化学基礎


難しい。 テストを毎回あるまでは良いがフィードバックが一切ない。 TAが呆れる始末。 レポートの内容も難しい。 テストは過去問必須


化学基礎Ⅱ


授業内容はかなり退屈 評価方法はいたって普通 しっかり勉強すること 普段のレポートよりテストを重視した方がいい


化学基礎


まず、授業に金がかかる。教科書だけでなく分子模型も買わされ、合計1万近くなる。また、授業が適当でわかりにくい。さらに毎週のレポートの量が非常に多い(しかもそのくせ最終成績を出す際のレポートの割合は10%程度らしい)テストも難しい、平気で単位を落とす鬼。絶対に取らない方が良い授業のひとつ。


化学基礎Ⅰ


化学がとても好きな人意外にとってはたいくつ。後ろに座っておけば当てられない。出席は名簿を回す形式なので代弁も可能。2,3回ほど演習問題を解く回があり提出、受け取りで出席を取る場合があるので注意。期末テストは過去5年分の問題を解けるようにしておけば問題なし。


化学基礎Ⅰ


内容が難しいが、理科好きには好評。教科書が割と分かり易い。中間テストは10点(/50点)未満が続出するが、期末で挽回出来る人が多い。


化学基礎Ⅱ


期末全然出来なかったのになんか知らんがSが来た。 講義の内容は聞いてないと難しい。


化学基礎Ⅱ


授業はつまらない。 テストは持ち込み可能でそれほど難しくない。


化学基礎Ⅰ


基礎という名前だがそれは嘘、量子力学とかでやる内容を普通にやる。ただし物理的意味の説明だけで難しい計算をするわけではない。だが難しいことには変わりない。計算ではなく単語や理論の物理的意味を覚えよう、あとレポートは絶対に出そう。過去問をGETするか否かで運命が変わる。


化学基礎Ⅱ


毎週出されるレポートを出すために出席しよう。講義は教科書読んでるだけ。テストは熱力学がメインで他分野は大問一個分出るか用語の定義を聞くぐらい。基本問題が解けるなら単位は楽に取れる。


化学基礎Ⅱ


講義は教科書のことをひたすら板書し、喋るだけの退屈なもの。しかし毎回そこそこの量のレポート問題が出るため面倒。きちんと勉強すれば単位は来るものの、落とす者、再試を受ける者もかなり多い。


化学基礎Ⅰ


毎回出席代わりの授業終了時のレポート。 期末70%だが演習問題がテスト前に配られるのでそれが解ければ落とすことはまずない。授業切りすぎると落とされる。


化学基礎I


ロシア人で日本語はカタコト。 nuctで課題出たりするけど、問題ない。 化学がとても苦手で無ければ、単位は落とさないと思う。


化学基礎Ⅰ


1年前期で習う事じゃないの一言に尽きる。 小学1年生にかけ算を教えるようなもの。 偏微分、演算子、エントロピー等々の基本知識がないと理解するのはかなり難しい。 真面目に授業を受けるべし。


化学基礎Ⅱ


なんとか単位取れた もう一生この先生の講義受けなくて済むと思うとニコニコになる 凄くユニークな教授です!2016年度物理工学科新入生の皆さんお楽しみに!!


化学基礎Ⅰ


演習として配られる過去問レポートほぼまんまがテストで出た、ありがとうございました 単位は挙手による発言しとけばほぼ確実


化学基礎Ⅱ


授業の冒頭で全員AかSにするとおっしゃっていたけれど、BやC、Fの人もちらほらいる様子。テストに出る場所メモしてテストに臨めばほぼA、Sは取れる。


化学基礎1


3年目にしてまじめに講義を受けたら意外におもしろかった.テストも事前に渡される演習ほぼそのままなので一夜漬けでもなんとかなる.


化学基礎1


すぐ不機嫌になる。妙に偉そう。単位も結構落としている人がいた。


化学基礎Ⅰ


毎回演習がありますけど、きちんとやれば大丈夫です。授業はちょっと理解しにくいけど試験はやさしい。


化学基礎


髪の毛むらさきのおばちゃんです。分子模型買わされます。レポートは授業でやってないところを出すので結局自己学習が必須。テストも授業でやってないところが一部出たりするので過去問必須(ほとんど過去問の傾向通り)。単位落とす人割といるみたいです


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。