大学でどう学ぶか


いい人感のあふれる先生。学生の気持ちを理解してくれている。授業では大学の生い立ちからグローバル化についてなどについて扱っており難解ではない。ただし隣の人とディスカッションをするため席が毎回指定されるため、人と話すのが嫌いな学生はとるのをおすすめしない。個人的にはこの講義のディスカッションを通じて新しい友人ができたので良かった。成績は毎回の講義の理解度チェック,ディスカッションしたことを要約して報告するディスカッションシートの提出,出席,授業内発言,出席で決まる。理解度チェックに関しては講義後にNUCTでその日の講義資料がアップされるので、それを見ながら回答すればよいだけで特に問題ない。その他の課題についても面倒なものはなく負担が少なく、単位条件も厳しくない。個人的には非常におすすめ。なお、大学でどう学ぶかの講義は2つ開講されているが、丸山先生でないほうの講義は鬼畜であるという噂があるため要注意。


切迫する自然災害に備える


自然災害について毎回異なる教員が話をするオムニバス形式の講義。はっきり言って何も面白くない講義であったので、スマホを触っていた記憶しかない。期末レポートがA4 1枚程度であるので楽単ではある。単位欲しいだけなら是非どうぞ。


特別講義(社会安全学入門)


この講義はある意味一番役に立つと思う。火事や地震のときの対処だったり、身の回りの危険についてなど、あらゆる安全について学べるおススメの講義。毎回出席はあるが代筆も可能。期末レポートはA4で4枚ぐらいで少し多いが単位は出やすいと思う。


大学でどう学ぶか


大学を通しての学びや、卒業後の進路などについて考える授業。毎回の授業中でレポートを書く必要があったり、本を読んで要約させられたりと、他の全学教養科目と比較すると面倒だと思う。 まあくだらない授業であるが、先生は自分の授業に自信を持っており、その態度が鼻につく。 5分でも遅刻すると入らなくなるので注意


名大の歴史をたどる


4回までの欠席は何のペナルティーもなし。5~6回で減点。7回以上で失格。遅刻は開始20分(9:05)までは許容される。評価は期末レポート。必須課題に加え、任意課題のレポートまで出せばAかSもとれる。必須課題のレポートを書くために授業で配布されるレジュメはもらっておいた方がいい(ほぼこれを写すだけ)。前回、前々回のレジュメも配布してくれるのでたまに休んでも問題無い。最悪、大学文書資料室(遠い)に行けばいつのレジュメでももらえる。講義は聞かなくていい。1限にIB館の大講義室のフカフカな椅子で熟睡できる。内職も余裕。 履修登録で全学教養科目が全て外れてしまって、この講座は定員オーバーで締め切られていたが最初の授業で受講申請表を出した人に限り追加の履修を認めてくれた。ただし、来年以降これがある保証はない。


名大の歴史をたどる


出席は授業の感想を書いて提出する形式。代返してもバレないが、資料は授業に出ないと貰えないので一応出ておいた方が良い。最終回は撮影されて名大ホームページの「名大の授業」というコーナーに掲載される。 評価は出席と期末レポート課題。期末レポートは必須課題と任意課題の二種類。必須課題は与えられた複数のテーマから好きなものを選んで作成するのに対し、任意課題は自由にテーマを設定できる。こちらは本当に任意なので、必須課題だけで単位はもらえる。 ただし、必須課題だけだと最高評価がBになる。出席点はしっかり稼いでおいた方がいい。


社会安全学入門(特別講義)


出席30%(講義中に出題される簡単な問題を配布される紙に書いて終了時に提出)期末レポート70% 最初の講義で期末テストかレポートのどちらがよいか受講者に挙手させ多数決で決めていました。 内容はほぼシラバス通りだが実例を挙げて解説してくれるので面白い回も多い。 出席の紙は多少遅刻しても講義室前方の机に置いてあるのでありがたい。 レポートは「火災を発見時の対処法」「印象に残った講義」など、ちゃんと講義を聞いていればしっかり書ける内容。


名大の歴史をたどる


寝るためにあるような講義室で、寝るためにあるような時間に、寝るためにあるような講義。内容は興味が持てれば面白いかも。


特別講義(囲碁の世界)


授業に毎回出て囲碁打って感想書くだけで単位が出る素晴らしい授業 囲碁初心者だったがとても楽しかった


科学技術とジェンダー


出席点でB以下確定のはずなのにAくれるとかホントは出席70%ではないのでは??ってかんじ。 まあ取る価値はある


名大の歴史をたどる


おすすめはしない。毎回の授業後に授業の感想などを書いた紙を提出、それが出席代わり。期末レポートは2,000時程度でそれほどだるくはないが発展課題というものもやらないとSはとれない。したがってだるい。


大学でどう学ぶか(全学教養科目)


生徒を自分の奴隷としか思ってない極度の自意識過剰爺。ただ友人いわく出席さえすれば単位はくれるので、無難に単位取りたい方はおすすめ。


学問の面白さを知る


講義内容は多岐にわたるので、興味のない内容の日はつまらないかも。内職睡眠のオンパレードでした。 出席はとるが、出席をとる用の用紙は講義開始45分後くらいから分けられるので、遅刻にはとてつもなく甘い(それに遅れても用紙をもらえるくらい)。そして出席してレポート出せばOKなので、単位取得も楽。 最後尾でカメラが回っているが、監視されているわけではなさそう(笑)


キャリア形成論


毎回リアクションペーパーの提出がある。自分は初回の授業だけ出られなかったがいきなりレポートが出されていたらしく単位はギリギリだった。欠席はしないほうがいい。面白い講師のときは本当にためになる。


名大の歴史をたどる


話はめちゃくちゃつまらないが、IB館の大講義室の場合部屋が広いためとても快適に寝られる 毎授業後感想、質問を書かないといけないのが困る 名大大好きならとろう!


キャリア形成論


・名大の各界で活躍中のOBが面白い話を聞かせてくれる ・基本的には講義の内容に共感できなければタメにはならない ・毎回全力でレポートを書いていれば3回くらいまでは欠席可 ・4回欠席すると単位は出ないが、不可ではなく欠席扱いとなる


宗教と人類文化


レポートは冬季休業中に1回。出席は重要(コメントペーパー2回)。テストは問題が事前に発表された上で行われる。


名大の歴史をたどる


毎回出席とるけど30分遅刻までは出席扱いになる。講義は誰も聞いてない。寝るなり遊ぶなり好きにしてください。 期末レポート(2つ、合計3000字程度)出せば単位は出る。半分以上欠席すると不可になることだけ注意すればまず落とさない。


キャリア形成論


授業に出さえすれば何してても単位取れる。出席レポート白紙で出してても単位取れた。


名大の歴史をたどる


前期の全学教養で一番おすすめ。授業くそおもんないし1限で辛いけどIB館のホールのふかふかの椅子で90分寝るか友達と喋るタイム。最終レポート2つあるけど2つ書いたら絶対AかS確定。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト