真空電子工学


削った鉛筆と印刷したレジュメがあれば単位が取れる。3年前期のオアシス。


電子回路論及び演習


期末テスト トランス増幅(A級)CR結合、オペアンプ 演習やるべし


工学倫理


講義自体はなかなか面白いのだが、水曜5限というポジショニングだけで害悪に上り詰めた講義。レポートは2度(それぞれ1000字程度)課されるが、大した難易度では無い。


計算機工学


9回の課題が2割、中間期末が4割ずつで評価が決まる。教科書分厚い。課題めんどくさい。それなりの勉強が必要。やる気と興味と暇が無ければ取らない方が身のため。知識は身につく。


プログラミング及び演習


出席と課題が大きいから真面目にやれば単位は出る。授業は早口でさっさと終わらせて演習多めって感じ。普通の課題とアドバンス課題を真面目に出したから中間3割、期末5割くらいの点しか取れなかったけどSくれた。真面目が1番。


情報理論


講義資料はミスプリ多め。採点は甘いから過去問頑張れば単位は出る。授業はわかりにくいし講義資料読んでるだけ。出席取らないし行く価値なし。


電磁気学解析


電磁気ⅠⅡの演習講義と言っているが演習の量も豊富でない、難易度も低い、と正直ひどい。 前に出て解答を書かせる、というスタイルをとっているのでいい評価が欲しければ毎週書こう。 シラバスではテストなしとあるが普通に中間期末を行うという暴挙も。(中間はレポートそのまま、期末は公式を書く程度の問題)


英語(上級)


NHKの「ニュースで英会話」で取り上げられているニュースを、講義の一週間前からの平日5日間分について毎週取り扱う。ニュースについてのリスニング等を行うが、その結果自体は評価に入らないっぽいので頑張る必要はない。ただ、二、三回程英語のプレゼンがあるのでそれさえしっかりやれば単位は確実に来ると思われる。プレゼンの原稿も先生が添削してくれるので心配する必要はない。


数学1及び演習


中間がベクトル解析、期末が常微分方程式の内容。テストは演習問題を毎週やっていればいける程度。特に理不尽なこともなく普通。


流体力学


板書が多いが内容は難しくない。期末のみでの評価。過去問をやるのと、講義内で言っていた流体に関する雑談を思い出しておくとよい。


計算機と社会


聞けばためになる レポートはちょろい。知らなくても調べればよい。だって我らは情報系


解析力学


忙しかったようで三回休講になりました。その分テスト範囲が狭くなったうえ教科書持ち込みokだったので単位は取りやすいです。 テストは授業でやった問題と同じくらいの難易度でした。


流体力学基礎第2


スライド読んでるだけで眠い。演習の解説もグダグダしてわかりずらい。出席とらないと言いながらテストでは、授業に出ていないとわからない問題を出す。単位は取りずらい。


オートマトン・型式言語


2回の中間と演習、期末で評価が決まる。出席を毎回取っているが、評価に入るかは不明。範囲の狭い中間テストをしっかりとれば単位は容易に取れる。授業は説明が長くて退屈だが、そこまで難しい説明をしていないので理解はしやすい。


無機化学序論


レポートは3回あるがそれぞれ1ヶ月くらいの期間があるのでコツコツと。試験は過去問やっとけば問題ない。


非手続き型言語及び演習


SMLというかなり珍しい関数型言語を用いたプログラミングが講義内容。C言語とは仕様が結構異なるので注意。講義で小テストを行うので出たほうが良い。基本的に演習のプログラムをきちんと作って提出すれば単位はもらえる。期末テストは持ち込みなしの筆記試験なので、プログラムの使用を覚えてないと全くできないので難しい。


コンピュータ・リテラシー及プログラミング


fortranというプログラミング言語についての講義と演習。実際にプログラムを組む課題が4,5回出され、それと期末考査で評価がつく。期末考査では用語についての筆記と実際に指定されたプログラムを組む実技と両方。授業でプログラムを組む時は周りにTAが巡回しているのでわからなくなったらすぐに質問すればなんとかなる。とにかくきく。


図学


お絵かき。途中で分かりにくくなるが少し考えればわかる。期末は毎週でるレポートと同じ問題なので余裕です。


知識処理


基本的には毎回の講義の最後に出されるレポートをその場で書いて出すだけ。レポートの問題は最初と最後以外は講義の特に後半の内容に基づく。パソコン(スマホもだったっけ?)は使用禁止なので紙(ルーズリーフでもよい)を用意してスライド内容をメモる必要がある。(スライドの切り替えは速いので注意)この教授は何かと悪評が立っている(研究室・基セミなど)が、基セミなどみたいに教授と密接に関わってどうこうということはなく、講義時間外の課題・テストはないので、教授のことが嫌いでも受けて損はそこまでないのではないかと思う。また、これの単位をとっておくと何かと忙しい3年後期に切れる(or落としてもよい)科目が1つ増える。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。