英語(中級)


めちゃくちゃ楽しいです。人生においてためになることをいろいろ教えてくれます。 寝たりスマホ触ると怒られますが、そんなことする暇もないくらい楽しいです。 最後にテストもありますが、辞書見ながらでOKのエッセイです。 評価もSかAしかつけないと初回の授業で公言してます。 めっちゃおすすめ。


政治経済学Ⅰ


日本ではケインズの学者としては3本の指に入る(らしい)。講義は何言ってるのか全くもって意味不明なので板書だけ取っておけばよい。講義プリントを何回か配布するので仲のいい友達に頼んでおけばいいかもしれない。(教授本人は講義室にいる人数分しか印刷していないと豪語しているので講義プリント足りない事件が勃発したが)期末試験の点数が足りなければ、単位を容赦無く落とす人なのでレジュメをしっかり読み込んで勉強しよう。ケインズについての大論述は10-13行も書かないといけないので、しっかり対策していないと試験当日に心が折れる。以上のことより、この講義は後期の経済学部専門基礎の講義でミクロに並んで落とす人が多い。頑張れ後輩負けるな後輩。


一般経済史Ⅰ


名前の通り経済史を原始時代から現代まで一通り学ぶ。木越さんの講義は普通に面白いので毎回出席することを勧める。(レジュメに書いてないことを講義中に言うこともあるので)日本史はともかく世界史を履修していない人は大分ビハインドを負った状態でスタートする。これを機会に世界史を一通り学んでみるのもいいかもしれない。講義に毎回出席して、レジュメをそれなりに読み込んでおけばまず単位を落とすことはないはず。(まぁ全く勉強をしない学生が一定数いるため、毎年2割ほど落単するのだが)


数学入門


講義は何言ってるのか分からないので出席だけしておけば良い。中間試験、期末試験とあるが全く解けなくても単位は出る。勿論その場合はCとかBであるのでAやSを狙っている人は他の講義を受講した方がいいかもしれない。


中国語4


これぞ the 中国語の授業っていう感じ。拼音小テスト、本文音読テストなど色々やる。講義では毎回全員当たるので予習はしておくべき。試験はまぁまぁ難しいので勉強しなければならないが、2年次に中級中国語を受講しなければならない文系にとってはこれくらいの学習は必要だと思う。実際為になったし感謝しています。


文化を読む


出席は結局最後まで取らなかった。最後のテストは授業の中で興味をもったことを自由に書くというのだった。(持ち込み可)全く授業に出なくてもテストでいっぱい書けばAが取れる。


線形代数学Ⅱ


授業についていけなければ自分で買って勉強した方がいい。最後の授業の時に過去問をくれるので過去問を解いてあれば単位は出る。テストは持ち込み可なので楽。


統計学


プリントを使ってちゃんと教えてくれる。よく授業終わりに問題を解かせて提出させていたがそれが成績に関わるかは不明。テストは持ち込み可なので簡単。一回欠席したけどSだったので評価はテストだけかもしれない


中国語2


優しい。テスト範囲狭めで本当に助かった。授業のラスト3回くらいは映画観てた。


中国語2


授業が意味ない。そんな短時間で本文暗唱できるかよといつも思ってた。その上当ててくるからほんと嫌だった。テストはそれなりに難しい上出る範囲が偏ってる。


フランス語4


学部の先輩からこの授業を引いたら覚悟しろと言われていたので怯えていたが、結果として楽に単位が取れた。どうやら今年から格段に楽になったらしい。授業は欠席するか、出たとしてもほとんど寝ていたがテストは簡単でBをくれた。何も心配することはないので、試験週間は他の教科を頑張ろう


英語(コミュニケーション)


ディベートをやった。特に面白いというわけでもつまらないという訳でもない。単位は出ると思うが、Aをとるのは難しそう。


スペイン語3


とてもわかりやすいが、スペイン語できてないと辛いことが多かった。テストできてないと容赦なく落単するが、テストがある程度出来てれば必ず単位は来る。


民法Ⅱ(物権法)


いいおじさんです。レジュメは少し(?)分かりにくいけど、授業中の説明はとてもうまいと思います。あと、テストの問題はかなり難しかった(物権の授業なのに債権譲渡の問題が出た)のに、評価は鬼のように甘かったです。勉強したらSとかAとかも余裕で取れると思います。


健康・スポーツ科学実習Ⅱ(太極拳)


体がかたい人にはしんどい。型を覚えるのが大変。だけど先生はめちゃくちゃ優しいので多少しくじっても単位は余裕。太極拳と棒術の2種類をやるが、太極拳の方しかテストがない。毎回二人ずつ生徒が前に出て2、30分の体操をしなくてはいけないのが面倒。あと寒い。


ソネット研究(1)


英語の教職単位目的で取ったが、本当に覚悟をもってとろう。 遅刻にかなりうるさい。ザ・昭和の人


生物化学1


眠い。中間期末の2回のテストあり。毎授業小テストあり。小テストの範囲が指定されるので、そこで出ている問題をやればテストもできる。


英語(コミュニケーション)


毎授業のリスニングテストとコミュニケーション、そして最後のレポートで評価。テストがないのはありがたい。 評価は意味がないという信念を貫いており、その通り単位は確実に出るが、高評価を取るのは非常に難しい。無理。 それだけならいいのだが、リスニングの内容が完全にプロパガンダで洗脳教育。 とどめに自転車を持っていると何度主張してもバイセコゥ?と聞いてくる謎仕様。


ドイツ語2


毎回の小テストの合計点で評価。中間期末は無し。落単の救済措置が何重にも設けられているので単位を落とす方が難しいだろう。先生はとても良い人。


地球科学基礎Ⅰ


テストは手書き資料持ち込み可レポートのようなもの。指定されたトピックについて書けという形式で分野の偏りが大きかった。高い評価を得るには講義で扱ったテーマについて日頃から調べ、手書きで書き留めておくとよいかもしれない。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト