柄を3000~4000文字程度で考察せよというものでした。正直いって書きにくかったです。 それでも先生自体は声がききとりやすく、時代背景、学問事情、具体例を多く挙げ、いいと思います。分かりやすいです。


経済学A


挙手して発言すると加点される。上限10点。 テスト出す項目は大雑把に教えてくれるが凄くムズい けどBはでた


国際開発学


面白い先生です。毎回スライドで愛犬の写真を見せてくれて、いい質問をするとチョコがもらえます。


比較教育論


先生がとても親切な方です。授業は少し眠いですが興味深かったので、外国の教育システムに興味がある人はとる価値あると思います。 レポート4000字は大変でした…


歴史学


竹島問題について。先生は親切ですし、興味ある人はとるべきです。


心理学Ⅰ


とてもいい。1限なのに出席したくなる授業でした。是非とるべき。


統計学


声が小さいので前の方に座らないと聞こえない。 講義に大量の数式が登場するが、試験は用語のみなので暗記する必要はない。 理系教養科目の「システム工学入門」と内容が一部重複するので勉強の手間が省ける。


哲学


出席はランダムに当てて、居なかった場合のみ欠席扱いとなる。先生は面白いが授業内容はなかなか意味不明。 ただ最後の試験は教科書とは全く関係なく、前もって示される10題の哲学っぽいテーマ(例:魂とは何か?)から1つ選び、それについて論じる。本番までに考えておく時間が十分にある。持ち込みは不可。正直、授業を聞いてなくても何か書いておけば単位は出ると思う。


比較教育論


内容もとても面白かったし、単位もレポートがある程度書ければ、いい評価がもらえる。


国際開発学


大学では滅多にいないほど生徒思いの教授で生徒の理解度を考えながら授業をしてくれる。内容はしっかり聞けば面白い。この授業を受ける生徒は染矢教授に会ったら挨拶をしないと次の授業で指名を受ける。出席してある程度内容を理解すれば単位は確実。


心理学Ⅰ


本当に履修して良かった。単位もNUCTで毎週質問をすればほぼ確定にもらえるが、心理学をとても分かりやすく楽しく学べるから出席することを強くオススメする。


文学


スタンダールの赤と黒だけを扱って授業で少しずつ読み進めて授業終わりに感想を書き、その内容と期末レポートで評価される。ある程度出席すれば単位はもらえる。ただ、教授はとても良い人だかネジが飛んでいる。


統計学


授業中の数式が理解できなくてもテストは用語だけなので満点とれるが、役に立つ内容なので理解しておいた方がよい。


政治学


興味があれば面白い。テストとレポートで評価。レポートは教授の指定した何冊かの本から一冊選んで要約、自分の意見をまとめる。レポートはまあまあ重い。


経営学


経営学が身近な企業を例にしながら学べたので分かりやすかったし、個人的には面白かった。最初教授は1限の授業だから生徒に無理して授業に来なくても良いと言っていたのに、テスト直前では授業出てない人多いから生徒の3割をFにすると言っていた。


心理学Ⅰ


履修登録落ちた人も特攻して拾ってもらっていた。 毎週みんなからの質問への回答をまとめた週刊新潮ならぬ週刊慎潮がおもしろい。 先生の話がめっちゃおもしろい。 ともかくおもしろい。 実験に参加できなかったけれどAをくれた。 遅刻と居眠りには厳しい。


国際関係論


韓国出身の法学部の先生。東アジアの各国の主従関係、帝国主義時代にヨーロッパ諸国はどのようにアジアに進出したか、冷戦の時の世界の動きなどから、国と国との外交にはどのような規則が見られるかなどを勉強したのち、「国はほかの国に対してどのように動くか」みたいなことを勉強しました。評価は100%テストで、授業中に勉強した事柄を自分の言葉で説明するといった論述問題が8問と、2つの問題から1つを選んで答える問題でした。発音が独特な先生ですが慣れれば大丈夫です。世界史を取った人の方が有利かと思われます。国際政治に興味がある人はきっと楽しめると思います。しっかりメモを取って勉強すればAとれます。すでに履修している方は英単語も面倒がらずに覚えましょう。英単語だけ出て説明しろという問題が出ました。


比較教育論


教育学部の女性の先生。東南アジアでの教育、韓国での教育、宗教や差別の問題、学力格差やチャータースクールなどの勉強をしました。ほぼ毎回映像を見ます。毎回の出席はリアクション・ペーパー(感想用紙)で取られ、3000字の期末レポートで評価されます。内容はとても面白いですし、話題が幅広いのでレポートも書きやすいです。また、私たちの場合は昼食の時間を考慮して10分ほど早く切り上げてくれました。とてもおすすめです。


心理学Ⅱ


初回の講義で「R」という統計分析に使うアプリをPCにインストールするように指示され、以後毎回この「R」を使って毎週レポートを作る。NUCTに毎回の講義に出席すると配布されるプリントのPDFがアップされるため、それを見れば20分ほどでレポートを作成でき、前半は出席する必要が皆無だった。しかし出席者が減り過ぎ一時は120名中10名ほどしか出席者がいなくなったこと(個人的には初回の講義で教官が出席は一切取らないと明言したことにも原因があると考えているが)、またまとめて一気にレポートを出そうとする奴が多かったことから、途中から講義に出席して話を聞かないと絶対できない内容がレポートに追加され、提出期限も設けられた。さらに期末レポートは今までの講義に出席していないと出来っこないような内容で、しかも提出しなければそれまでのレポートの提出状況に関わらず問答無用で落単という鬼畜ぶりだったため、結果として全体の4割強が落単し、単位を取れた者の半数がCだった(教官からのメールより)。多くの者が履修説明会で「心理は楽」と教えられてこの講義を取ったが、結果的にはクソ講義だったと言える。自分は友達に恵まれたため良い評価を取ることが出来たが、単位取得にはパソコンが得意なことと頼れる勤勉な友人がいることの両方が必須条件である。


心理学I


楽単かつ心理学への興味の有無に関係なく非常に面白いという稀有な講義。毎回感想をプリントに書いて提出する。期末テストも一週間前に問題が発表され、それを考えてきて書くという感じなので余裕。たまに心理学実験の参加者を募集するが、これは成績にも加算され割りの良いバイトなので周りよりも良い評定を貰いたい人は積極的に参加しよう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト