生徒・進路指導論


単位でるでる。何も心配せずともよい。


統計学


毎度のレポートで救済措置あり。テストもいうてむずくないよ。


真空電子工学


削った鉛筆と印刷したレジュメがあれば単位が取れる。3年前期のオアシス。


微分積分学Ⅰ


中間4割期末6割で評価、出席点一切なし。 試験で平均点が3割を切ることはザラ。 演習問題は配られるが、解答は配られないので相当きつい。 採点も数学的懐疑があると一切点を貰えないため非常にシビア、そのせいで0点を取った友人もいる模様。 当たったら素直に再履を考えよう。


微分積分学Ⅰ


この講義を履修することは自殺行為と変わりない。演習は配るが、解答は略解すら配らずどれが正しい答えなのか分からない中勉強させられる。テストは少しでも数学的懐疑があれば点数はない。救済レポはあるにはあるが救済という言葉の意味をまるで理解していないようなものであり、単位取得は絶望的である。ついでにいうと笑い方がきもちわるい。改めて言わせてもらうと大ハズレである。


ドイツ語


単位をくれるママ


微分積分学Ⅰ


当たってしまったら前向きに再履修、期末欠席を検討しましょう。このようなゴミ教授から受けるF評価はありません。欠席評価にし、GPAを守ってください。


経済学史


ゆるい。期末ノー勉だとさすがに落ちるかも


財政


途中入退室にうるさいわりに自分は途中入室してくるカス。期末の内容自体は難しくないので、テスト前に言われた範囲をしっかり勉強すべし。


社会変動と人間生活


テスト前に、テストに出る候補の記述を5、6個教えてくれて、そのうち3、4題を出題。 内容は極めて簡単な語句説明なので、直前に言われた単語個意味調べて暗記するだけで余裕。 神だと思う。講義は現代社会について若干経済学よりな話。


国際経済


前評判ほど落とさないし、周りで落としてる人もあんまり聞かなかった。事前の脅しにビビってとるの辞める人が多くて勿体無い印象。まあテストは難しかったけど、点数取れなくても単位出てたのでそういう教授なのでしょう。


法学


普段の講義は受講者の半数以上が受けていない。 話し口調が眠気を誘う。


会計Ⅰ


小沢先生ではなく大原簿記学校のゴブリンが講義をする。 講義は分かりづらい反面、大原のテキストを使用しているためテキストが非常に分かりやすい。簿記3級欲しいなら自習したほうが良い。 勝手に2コマ続けて授業をするのに2単位しか貰えないが、そもそも出席する必要がないので問題ない。 期末の範囲は教えてくれるので直前に勉強すれば単位は貰える。


管理会計


内容は簿記の2級知識があれば理解できる。丁寧に教えてくれるので真面目に講義を聞いていれば管理会計の知識は身につくだろう。練習問題は提出してもいいが返却されないので要注意。 単位に関しては8割くらいは通ると思われる。普通に指定された範囲を解けば単位は出るだろう。


一般経済史2


内容は先生が常に教科書に沿いながら永遠に話し続けるスタイルである。ものすごく先生が楽しそうに話す+膨大な知識量の前に生徒は圧倒され呆然とする。興味がない人にとっては永遠におじさんの話を聞いている感じにはなる。 テストは歴史の論述暗記ゲームなので友達と解答を作成してひたすら前日に暗記すれば単位は取れる。


中国語3


学生のことを第一に考えて講義を行ってくれる。心情をよく察してくれるのでやりやすかった。 内容も一般的で分かりやすい。どこか中国語を学ぶ学生の限界を察して寂しそうな目をしているときがある。


線形代数学Ⅱ


板書がとにかく多い 単位はでやすいが評価は厳しめかもしれない エクササイズができれば大丈夫


中国語1


試験勉強足りなくて落単不可避と諦めてたけど単位をくれた盧先生は僕の女神でした。


社会安全学入門(特別講義)


出席30%(講義中に出題される簡単な問題を配布される紙に書いて終了時に提出)期末レポート70% 最初の講義で期末テストかレポートのどちらがよいか受講者に挙手させ多数決で決めていました。 内容はほぼシラバス通りだが実例を挙げて解説してくれるので面白い回も多い。 出席の紙は多少遅刻しても講義室前方の机に置いてあるのでありがたい。 レポートは「火災を発見時の対処法」「印象に残った講義」など、ちゃんと講義を聞いていればしっかり書ける内容。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。