英語(基礎)


まず授業が楽しい!!しかも授業でやった内容は今後ためになりそうなことが多い!単位もみんなAが出る!マジで神


英語(基礎)


小テストなし。予習復習の必要もないです。 1回だけスピーチを音読して録音しましたが、ほとんどwritingがメインです。 1〜2週間に1回課題が出ますが、課題をちゃんと提出すれば単位出ます。 課題提出が2回も遅れたけどAでした。


英語 基礎


この世の最悪に糞尿を漏れなくコーティングしたような授業展開。日本国や日本人を見下げた発言が多く、非常に不愉快。素晴らしいのは糞尿コーティング技術のみである。悪名高さは健在か。 ただし、気に入られたら天国らしい。気に入られるには、学習意欲を遺憾無く表し、ニコニコしていれば良い。


英語(基礎)


世の中にはこんな頭のおかしい人がいるということが学べる。 他人の気持ちが分からないキチガイが英語を教える授業です。


英語(基礎)


予習が面倒だった.講義も退屈.ややハズレ.


フランス語


最初に名前を覚えられると、その後かなり頻繁に当てられるようになるので注意。 また、遅刻はしないようにしましょう。


英語(上級リーディング)


単位落とす意味ない発言あり。単位は出る。ただし内容が苦痛&苦痛。毎回半分も人が来てなかった。期末テストはないが小テスト2回あった。3割も取れなかったがC。


市場経済と社会


経済科でドイツ経済史を研究している教授の講義なので、経済の歴史の話主体で講義が進んでいきます。現在の市場経済はどのような概念や原則によって成り立っているのか、ということがこの講義のテーマです。毎回の出席×期末テストで評価。期末テストでは論述3〜4問出ます。教養科目ですが割と重めのテストなので、しっかり勉強しないと単位取れないと思います。講義はつまんない!


ドイツ語1


予習が面倒。最初の簡単な部分はわかるが、だんだん内容が理解できなくなり、わからないと追い込まれる。1234すべてこの方で本当につらかった。 でも全然答えられなくても単位は出た。


英語


出席は毎回取る。授業は予習必須だか、そこまで辛くない。3、4回ごとに中テストを行う。毎回エッセイを書くが、これは予習である程度書かないと間に合わない。真面目にやれば割と簡単に単位出る。


ドイツ語1


授業は睡魔との闘い。期末試験は教科書の文覚えていけば余裕。


ドイツ語


とにかく可愛い。 廊下ですれ違うと手を振ってくれる。 カタコトな日本語、英語で授業を試みるも、断念すると流暢なドイツ語で話し出す。 かわいい。


ドイツ語2


ドイツ語で聞かれてドイツ語で答える一問一答をひたすらやる。テキストの長文を読んで問題の答えを考えてくる予習が必須。単元ごとに単語テスト(これも独語で聞かれて独語で答える)あり。1、2回独語スピーチ(1分未満程度)あり。最初は大変だがすぐに慣れる。面白い先生で、日本語も少しだが話せるし(基本は英語)、たまに歌を一緒に歌う。必ず出席して楽しそうにしていれば単位は出る。


英語コミュ


パソコンの問題をするだけ。たまにインタビュー形式の会話を友達とするが、いやほんとマイクをつけてするので結構楽しい。とても優しいお爺さん。


英語基礎


英語を学びたい人は是非とりましょう。講義自体は少しキツいが、必ず力になる。頑張らないとAはとれないかも。


英語(中級)


映画を見て英語でレポートを書くだけで単位が出る。何かと大変な語学の授業でこれほどまでに楽でかつ楽しい授業は他にないであろう。故にこの授業を受講する学生は恵まれている。受講するために学生諸君らに求められるのはこの授業の抽選に当選する運、ただそれのみである。


英語(コミュニケーション)


要約や文法や長文読解など本当にコミュニケーションの授業か?と疑問に思うほどコミュニケーションの要素がない。それもそのはず他のコミュニケーションの授業には必ずあるプレゼンテーションはこの授業の評価対象でないのだ。従ってプレゼンテーションを絶対やりたくない学生はこの授業をとることを激しく勧める。1分間のスピーチ発表を何度かしなければならないが原稿持ち込み可であるため余裕。


経営情報


出席は加点、カンペ持ち込み可、カンぺまで評価してくれる。テストはポアソン分布、二項分布、グラフの概形、待ち行列を復習すればとれる。


化学基礎Ⅰ


毎回レポート提出。テストは過去問をちょっといじっただけだから、余裕笑笑


スポンサーリンク

広告 【2018年度入居者募集中!】名古屋大学駅近くのシェアハウス!!

スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト