現在登録されている授業評価の数

8,848

目標登録数 10000件

授業を登録する


学生向け広告 【2018年度入居者募集中!】名古屋大学駅近くのシェアハウス!!


スポンサーリンク

基礎セミナーA


内容は最先端技術を調べて発表しようといった感じ。グループでスライドを作って発表、答えのない問題を議論して発表をした。TAが議論の的を得ておらず、上げ足を取ってくるような質問をしてくる。そもそも最先端技術の理論など学部1年には調べても理解できない。

2018年3月28日に追加

英語(中級)


トランプゲームをしたりして、とても楽しい。単位は余裕でAが出る。一回なら欠席しても大丈夫。オススメ。

2018年3月28日に追加

英語(中級)


トランプゲームをしたりして、とても楽しい。単位は余裕でAが出る。一回なら欠席しても大丈夫。オススメ。

2018年3月28日に追加

民法Ⅲ(取引法)


半分の人が落とすという噂が流れたが、レジュメ暗記ペンで死ぬほどやったらA出た。授業丁寧で分かりやすい。テストは120点分作ってくれてるらしい

2018年3月28日に追加

コンパイラ及び演習


期末テスト50%、演習50%の評価。演習は講義の後の演習問題を紙提出するものと実際にPascalのコンパイラを段階的に作成して提出するプログラミングの2パターンある。紙提出は問題は講義を聞いてスライドを理解しないと難しいが、ある程度やって出せばOKである。プログラミングに関しては、3年後期の中で最も重たい演習となるが、資料と講義を聞き質問すれば十分こなせるレベル。テストは紙の演習と過去問をやれば大丈夫。救済もあるのでとにかく演習をしっかりこなそう。

2018年3月28日に追加

ドイツ語4


授業はしっかり聞き(教え方が上手いからスッと理解できる)、テスト前に4時間くらい勉強すればA。言ったところしか出ないから安心。2年になっても取ろうと思うくらいオススメ。

2018年3月28日に追加

教育基礎論


授業はつまらない。単位はとれるっちゃとれるけど、Aは相当頑張らないと、かな。自分はBだった。グループワークがめちゃくちゃ面倒くさいけど、半分くらい授業聞いといて、あとはメンバーに任せればOK。ためになることはあまりない。

2018年3月28日に追加

日本国憲法


1 19世紀には比較法的に極めて例外的な存在であった違憲審査制度は、現在ではグローバル化したとまで言われる。19世紀においてなぜ違憲審査制が例外的な存在だったのか、また、それが今日に至る過程でどのような理由でどのように変化したのか。具体的な国を2つ以上挙げて説明しなさい。 2 英米と比較したとき、日本の国会における法律案の審議のあり方はどのような特徴を持つか。また、それはどのよう、なメリット・デメリットがあるか。論じなさい。 3 「憲法第3章におかれもっぱら国または公共団体と個人との関係を規律するものであり、私人相互の関係を規律するものではない」という考え方がある。この考えは、いかなる理由に基づくものか。また、この考え方を採用した際に、それによって生じるリスクを回避するため、裁判所はどのような対応をとることが可能か。論じなさい。 以上がテスト。傾向をつかんで、テスト勉強すれば単位は出る。ただAは難しいね。

2018年3月28日に追加

OS及び演習


ハードウェアよりは講義も丁寧でわかりやすい。ハードウェアではわかりにくかった教科書も今回はかなりわかりやすい。それ以外はハードウェアと概ね変わらない講義である。演習は紙提出とプログラミングがあり、プログラミングでは仮想環境上にOSを動かして機能を追加するなどユニークなことを行う。演習の難易度自体は高くないのでしっかりやるのが大事。テストはハードウェアよりはマシなものの覚えることが多いので勉強時間をしっかり確保しよう。

2018年3月28日に追加

アルゴリズム及び演習


毎回講義の最後にレポートが課されて、それを次の講義の最初に提出しなければならない。この講義は1,2限目なのでそこが大変だった。講義のレベルは、教科書とスライドを理解できれば単位は十分取れる。講義の説明もわかりやすい。

2018年3月28日に追加

心理学Ⅰ


評価方法は期末レポート半分とそれ以外が半分 出席、課題、実験への参加など 50点を超えると切り捨て 講義は聞いてみると案外面白いけど、まあみんな内職してた 課題はNUCT、半分くらい出れば単位くる(と思う)

2018年3月28日に追加

物質と材料の科学


前半は小澤氏、後半は元廣氏が担当 前半は講義内容を3つに分けて、ラストに前半はレポート(1200×3)後半は毎回のレポート(200〜300)と期末レポート(出してないので文字数は不明)で評価 中間レポート2つと後半の出席レポート2回だけ出して、諦めて取り下げるのも忘れて放置してたら単位来てた。 神

2018年3月28日に追加

英語 (サバイバル)


サバイバルへようこそ! 前期期末のサバイバルの試験はどこも同じ(っぽい)ので教師によって生じる差は講義内容だけです。授業では、最初に時間を決めてTOEFLと同じ形式の問題を解き、解説のプリントが渡されます。以上 講義で解説してくれることはないので自分で勉強しましょう。

2018年3月28日に追加

ドイツ語2


出席、講義中の発言、中間期末の試験で単位が決まる。4回の欠席でアウト、遅刻は2回で欠席1 出欠を取る時間は気分次第 授業は英語で行われる 一回の発言ごとに厳格に点数が決められており、厳密に採点して単位が決められている。授業に対して熱いのは伝わった

2018年3月28日に追加

ドイツ語1


神。最初は4回以下の欠席、5回以上の黒板への板書、期末試験を課してきたが、5回欠席し、黒板に一度しか書かず、期末38/100でも単位がきた 答案返却の際「ん〜あと4点くらい低ければ単位なかったかな」と言っていたが4点低くても同じことを言われたと思う。

2018年3月28日に追加

化学基礎Ⅱ


有機化学について取り扱う。テストは約6問ほどで、しっかり勉強しておかなければそれなりに難しい。レポートは学期に4回ほど出され、〇〇についてレポート用紙1or2枚で調べて書けという形のものが多い。教科書を簡略化したレジメが毎回配られる。

2018年3月28日に追加

微分積分学Ⅱ


前期と同じく、中間と期末の問題はほぼ同じ 解き直すだけで単位は固い

2018年3月28日に追加

微分積分学Ⅰ


名大1単位が取りやすいと噂の講師 中間と期末の問題が数字が違うだけかつ、片方取れれば良いので、講義に一度も出なくても中間の問題を持ち帰って解き直すだけで単位は容易い

2018年3月28日に追加

ラテン語初級


法からの他学部履修でSを頂きました。 評価方法等はシラバス記載の通り。 変化表の暗記は必要ですが、意外と簡単(フランス語の方が難しい気がする)。 言語が好きならオススメ。 by 冴えることのなかった大学生

2018年3月28日に追加

英語(コミュニケーション)


ギャグ好きなサンタクロースみたいな外人のおじさん。授業自体の雰囲気はいい。単位も普通にやれば大体Aはいただける。ただ、多読のコンピュータ版のxreadingは中々に面倒。

2018年3月28日に追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト