中国語1


神 やさしい 授業も面白い 中国の面白さがわかる 試験は勉強やって臨もう


中国語2


名前を見てわかるように中国人 授業は面白い 予習が大変 会話(教科書の会話形式になっているところを暗唱)する必要がある パーティー開いてくれる 北京ダック食いそこなうな! 試験は楽勝


化学基礎Ⅰ


授業ごとに肌の色が黒くなっていく やさしく、ごくまれにする雑談のようなものが面白い 4回出されたレポートがエグい 試験はカンペ持ち込みありだから優勝


都市と文明の歴史


森川先生は交通史、恒川先生は都市の発展の話 テストは恒川先生の授業分のみ 過去問大事 名古屋人が少し有利な内容 3回出される課題がとんでもなく大変 恒川先生の補講は出席する価値ある


経営戦略


レポートは教授の本に書いてある演習問題を解答する。テストはネットに挙がってるレジュメから出されたが、テスト直前にレジュメがなぜか消されたのでこまめに保存しとくべき。記号選択式で並べたあとそれが文字として読めた。


日本国憲法


ノート持ち込み可だけどそのノート作るのが面倒。それさえ作れば単位は自動で降りてくる。


電磁気学Ⅰ


毎回の出席代わりの小テストと演習レポートができれば余裕だった。


微分積分学Ⅱ


楽勝の二文字。強いて言えば1限で来るの大変だっただけ。


生物学基礎Ⅱ


出席点はでかいから、講義は出た方がいい。テストは過去問とレジュメでどーにかなる。


名大の歴史をたどる


出席は授業の感想を書いて提出する形式。代返してもバレないが、資料は授業に出ないと貰えないので一応出ておいた方が良い。最終回は撮影されて名大ホームページの「名大の授業」というコーナーに掲載される。 評価は出席と期末レポート課題。期末レポートは必須課題と任意課題の二種類。必須課題は与えられた複数のテーマから好きなものを選んで作成するのに対し、任意課題は自由にテーマを設定できる。こちらは本当に任意なので、必須課題だけで単位はもらえる。 ただし、必須課題だけだと最高評価がBになる。出席点はしっかり稼いでおいた方がいい。


化学基礎Ⅰ


自称「化学屋」。同じ授業を受講していた同級生からは割と嫌われていましたが、授業内容はマジで分かりやすい。今まで受けた講義の中で一番この人の授業が分かりやすいと思う。 授業内容をしっかり聞いていれば毎回の小テストは乗り切れるし、単位もまあ貰える。ただあんまり油断しすぎるとコロっと落ちるのでちゃんと勉強はした方が良い。 難点があるとすれば、毎回小テストの珍回答や気に入った模範回答を名前付きでスクリーンに晒す悪癖がある。シャイな方はご注意を!


哲学


教授の趣味により、授業内容は哲学の皮を被った言語学。内容はソシュールの言語論がテーマ。 最初は教科書はありませんでしたが、途中で教授の指定した本を教科書に使うことに。早く買わないとネチネチ怒られるので早めに買っときましょう。 授業自体は正直そんなに面白くないですが、時々起こる教授と生徒との議論はまあ割と面白い。後ろの方に座っていると教授に絡まれやすいので、当てられたい方はどうぞ後ろへ。 評価は出席と2〜3回出るレポート課題。代返は上手くやれば可能。レポート課題もそんなに難しくはない。 ただ、自分の時は何人かが出席もレポートもきちんと出していたのに評価が欠席になった人がいました。事務的なミスによるものらしく、疑義申請をすれば解決しますが、ヒヤッとすることに変わりはないですね…。


物理学基礎Ⅰ


内容は力学。出題される問題は高校物理レベルなので生物選択のひとも安心してね。 テストは毎授業の小テストとレポートから出る。小テストや過去問をちゃんと解けば絶対単位はもらえる。


比較文化論


雨月物語を子どもでもわかるレベルに解説してくれる。先生がだいぶ面白いので楽しい。 期末レポートは早めに手をつけた方が良い。


英語(中級)


課題が面倒。2週に1回ペースで英作するのが割としんどい。 ただテストがどんだけ酷くても単位は絶対くれる。


物理学基礎Ⅱ


去年までは出席とレポート課題のみで評価をしていたのですが、今年からテストが導入されました(出席&レポートで50点+テストで何故か60点)。そのせいか割と落として人が多かったです。 内容は電磁気。レポートは答えさえ合っていればまず満点をもらえますので、出席とレポートは確実に稼ぐことにしましょう。


化学基礎Ⅰ


自分で出版している教科書を使用。量子化学をやる。教科書はわかりやすいが授業はクソ。


線形代数学Ⅰ


授業はとても分かりやすく、テストも簡単なので確実に単位が取れるし、確実に理解できる。


微分積分学Ⅰ


オリジナルの講義ノートを使用。ページ数が膨大なのに自分で印刷しなければならない。問題は大量に乗ってるが、解説はおろか解答すら乗ってないので意味がない。しかも厳密過ぎて理解不能。テストは難しいすぎる。カフェダビットで数理学科の院生や他の教授に聞いても分からないという超難問。単位は諦めましょう。


物理学基礎Ⅰ


毎回わかりやすい講義資料を配ってくれる。演習問題が出されるのでそれを提出するのが出席代わり。とても分かり易い。テストは過去問とほぼ同じ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト