感じる情報学


オムニバス形式でいろんな先生が話すのを聞くって感じ 先生によって面白かったりつまらなかったり 秋庭先生むっちゃ面白い、大好き。楽しい。 普通にやってりゃA取れるよ


離散数学及び演習


眠い。講義は資料を読み上げるだけなので、自信のある人は演習だけ来ればよい。


英語(基礎)


神。150語程度のレポートが3回。テストはレポート丸暗記が1問と新しい問題(事前に発表される)が1問。サバイバル受けるような人でもSとれる。神。


英語(中級)


スライドが面白いうえに、レポートとListen to meで単位が余裕に取れる。


地球惑星科学の最前線


いろんな先生の研究を聞く。テストはほとんどできなかったが評価は良かった。たぶん出席点大きいかも


近代日本の政治と外交


クソ講義。 前半は左翼ますともの話を聞いたり核兵器のビデオ見て感想書く講義が続き、後半は戦前陸軍とか帝国憲法の構造をひたすらオベンキョする講義 テストは後半から出るけどレポは前半に固まってるのでまともに単位取ろうと思ったら毎講義出席するべし 勉強してもFのやつがいればノー勉でもA取った奴もいるので単位は賭け


現代日本の外交・国際関係


周りから取るな取るなと言われる、法1年への洗礼講義。 毎週講義内容をまとめるレポートがあり、その辛さで切る学生や、テスト前に各々に発表される見込み点の低さで切る学生も多い。 評価はシビアではあるが教授は非常に熱心な人で、講義は非常に分かりやすくためになる。単位を取りに行かずに講義を聞くだけでもいいレベル。


健康スポーツ 講義


毎回出席を取るので友達とシフト制にして出るのがベスト。聞いても相当まじめにノートを取らないとテストは答案用紙を埋められないが色々書けば単位はCだがもらえる。Cとなる可能性が高いのであまりオススメはしない。


英語(基礎)


レポート3回と事前に与えられるテスト問題を真面目にやれば確実にS。授業内容は非常に素晴らしい。神。


数学演習Ⅰ


毎週出欠確認の紙が配られ、名前を書けば出席扱い。 毎回テーマに応じた問題・解答プリントが配られる。前半は線形代数で扱う内容が主なので、全学教育の線形のいい予習になることもある。後半は微積分も扱う。ただし演習問題の難易度はやや高めで、解答も略解が多くあるので、自学するには少々不向き。 テストは平均60~70ほど。各回の授業を理解すればOK(演習問題ほどの高難易度な問題は出ない)。ただし逆行列を求める問題で成分が分数で出てくることは日常茶飯事なので計算ミスには要注意。


化学基礎Ⅰ


つまらん 覚えることも多い


財務諸表2


関西弁の先生。主にキャッシュフロー計算書や棚卸資産について学ぶ。授業が早く終わることもある。


グローバル・ファイナンス・マネジメント


講義をする外部講師により授業の面白さが変わる。個人的には野村證券のベテラン講師の回が一番面白かった。


大気水圏環境の科学


降水量や酸性雨など自然環境を取り扱う。テスト内容を予め教えてくれる。単位は取れるだろうと講師本人が言っていた。


政治学


興味があれば面白い。テストとレポートで評価。レポートは教授の指定した何冊かの本から一冊選んで要約、自分の意見をまとめる。レポートはまあまあ重い。


経営学


経営学が身近な企業を例にしながら学べたので分かりやすかったし、個人的には面白かった。最初教授は1限の授業だから生徒に無理して授業に来なくても良いと言っていたのに、テスト直前では授業出てない人多いから生徒の3割をFにすると言っていた。


化学基礎Ⅰ


青井先生のレポートはだんだん難易度が下がっていって、最終的になくなったと前の方が書いていたが確かにそうだった。 化学基礎Ⅱと違って小鹿先生のレポートは授業開始前に集められるのでちゃんと忘れず出そう。 青井先生は過去問が配られ、「見ればわかると思うけど過去5年毎年違う問題でしょ?過去問と同じのは出さないってことです」と威圧をかけられたが、それを解いておけば似たような問題が出るのでかなりテストは解ける。教科書の範囲が広すぎなので小鹿先生の方の範囲は諦めて教科書をパラパラ見ただけでテストを受けたら、演習していなかった計算問題がめちゃくちゃ出たのでパニクってほとんど解けなかったが単位が出た。


化学基礎Ⅱ


中野先生は毎回教科書の問題をレポートの宿題に出し、次の回の授業前に答えを黒板に書かせる(有志の人が書く)。書くと5点もらえるらしいが私は書かなかった。レポートと似た内容が期末テストにも出る。字が汚い先生。 邊見先生はレポートと授業中に言った例題をそのままテストに出してくれる。字がきれいな先生。 過去問がなくても2人の先生の出したレポートと邊見先生の例題を復習すれば余裕で単位出る。


線形代数学Ⅰ


洋と書いて「よう」と読む。大泉洋と同じって覚えてね! 頭の悪い質問をしに行ってしまったけど優しくわかりやすく教えてくれた。神。 テストもそんなに難しくない。 強いて言うなら板書の量がめっちゃ多いのに黒板を早く消してしまうのが難点。 ぼっーとせずに早く書き写せばいい話なのだが、先生の字が下手なので解読している間に消されたりするがまぁよし。 いつもチェックシャツにジーパン。チェックシャツは何種類も持っているようだ。ストライプとかにせずなぜ全部チェック柄なのか謎。


物理現象の科学


3人の先生が講義します 小テスト3回で評価 先生によってはレポートあり 出席取る先生もいる 内容は難しい


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト