ドイツ語


平常点6割なので普通に受ければ必ず単位がもらえます 先生いい人 授業熱心 美しい しゅきしゅき〜♡


ドイツ語


単位をくれるママ


ドイツ語1


この教授は中間、期末テストがないのが他の教授と比べてオススメな点。その代わり小テストが毎回ある。成績はほぼこの点数でつけられる。従って出欠はとらないが小テスト受けておかないと成績が悪くなるので基本的に毎回出席しなければならない。だが、期末テストなどと違って前回の授業でやったごく限られた部分しか小テストの範囲にならないので前日に少し勉強するだけでまずなんとかなる。それに優しさがにじみ出ているような教授で出る場所がはっきり指示されてるのでよほどサボらない限りこの授業で単位を落とすことはない。自分たちの時は誰も単位を落とさなかった。また、残り5回くらいになると単位スレスレの人は警告してくれるのでそこもまたありがたい。眠い授業ではあるが教授の自虐ネタが随所に見られるためなかなか面白い。


ドイツ語


いつも小テストがあり、それで出席をとっています。この先生で単位を落とすことはまずありえない。小テスト→期末テスト→レポート→補講、と、ダメでも救済措置が豊富らしい。 授業内容もまあまあ充実しているしおすすめです。


ドイツ語1


テキストの独語文を調べながら読んで、問題に対する答えを考えてくる予習が必須。 授業ではその問題の答え合わせと、その場での独語一問一答。独語で聞かれて独語で答える。 周りの皆も一から学ぶし、分からなくても心配しなくていい。すぐ慣れる。 予習は大変だが、定期試験がないのは大きい。その代わり出席しないともちろん単位は貰えない。 大きな声で答えて楽しそうにしていればいいので、個人的には当たり。


ドイツ語1


授業がめっちゃ眠い、話し方の問題かな? 出席は毎回とるから行かなアカン 温和な先生だと思う テストは私がまともに受けてないので論ずることは出来ない


ドイツ語2


教科書の和訳をがんばればok ちゃんと出席すれば単位はもらえる


ドイツ語Ⅱ


教えていないことを「え、教えたよね?」的なのりで講義を進めていくのでなかなか厄介。でも映画とかも見るし、テストは2回の小テスト。単位はほぼ確実に出る。


ドイツ語


本当にいい先生、出席しないから落とすということはないと公言、テスト範囲も教えてくれる


ドイツ語1


4,5回の小テストの結果で成績をだす。小テストは余裕だし、点を取れなかったとしてもその次のテストはめちゃ簡単になる 単位は余裕


中級ドイツ語1


和文独訳をひたすらやる。テストは教科書の例文丸覚えすれば満点とれる。毎回簡単な宿題と何回か例文テストがある。


ドイツ語2


授業は、先生が説明→マイクで先生と一対一でやりとりという流れ。マイクでやりとりの時にいないと欠席がバレる。ただ、雑談の多さのゆえ、テスト範囲が極端に狭くなる。テストも教科書のことがそのまま出るから簡単。


ドイツ語4


授業スピードは鬼のように早いけどテスト前の講義でテストに出すところ全部教えてくれる。


ドイツ語


毎回出席してたまに出るレポートをだせばAは余裕でとれる。講義内容は映画観賞やグループワーク多め。


ドイツ語1


毎回出席・予習必須。口頭質問のみで評価がつけられる。口頭質問はテキストの問題+各章のトピックについてドイツ語できかれ、それに対してドイツ語で答える。予習さえすれば余裕だしテストもないし先生も優しいという素晴らしい授業。


ドイツ語4


テストの代わりに発問に答える形式で、ドイツ語がかなり身についた


ドイツ語


テストなし、出席すれば単位もらえます。


ドイツ語4


たまに変なことを言うが、基本的に菩薩な人。期末テストもなく救済措置もあるので、単位はかなり取りやすい


ドイツ語


グループワークや映画は面白い。 最後の授業の時にテスト対策のプリントがもらえるし、(ほぼそのまま出た)簡単な小テストもあるから真面目にやれば落とすことはない。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。