ドイツ語1


テスト無しレポート無し。出席してれば単位出る。授業はつまらないことが多い。話し方が不快。


ドイツ語2


毎回の小テストの合計点で評価。中間期末は無し。落単の救済措置が何重にも設けられているので単位を落とす方が難しいだろう。先生はとても良い人。


ドイツ語1


出席を初めにとり毎回の授業の宿題はあるが、中間期末試験なしで出席して答えれれば単位は出るので楽かと。


ドイツ語


毎回出席し、テスト勉強もそこそこにすればA。眠くなるけど、単位はとりやすい。ただ内容は少し薄いかな。


ドイツ語1


内容は他のドイツ語と比べて早く進む。小テスト3回の合計点と出席点で単位が決まる。小テストは難しいが、テスト週間からズラしてくれる。


ドイツ語4


授業はしっかり聞き(教え方が上手いからスッと理解できる)、テスト前に4時間くらい勉強すればA。言ったところしか出ないから安心。2年になっても取ろうと思うくらいオススメ。


ドイツ語1


神。最初は4回以下の欠席、5回以上の黒板への板書、期末試験を課してきたが、5回欠席し、黒板に一度しか書かず、期末38/100でも単位がきた 答案返却の際「ん〜あと4点くらい低ければ単位なかったかな」と言っていたが4点低くても同じことを言われたと思う。


ドイツ語2


出席、講義中の発言、中間期末の試験で単位が決まる。4回の欠席でアウト、遅刻は2回で欠席1 出欠を取る時間は気分次第 授業は英語で行われる 一回の発言ごとに厳格に点数が決められており、厳密に採点して単位が決められている。授業に対して熱いのは伝わった


ドイツ語


テストの内容はテストの前の授業で渡されたプリントにある20のドイツ語文を暗記するだけ。毎回、五十音順であてられるが答えられなくても何も言われない。先生はゆっくりした口調の優しく温厚な方


ドイツ語


しっかり出席して、それなりに勉強すれば単位に困ることはない。学期に3回の小テスト69%(23点満点×3)と出席などの平常点31%で評価。五十音順で毎回あてられる。先生は優しくいい方。


ドイツ語3


いい人なんだけど、授業は眠い。テストはちゃんと勉強しないと死亡確定。


ドイツ語4


テストはドイツ語3より簡単だから、安心。小テスト勉強しとけば大丈夫。


ドイツ語


期末テスト等筆記試験はない。毎回予習して問題を解いておき、発表する解答のできで評価される。テキストにない問いも聞かれるため解答が難しい時も多いが、ドイツ語の基本的な文法の理解はできた。ドイツ語は規則的ではあるが、それぞれの単語に活用が多すぎるのが難点。予習で解答をあらかじめ作っておき、出席すれば単位は問題ないと思われる。


ドイツ語


ドイツ人の先生なので説明は英語。それでも日本語を多少交えつつ説明してくださるため、あまりにも理解できないなんてことはないです。テキストの問題の解答を答えさせるスタイル(もう一人のドイツ語の先生の終わったところから始めてたのでセットになっている先生によって変わるのかもしれません。)たまにドイツ語の歌を歌うこともあります。評価はテキストの解答と、2、3回あるスピーチや会話のスピーキングテストでした。筆記試験はありませんが試験週間にも授業があります。


ドイツ語


圧倒的女神。聖母。かおりちゃん万歳。ドイツ語でずっとお世話になりました。明るくて元気な先生です。講義自体分かりやすい上に、文法の解説など見やすくまとめたレジュメを配ってくれたりもするので、教科書が全文ドイツ語で自力では読めないという難点も気になりません。課題が毎度出ますが個人ごとでチェックされることは少なく、どこか一部を解いてきてみんなで分担して答えを板書すれば問題ありません。テストで点を取れなかった人にも救済の手を差し伸べてくれます。至れり尽くせり。


ドイツ語3


一言で言えば、神です。 出席を確実にしていて、内容を少しでも理解していれば(あるいは、理解しようとする思いはある事が通じさえすれば)単位を出してくれます。


中級ドイツ語1


授業は淡々としてるけどテスト前に出るところ全部教えてくれる。多少休んでも単位出る。


ドイツ語1


予習が面倒。最初の簡単な部分はわかるが、だんだん内容が理解できなくなり、わからないと追い込まれる。1234すべてこの方で本当につらかった。 でも全然答えられなくても単位は出た。


ドイツ語1


授業は睡魔との闘い。期末試験は教科書の文覚えていけば余裕。


ドイツ語


とにかく可愛い。 廊下ですれ違うと手を振ってくれる。 カタコトな日本語、英語で授業を試みるも、断念すると流暢なドイツ語で話し出す。 かわいい。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト