基礎セミナーA


基礎セミナーはグループでディスカッション等をするような内容のところが大半だが、ここでは個人が調べたことを先生が聞いてそれに関連する知識雑学等を先生がひたすら喋る感じで、学生間のコミュニケーションは皆無。90分間先生の雑学講演を聞くことになる。いろいろな知識が身につくことは確かだが、大半の人は暇を極める。しっかりディスカッション等したい学生はとらないほうがよい。単位が欲しい人で暇に耐えられる人にはよい講義かもしれない。なおこの講義は文理融合のはずだが、先生が物理屋のせいか平気でエントロピーや運動量の話をし始めるので文系の人は要注意。


基礎セミナーA


とても優しい先生。出席60%で単位余裕。発表はグループで一回だけでレポートも1〜2枚で終わる。授業も最初の何回かは30分で終わり、その後も発表終了で時間に関わらず解散。


基礎セミナーA


神。シラバスに載ってる講義内容は堅苦しくてビビるけど、実際は全然そんなことはありません。文系でも全く問題なし。6月中旬ごろにあるプレゼン一回さえできればその時点で単位確定。ただ普段の講義中にプレゼンを作る時間を設けてくれるわけではないので、資料作りは家でがんばろう。担当の先生はでかい研究室を持ってるエライ教授でしょっちゅう出張に行くので、そういう日は図書館でプレゼン資料の作り方などの講習会を受けていた。 あと、7月下旬ごろに研究室見学(参加自由)がありました。テスト期間真っ最中ですが、特に文系学生にとっては貴重な機会なので行っておいて損はないです。行かなかったからといって評価が下がるわけではないけど。


基礎セミナー


本を読んで担当のページを二人組で発表する。発表の際に講師の方からいくつか質問を受ける。答えに窮するような質問もある。発表の後に担当のページの要約を提出する。出席、発表、要約で評価される。物理的な説明を求められることもあるので文系の学生はやめた方がいい。単位は普通にこなせば出るだろう。


楽器演奏のバイオメカニクス


各自テーマを決めて資料集めをしてパワーポイントで発表。 楽器が出来ないと詰むけど出来る人にとっては楽。特にドラムやってる人は授業内容と噛み合いやすいのでおススメ。


魅力ある商品を「開発」してみわう


食品を開発する過程(=商品アイデアをプレゼンするところまで)を疑似体験しながら、ディスカッション&プレゼン能力を伸ばす授業。評価は中間プレゼン+最終プレゼン+α。周りの人とある程度コミュニケーションできる人ならかなり良い授業。


放射線治療の現状


講義は教授が作ったパワーポイントのコピーが渡される。つまらない話ではないが、眠い。ディスカッションや簡単な機械を使った測定が数回、プレゼンが2回。ただしこのプレゼンは準備にあまり時間を要せず、個人的にオススメ。


基礎セミナーA


授業がすごく楽しい!内容は放射線なのだが、医療系の人にはとても勉強になる。 そして先生がとても面白くて優しい!保健学科の基セミで一番良いと思われる。


音楽を考える


パソコンを使って音楽制作をします。毎時間3人ずつ交代で自分のおすすめの音楽を紹介します。いろんなジャンルの音楽を聴きます。初めは小さな曲をいくつか制作し、そのあと最終制作として1曲の歌を作ります。歌詞は条件付きで4人ずつのグループで話し合って決めますが、曲は個人で作ります。音楽経験のある人のほうが有利ですが、音楽の経験や知識はなくても先生が基礎から説明してくれるので大丈夫です。優しくて面白い先生です。パソコンで音を打ち込むので、楽譜が読めなくても作曲できます。音楽が好きな人におすすめです。


基礎セミナーA


1968年を中心として、日本社会について考える授業。話を聞いて感想を書いたり、自ら設定したテーマについて発表をしたりする。内容が非常につまらなく、数回の発表に加え最後にA410枚で自らのテーマについて「論文」を書くなどと苦労量も非常に多いので最悪。絶対に取らない方がいい


基礎セミナー A


講義場所は遠いけど出席さえしていれば単位は出ると思います 最後の発表を英語ですれば高い評価をもらえます


基礎セミナーA


授業内容はディベート 3人グループ×4に分けられ1週間ごとにディベートと、ディベートの評価を交代で行い、二週間たつとグループのメンバーが変わる。ディベートのテーマは授業参加者がこのテーマが良いんじゃないか、と出し合った後皆で投票し決める ディベートの資料を集めたり、パワーポイントを作ったりするのは結構大変である(とはいっても私の場合はかけた時間は毎回一、二時間程度であった)。グループに優秀な人がいると楽になるが、逆もまた然りである 授業全体として、正直いって無茶苦茶楽しかったし、かなり授業参加者同士で仲良くなれた。ついでにSも取れた。 授業の楽しさ及び楽さは正直言ってみんなで決めるディベートのテーマにすべてがかかっていると言っても過言ではない。 私たちの場合、序盤はディベートの勝手がわからなかったため外来種の是非や、紙の本vs電子書籍など正直あまり面白くない上、議論の進行やデータ集めも困難であった。しかし、勝手がわかってくるとテーマはきのこの山vsたけのこの里など、かなりふざけた(?)ようなものが増えた。そのようなテーマというのは案外資料集めやパワーポイントの制作も比較的簡単で、かつやる側、聴く側双方としても非常に楽しいものである。 授業としても、論理的に話す練習、相手の話とその理論を把握し、議論を進めていく練習ができるという点で有意義


基礎セミナーA


セミナーのテーマ:光のスペクトルを応用した化学分析について考える 前半に文献調査、後半に簡易分光器の作製と実験を行った。 文献調査の内容は学部1年生にとってはやや難しいところもある。しかし、簡易分光器の作製は工作なので工学部の学生にとっては面白いかもしれない。評価は主に出席と2回のプレゼンテーション。プレゼンテーションで大幅にタイムオーバーしてもなんの問題もなかった。単位は全員にA評価をくれた。


基礎セミナーA


英語の論文を渡され、それを3〜4人でプレゼンするという形式です。全部で13人いて2〜4週間に1回出番が回ってきます。最後の方の論文は地獄のように難しいですが、面倒がらず辞書をたくさん引けばなんとなく理解はできると思います。最後の授業でパーティーを開いてくれて、飯を奢ってくれます。先生は2人いて、両方と共にいい人です。ただ、勉強がしたくない人は避けてください。医学科の基礎セミナーAで、推薦以外の人がとるものの中で一番キツイです。


基礎セミナーA


評価方法はプレゼンを3回やるだけ 授業は非常に楽しい みんなノリが良くて最高


健康・スポーツ科学実習Ⅱ(太極拳)


体がかたい人にはしんどい。型を覚えるのが大変。だけど先生はめちゃくちゃ優しいので多少しくじっても単位は余裕。太極拳と棒術の2種類をやるが、太極拳の方しかテストがない。毎回二人ずつ生徒が前に出て2、30分の体操をしなくてはいけないのが面倒。あと寒い。


基礎セミナーA


3人グループで発表。調べ学習の時間は学生も先生もうたた寝をしていた。平和。


基礎セミナーA


エネルギー問題について学び、期末に何かしらのテーマを決めて10分程度の発表をしました。発表ではプレゼンテーションソフトを使用しました。大野先生はめちゃくちゃ優しくて有能な神なので崇めましょう。変なことしなければ単位は出ると思います。楽かどうかで言えば普通です。prof.gyue


基礎セミナーA


出席が足りていれば単位はほぼ確約。授業で論文やプログラミング教育について学び、最終レポートで1万文字程度のレポートを提出する。論文の見方・書き方が授業で学べるためオススメ。


基礎セミナーB


先生がとても優しい。普通にちゃんとやってたらSくれると思います。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト