現在登録されている授業評価の数

8,276

目標登録数 10000件

授業を登録する


スポンサーリンク

教育制度論


丁寧にわかりやすく話してくれる。ので内職しながらでも耳さえ傾けておけば十分に理解できる。黒板を写しておくと、テスト前最後の授業でその中からどこがテストに出るかを教えてくれる。

2017年5月9日に追加

教育心理学


授業はそこそこの面白さ。だが、最終レポートを作成するために授業の範囲さえわかっていれば内容を理解しなくてもできる。最終レポートは2000字程度。

2017年5月9日に追加

微分積分学Ⅰ


板書はかんたんな英語、講義は日本語だから安心して! 講義はシラバスに提示される参考書にほぼ準拠しているらしいから、それを買えばイージー。 2回に1回くらいのペースで確認問題を実施。簡単&採点甘々で高得点がデフォ。 何か言い終わるたびに「ンッ」と声を発する先生は、よく彩に出没するよ!

2017年5月9日に追加

人類生存のための科学1


ジブリに出てきそうなヒゲをしているおもしろい教授。 レポート提出が3回あり、それさえ出せば単位は出る。 授業の前に指定された映画を見てくることを薦められるが、授業の冒頭でその映画を見せてくれることが多い。

2017年5月9日に追加

フランス語4


ただただ眠いしテストは点数くれない。

2017年5月9日に追加

経営組織


勉強すれば、かなりいい評価付けてくれる。おもしろい教授。

2017年5月9日に追加

英語(上級)


かなり当たり。e-faceのテストもそのまま出る。小テストがあるときはテストが出席を取る代わりになっているので注意。授業で2回発表して最後に期末発表をするだけなので結構楽。人当たりの良い先生。原稿の添削もわかりやすい。

2017年5月9日に追加

英語(コミュニケーション)


成績の評価方法を含むすべての連絡事項が英語。先生が日本語話せない人だから日本人に聞きやすい英語でもない。授業は毎週教科書の英文を読んできて、その中の指定された単語の意味と教科書の質問に英語で答えられればOK。自宅でメモをきっちり作ってくれば退屈な授業できる。テストは授業と関係なく語彙力が試される。

2017年5月9日に追加

ファイナンス


出席がなくプリントを埋めることも滅多にないので友達に頼んで最初の回以外は出席しませんでした。 プリントの内容がかなり難しく、すべて理解するのは困難ですが、テスト範囲の中の簡単な分野をきっちり解けば単位はくるようにできています。少しの勉強で単位が取れるということではありませんのであしからず。

2017年5月9日に追加

学問の面白さを知る


講義内容は多岐にわたるので、興味のない内容の日はつまらないかも。内職睡眠のオンパレードでした。 出席はとるが、出席をとる用の用紙は講義開始45分後くらいから分けられるので、遅刻にはとてつもなく甘い(それに遅れても用紙をもらえるくらい)。そして出席してレポート出せばOKなので、単位取得も楽。 最後尾でカメラが回っているが、監視されているわけではなさそう(笑)

2017年5月9日に追加

経営組織


講義が全体で前半と後半に分かれており、7回目ぐらいまでは企業の実例などを通じて経営を考えていきます。この範囲は名大経済で一番面白い講義だと感じました。そこで簡単なレポートを提出し、後半に入るのですが、後半はいつもの経済みたく理論講義なので退屈でした。テストは○×が10問近くと論述が3~4問です。この論述がかなり難しいので単位はかなり厳しいものになります。

2017年5月9日に追加

生産管理


出席した人に1枚ずつプリントを配ります。欠席した場合は、直接貰いに行くか友達のをコピーするかですが、貰えるのは通算3,4回分ぐらいらしいです。理系から来た先生なので授業の内容はわかりにくく、プリントもかなり分かりにくいです。しかしテストではプリントの難しいところは一切出てこず、計算に関しては演習があった問題の焼きまわし。記述などもプリントを読んでいれば簡単に解けました。くれぐれもかんばん方式などを理解しようとしないこと。

2017年5月9日に追加

経済地理・地誌


レポートさえ出せば単位はきます。たまに出席取ります。みんなスマホいじってました。

2017年5月9日に追加

公共経済


かなり新人の先生だったので教えるのはあまりうまくないです。演習の答案もミスだらけ。でも内容は経済の基本的なものなので、やっておくべき講義。演習問題を解いて提出するレポートが3回ありますが、提出さえすればあってなくても満点貰えます。テストは選択式の2問なので、得意分野を解けば楽勝です。レポート提出はネットでできるので出席の必要もなかったかも。

2017年5月9日に追加

国際会計


授業中のプリントは教科書とまったく同じなの穴埋めとかはしなくていいです。教科書にマーカーで十分。テストは教科書のみ持ち込み可なので、教科書を買えば楽勝です。書いてあるところをそのまま写しましょう。ただ、どこに何が書いてあるか理解するためにも一応は読みましょう。教科書買わないとなると一気に難しいテストになります。

2017年5月9日に追加

経営分析


会計業界では有名な先生らしいです。発言点が存在し、1回2点で最大20点(?)が加算されます。テストも先生がおっしゃるとおり、プリントのまとめやQを覚えるだけでなんとかなります。計算の公式はテストに全部載せると言ってましたが、まとめに載ってる公式は問題の穴埋めとして出ました。鬼か。でも他が簡単なのでなんとでもなります。

2017年5月9日に追加

監査


監査法人で働いている名大経済OBの稲垣先生です。出席点がかなり大きいので毎回出席すればまず間違いなく単位はきます。レポートという名のちょっとした問題も今回はありました。テストはプリント持ち込み可で、プリントを見ながら穴埋めをするだけのとても簡単なものでした。会計士などを目指していない人には退屈な講義かもしれませんが、単位は簡単です。

2017年5月9日に追加

空間設計工学及び演習


ありとあらゆる元凶

2017年5月9日に追加

フランス語1


文法の説明が分かりにくい。教科書の問題が解ければテストは楽。

2017年5月9日に追加

フランス語2


スピーチ、発音も評価の対象。教科書を丸暗記すればテストは乗り切れる。

2017年5月9日に追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。