英語(コミュニケーション)


2回プレゼンをする。 あと、たまに文章読んでワークシートに答える宿題が出ます。 ちょっと大変かもしれないけど、文章の要約とかの方法が身につくので、役に立つ授業です。 先生もとても優しい人で、プレゼンとか宿題の評価は甘めにつけてくれます。でもちゃんとアドバイスとか書いてくれます。 どの先生の授業にも言えるかもしれないけど、後期の英語でいい成績を撮りたかったらTOEFLを頑張ろう。


英語(中級)


めちゃくちゃ楽しいです。人生においてためになることをいろいろ教えてくれます。 寝たりスマホ触ると怒られますが、そんなことする暇もないくらい楽しいです。 最後にテストもありますが、辞書見ながらでOKのエッセイです。 評価もSかAしかつけないと初回の授業で公言してます。 めっちゃおすすめ。


中国語4


これぞ the 中国語の授業っていう感じ。拼音小テスト、本文音読テストなど色々やる。講義では毎回全員当たるので予習はしておくべき。試験はまぁまぁ難しいので勉強しなければならないが、2年次に中級中国語を受講しなければならない文系にとってはこれくらいの学習は必要だと思う。実際為になったし感謝しています。


中国語2


優しい。テスト範囲狭めで本当に助かった。授業のラスト3回くらいは映画観てた。


中国語2


授業が意味ない。そんな短時間で本文暗唱できるかよといつも思ってた。その上当ててくるからほんと嫌だった。テストはそれなりに難しい上出る範囲が偏ってる。


英語(コミュニケーション)


ディベートをやった。特に面白いというわけでもつまらないという訳でもない。単位は出ると思うが、Aをとるのは難しそう。


スペイン語3


とてもわかりやすいが、スペイン語できてないと辛いことが多かった。テストできてないと容赦なく落単するが、テストがある程度出来てれば必ず単位は来る。


フランス語4


学部の先輩からこの授業を引いたら覚悟しろと言われていたので怯えていたが、結果として楽に単位が取れた。どうやら今年から格段に楽になったらしい。授業は欠席するか、出たとしてもほとんど寝ていたがテストは簡単でBをくれた。何も心配することはないので、試験週間は他の教科を頑張ろう


英語 中級


英語と本気で向き合いたい方にはオススメ。授業中の和訳とプレゼンで評価だがプレゼンの出来次第では「興味がない。」「質問する価値も無い。」などと人前で吐き捨てる。また1回休めば結構評価が下がり、2回休めば欠席となった。


ドイツ語


勉強しないと単位でないというがテストは簡単だしできれば単位出る。授業中にヨーロッパの情勢をよく語る。おもしろい。


英語(コミュニケーション)


内容、単位の取りやすさともに最高の人。 より根本的な発音の仕方などを練習した後、TOEFLを挟んだのち短い英語ニュースを聞いて穴埋め問題を解いたり、それを踏まえた簡単なディスカッションをする。他には映画「back to the future」を見て穴埋め問題を解いたりもする。(僕にとっては一番好きな日でした) 参考までに、僕はぎゅっとeのボキャをすべてやり忘れましたがsをいただきました。


英語(コミュニケーション)


めっちゃすごい人。授業も普通に面白い。 ちょっとだけ毎回のエッセイきついかもだけど、A4一枚てきとーに30分くらいでつくればだいじょうぶ。 miとか見せてくれるw Wikipediaに名前乗ってるすごい人だよ


ドイツ語3


前期成田先生だった人なら分かる。神。単位は言わずもがな降ってくる。


英語(コミュニケーション)


毎授業のリスニングテストとコミュニケーション、そして最後のレポートで評価。テストがないのはありがたい。 評価は意味がないという信念を貫いており、その通り単位は確実に出るが、高評価を取るのは非常に難しい。無理。 それだけならいいのだが、リスニングの内容が完全にプロパガンダで洗脳教育。 とどめに自転車を持っていると何度主張してもバイセコゥ?と聞いてくる謎仕様。


英語(中級)


とても面白くてヤバい先生。ためになる。単位は出る。Aとるには頑張らないといけない。不適切学習やってもA取れました。


英語基礎


とても良い。ほぼ毎回レポート課題が出るが量はとても多いというわけではない。ふざけすぎている人には怒ることもあるが理不尽ではない。段階を踏んで英文の書き方を教えてくれる。雑談もおもしろい。


英語(コミュニケーション)


教室内PCで尾関先生のサイトにログインし、各自のペースで毎週のwritingやlistening & readingをこなしたり、時折ヘッドセットを通したインタビュー形式の学生間コミュニケーションも行う。PCでTwitterを見てると当然ながらバレる。 小テストが複数回存在するが、仮に休んでも最終回で纏めて受けることができる。でも極力休まないこと。 writing課題やセクションに纏わる与太話・解説も結構面白いほか、TOEFL対策講義もあった。満足。


英語(中級)


文章の構成を段落の立て方や話題の広げ方などの視点で毎週教えてくださります。ほぼ毎週課されるレポートが結構重たい(後になればなるほど特に)ですが、3回のレポートコンテストで評価されるため、期末試験に奔走する必要がないのが魅力的。ただし、先生と/生徒同士でコミュニケーションの機会がかなり多いので、苦手な方には敢えてオススメしません。あと遅刻もしないほうがいいです。 秋田先生は面白い方ですし、飴もくれます。多分単位もくれます。ぎゅっとe許すまじ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト