フランス語


優しい先生で素晴らしい。個人的には結構好き。フランスの雑談で授業の1/3ぐらい飛ばすことがたまにある。成績は平常点4割期末考査6割でつき、中間はない。テスト自体の難易度はそこまで高くない。授業で扱った内容を重点的に復習しておけば問題なし。


英語(基礎)


シュールな笑いを展開する独特な雰囲気を持った先生。喋り方が独特で日本人離れしている。よく分からない性格なので好みが分かれると思われる。巷では成績の評価が厳しく単位がでないという噂もあるが、真偽は不明。授業は長文解説と映画を使ったディクテーションがメイン。長文の難度自体あまり高くなく名大の二次を突破できるレベルの英語力なら余裕で読めるのと、先生の解説がかなり単調なので暇を極める。たまに名前順で当たるのでそこは気を付けよう。映画はアメリカのコメディーで個人的には好き。ディクテーションの難易度としてはやや高め。成績は授業外で出される英作4回分、期末、ぎゅっとeで決まる。テストは授業で扱った長文4題と英作。長文の内容が事前に理解できていれば特に問題なし。英作はいくつかのテーマが与えられるのでそこから選ぶ。英作のみ辞書使用可なので多少楽。ぎゅっとeは害悪。


微分積分学Ⅰ


授業が謎。また使っている教科書が通販で89%OFFで売っているあたりから、教科書の不便さがわかる。加えて毎回必ず同じ服を着ているため、テスト練習問題と全く問題がでると思いきや、かなり違う問題を出すという冷酷っぷり。要注意といいながら、テストに全く出なかった。


英語(中級)


自前のeラーニングサイトを使って授業を展開。 ウェブで問題を解答したり、意見を投稿する。 これらは家でもできる。よって休んでも問題なし。 教科書のUnitごとにまとめテスト。休んでも最終回に受けられる。 出席あり。中間・期末なし。 評価はまとめテスト+eラーニング。 噂通りの神。


中国語1


東大出の先生。毎回の暗唱テストが出席がわり。暗唱といっても一文程度なので休み時間中でも覚えられます。あと授業後に小テストが課されますが、これも授業を普通に聞いていれば余裕です。期末テストはピンインだけガチって覚えればあとは難しくない。講義中は一人一回は指名されますが、たまにそのテンポがやけに速くてイラっとくることがあります。でもまあ単位を取りやすい講義なのは間違いない。わりとおすすめです。


中国語1


毎回の宿題の暗記と確認テストが点数の6割を占める。暗記は難しい時でも直前に20分ほどやれば余裕。確認テストは授業をちゃんと受けてれば満点取れる。試験も範囲を普通にやればA取れるし、毎回の暗記と確認テストがきちんとできてるなら勉強しなくても単位は取れる。


ドイツ語


毎回15分くらいはビデオを見る時間にしてくれる上、進度もそこまで早くなく、わかりやすい。テストも小テストを真面目に復習していれば解けるレベルなので神様です。


中国語1


内容は、中国への留学を考えている人には特に良い。単位は出やすいと感じた。Fでもしゃーないと思っていたらBくれたのでかなり優しい。女神である。


比較教育論


可愛いおばあちゃんです。神。4000字レポートは本を読んで書けって言われるけど、ネットからの引用でもAくれました。リアクションペーパーも適当に書いてればおっけーです笑


英語(基礎)


前評判と異なって普通に良い先生だった。内容は教養深く、テストは授業を聞いておけば(最悪の場合、授業聞いてなくてもある程度和訳できれば)普通に単位をくれる。 下ネタを言うなど書かれてた気がするが別にそんな事なかった。遅刻等にはうるさいから注意されたし


中国語2


控えめに言って神。当たれば単位は出る。 学生側のミスで宿題プリント足りなくなった時次の授業の教室まで持ってきてくれた。女神。 授業で中国のビデオを見るが、2 限のご飯前だったためただの飯テロになってた。


英語(基礎)


予習が非常に大変。内容が微妙につまらない英文エッセイの和訳に加えて、クライテリオン(自由英作)も4回やらされる。授業はホイホイ指名が当たり前。ドライデンさんマクマホンさんあたりと比べるとほんと天国と地獄です。 ただこの人の授業のおかげで英語力は受験後から衰え過ぎずに済んだと思う。その点は感謝してます。テストは出る章教えてくれるから、その部分のエッセイの訳を確認しておこう。


ドイツ語2


実際にドイツで役に立つのか?っと少し疑問に感じるフレーズをドイツ語で質問され、それに答えるというのが基本パターンで、2回ほど簡単な発表がある。たまに歌も歌う。講義は英語で行われる。


ドイツ語1


文法の説明が分かりやすい。ドイツ文化の話や自身の体験談を交えて話してくれる。テストは難しくないし、良心的な問題である。


スペイン語4


教授に多少ディスられても案ずるな。彼女はほぼ必ずSをくれる。クラスの半分がSをとる。クリスマスには彼女は授業をしたがらない。代わりに手作りお菓子を持ってきたら評価を上げてくれると言う。必ず持って行こう。


英語(基礎)


ぎゅっとe20%のほかに3回の中テスト45%(現代語訳のみ)授業内に行われる英作文35%。 期末テストはない。授業はランダムに当てられ、答えられないと(≒予習してないと)減点の噂もあり。テストは時間が短く、英作文はなかなか高評価をもらえない。A以上は厳しいと思われる。


英語(基礎)


授業は高1レベルの短めの文章を精読する形式で、かなり楽だった。試験はほとんどの人が免除になった。ぎゅっとeと小テストをしっかりこなせば、楽単!


中国語2


授業中には恐怖の暗誦テストがあるので、教科書の本文をピンインを含めて丸暗記すること。試験は、教科書の本文に基づいたディクテーションテスト。余談は面白い。


英語(上級)


文法や教科書の英訳など、授業は高校英語みたいな感じ。200語程度のスピーチを4テーマくらい書く必要がある。たまに映画のアフレコなど変わったこともする。テストは記号がほとんどで難しくない。e-Learningは成績の20パーセントしかないのでやらなかったがAだった。


英語(基礎)


圧倒的に楽。授業はUNOやクイズなどの英語のゲームで楽しい。英語力がつくかと言う面では微妙だが、レポートも一度だけ10行ぐらいの英文だけだし、逆に何で点数つけているか分からないぐらい楽。ぎゅっとeは真面目にやろう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト