健康・スポーツ科学講義


毎度面白い授業を受けて感想をA4の用紙(毎度新しい紙でなく、全講義を通して同じもの)に5行書いていくだけの簡単なお仕事 期末レポートは少なめに書かねばならないのが頭を使うがそれでも簡単 神


健康・スポーツ科学講義


健スパは大体どこもゆるゆるのはずなのにここだけ例外。「出席の紙だけ出して抜けようとしたら気づいて廊下をダッシュで追いかけて捕獲した」「出席だけ出してサボる人とトイレに行く人を区別するためトイレに行く時は申告制にした」などと数々の伝説がある。 授業内容はスポーツ心理学。内容は面白いが、いかんせん厳しいお人なので覚悟が必要。 評価は年によってテストの時とレポートの時があるが、内容は授業の感想を書くだけでいいので楽。 大分昔は今より尖っていたらしく、真面目な人でもレポート内容によっては容赦なく落としていたらしいですが、今は流石にそんなこともなくなりました。単位はくれるので安心しましょう。


健康・スポーツ科学講義


授業態度が厳しいとの声もありますが、遅刻をしっかりカウントする、携帯の使用禁止、私語禁止ぐらいなのでそこまで厳しいとは思いませんでした。共通部分以外の内容はフィードバックやメンタルについて。実際に実験もあって、面白かったです。テストはあらかじめ出された課題に答える。毎回講義で人をあててました。


健康・スポーツ科学講義


出席チェック4回に全部出て、力作のレポート2回出したのに、評価はBだった。頑張ったのに努力を認めてくれない人です。


健康・スポーツ科学講義


楽単です。レポート提出が二回ありますが、多少手を抜いても問題なく単位は出ます。講義は眠気との戦いですが、ある程度は板書を取っておかないとあとでレポートを書くときに困るので気をつけましょう。


健康・スポーツ科学講義


内容がとても面白く、先生も楽しい人でとても好感が持てます。内容はスポーツにおける練習方法やメンタルトレーニング、視覚についてなど。 毎回小さい紙が配られ、何らかの課題(とても楽)や感想を書いて提出し、これが出席代わりです。こういう小レポートや学期末レポート(期限はゆるゆる)を真面目に書き、出席もちゃんとしてればSももらえます。全回出席が可能な人には、とってもおススメの授業です。


健康・スポーツ科学講義


出席4回はランダム。でも出席する必要なし。(と先生が公言)2回レポート出せば単位確実。ちょっと変わったテーマを選んで4回出席取れれば、Sはもらえる。レポート雑でもAはもらえると思う。授業中は基本的に内職してた。


健康・スポーツ科学講義


心理学が専門の教授。初回授業のときに期末テストの問題を配布される。したがって初回と最終回だけ出席すれば簡単に単位がとれる。授業の内容は学生に最近見た夢を聞き、それを心理学の観点から教授が述べるだけ。回が進むとグループを作って話し合うこともあるらしいが自分は上記のように2回しか出席していないためよくわからない。自分のケースは極端だが本当に3回も行けば授業の雰囲気が掴めるので早々に出席するのをやめて早めに期末テストの解答を自分で書き上げてしまったほうが賢い。とにかく楽。自分の夢の内容や記憶に残っている1番古い想い出をつらつら書いてそれをもっともらしく評価するだけでBは取れたので健スポ講義は迷わずこれにするべし。


健康・スポーツ科学講義


レポートだけやれば出る必要ない


健康・スポーツ科学講義


出席4回はランダム。でも出席4回ちゃんとしてプラス中間と期末レポート2回もちゃんと出したのに、Bでした。理解に苦しむ。


健康・スポーツ科学講義


授業ではレジェメの穴埋め。授業にはほとんど出なかったが、終盤に対策プリントをもらえるので楽単。筋肉のはなし。


健康・スポーツ科学講義


遅刻に厳しいです。また、代筆にも厳しいです。居眠りしてても何も言われませんが、ときどき人を無差別にあてるので危険です。講義内容は、スポーツにおけるメンタルトレーニングや、効果の高い練習方法など、面白いものが多いです。欠席回数が5回を超えると落単になるとシラバスに書いてあったのですが、私は4回休んでしまい、評価はCでした。前述の通り遅刻に厳しい先生なので、朝に弱い方にはこの講義はおすすめできません。


健康・スポーツ科学講義


毎回小レポートがあり、授業の感想を書きます。小レポートが70点、最後の期末レポート(授業で習ったことと自身の経験を関連付けて書く、だいたい4000字くらい書けば余裕)30点で評価。最後にまとめの講義があるのでパソコンを持っていってついでに期末レポートを書いてしまいましょう。とてもおすすめです。


健康・スポーツ科学講義


毎回出席出来る人は取るべき。内容は割と面白い。評価は出席と学期末レポート。学期末レポートは8月初旬締め切りとかいう余裕すぎる期限。講義内容を聞かなくてもレポートは書ける。


健康・スポーツ科学講義


Sくれよぉ〜〜〜〜 って感じだが、レポート2回でAはくれる これに当たった人はホントにラッキー


健康・スポーツ科学講義


単位はくれたけど、授業の不人気さはピカイチ。 パワーポイントで、大量の英語が出てくる。というか英語の文献とかそのまま持ってくる感じ。 前期の授業の中で、この授業だけ外れだったらしい。 子宮とかの部位の名前とか英語で書かれても分からんし、宿題は多い。英語の論文読んでこいとか。 さらに英語の動画を見せられるが、何言ってんのか分からん。ひたすら英語。あと、計算もあったな。なんでやねん。 テストは、90分、ノート持ち込み不可がその半分で、しかも記述。 レポート、パワポまとめた(週に3時間くらいかけて作った)ノート、nuctのクイズ、記述用の問題集っぽいプリント、しばしばでる論文読解とかの宿題、最後になぜか20年後の自分の絵を書けっていわれたけど、なんでだ。掲示板見たら落ちてる子結構いたし、頑張ったけどCやった。絶対取らないことを勧める。


健康・スポーツ科学講義


毎回出席がわりのミニレポートを書いてそれに最終レポートで成績。ミニレポートは何か一言書いただけである程度点をくれるから代筆可能で最後だけ顔だしてミニレポート出すのも可能。先生が可愛い。ハズレではなかった


健康・スポーツ科学講義


テストは設問に合わせて自分の精神分析を書くだけ。設問はどこかの講義のときに配られる(自分のときは序盤だった)。受講者の夢診断などを教授がみんなの前でやるが、「それは性的なことを表している」という感じのことを言われて恥ずかしい思いをした人もいたのでそこだけ注意するべきかもしれない(仕方ないけど)。


健康・スポーツ科学講義


毎回出席がわりのミニレポートを書いてそれに最終レポートで成績。ミニレポートは何か一言書いただけである程度点をくれるから代筆可能で最後だけ顔だしてミニレポート出すのも可能。先生が可愛い。ハズレではなかった


健康・スポーツ科学講義


とても優しい面白いおじさん 寝てても大丈夫だし実験とかして楽しかった 話が眠い時もあるがレポート出せば単位はくれるからとってよかった


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト