生物学入門


夏原先生ともう一人の先生が講義の前後半を担当している。 今回は生物学をミクロで見るかマクロでみるかの違いによる区分だった。 出席は一応毎回取り、多少の出席点が加算される。 テストは前日3時間勉強すればAはとれる。


物理学入門


授業はクソ。自分は高校で物理選択ではなかったため余計そう感じたのかもしれないが、まず文系に理解できる内容ではない。いろんな公式を使って計算式がずらずら板書されていたがノートに一切取ることをやめた。たぶん書いていたやつも全く理解していない。だが、それでも単位は簡単に取れる。ノートを一切取っていない自分でもAがついた。毎回軽い実験を行ってそれの実験結果などを提出させるだけのレポートが何回か不定期である。たぶん出欠確認のためのようなもの。なのでうかつにサボることはできないが上記述べたように授業を聞く必要は全くないので他のことをやって時間を潰せば良い。最後の期末レポートは今までの授業内容とほとんど関係のないような話なので適当に調べて書ける。面白くはないし、ためにもならないがただ楽に単位を取りたいならオススメ。


情報リテラシー文系


授業開始と同時にプリントを渡されてその日の課題をこなすように指示されてあとは自分で電子メールやらエクセルやらの言われた通りのことをして提出するだけ。早く終わったら帰っていい。わからんときはTAに聞けばだいたい教えてくれるからなんとかなる。最後の方にパワポ作って1回短いプレゼンをやらされる。課題を提出期限守って全て出しておけば落単はない。だけど自分はCだったのは納得がいかない。教授はやる気がないし、声小さいからムカつく。


物理学入門


期末テストはローレンツ変換、ローレンツ収縮の計算だけだったので単位は楽にとれた。 講義は微積物理や数Ⅲを普通に使うから未習者にはつらい。


地球科学入門


ちょこちょこ課題が出る。きちんとやれば大丈夫。授業は眠いかも。個人的には興味のある所だったのでおもしろかった。


情報リテラシー文系


出席はいつもNUCTのクイズでとるから、正直家でもできる。授業はしっかり板書をとっておけば最後にあるテストは余裕です。ただちょいちょいグループワークをはさんでくるから、毎回出席した方がいいかも。


地球科学入門


いつもレジュメをくれる。出席は名簿に丸をうつだけ。テストは予め問題が一題教えられるので、考えてくるだけでよい。授業は聞かなくてもよい。


情報リテラシー文系


授業にでて、少し課題をやれば単位はとれる簡単な授業。 ただ先生の性格がめんどいので、もう一人の方の情リテをとることをおすすめする。


物理学入門


最終レポートは1枚で終わる簡単なもの。内容は宇宙に興味のある人なら楽しめると思う。ただ所々で退屈する部分があるかもしれない(主に理論の話で)。講義ごとにパスワードが出されて、その講義内のスライドが見れるシステムだからレポートの為にパスワードはとっておきたい。


物理学入門


出席さえすれば何してても可。内容は難しいがまあまあ面白い。期末レポートは楽ちん。


数学入門


既に書かれてる通り内容よく分かんないのに単位は取れる。出席点を確実に。中間テストは辛うじて解ける問題あったと思うのでテスト点ゼロが嫌なら中間は頑張ろう。


生物学基礎


講義はつまらない テストは語彙有りの穴埋め方式 単位は割とシビア


情報リテラシー文系


eラーニングというパソコンの教材を使用して講義をする。教材にしたがって進めれば課題は出来るし、ちゃんとやればAは出ると言っていた。実際Aだった。おすすめ。


生物学入門


田んぼについての講義というが、ほとんど教科書を使わないので買わなくて大丈夫。テストが少し難しい。落とした人もいた。


情報リテラシー


最高に楽しい授業。最後に10人位にプレゼンをやらせるが当たらなければ何も無し。毎回課題があるのでちゃんとやろう。任意の発展課題(割と難しい)を全部やればSがもらえる。


地球科学入門


楽しい授業。最後のテストは勉強すれば余裕で解ける。勉強しないとキツいかも…?地学基礎をやってたら余裕でSかA。


地球科学入門


毎回のリアクションペーパーが出席代わりだが、数回程度なら欠席しても余裕。中間・期末レポートあり。女に甘い。


微分積分学I


授業は完全に先生のオナニー。黒板に向かって延々と公式の証明をする。単位は出る。炭酸水が好きっぽい。


情報リテラシー(文系)


先生は初めの5分くらい話しをして教室を去り、あとはTAが授業をする。パソコン教室のような授業。毎回課題があるが、ちょっとパソコンが出来る人なら余裕。授業ラスト15分から退出可。


生物学入門


授業は高校生物を掘り下げた内容について取り上げ、文系生徒にもなんとか理解できるレベル。 テストはかなり字数を書かせる問題が多いが、授業を真面目に受け、しっかり復習していれば単位は貰える。逆に言えば、前日の勉強だけで単位を取ろうとすると痛い目に遭う。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。