化学基礎


教科書見た方がわかりやすい。2000年代の過去問と似たようなのがいくつか出た。過去問必須。


化学基礎


これはひどい。 過去問が去年回収されたせいで参考になるものがない。今年(2017年)も回収されたので、2018年の学生は困り果てることだろう。またテストを欠席した場合、問答無用でFがつく。取らないのが賢明だろう。


化学基礎I


毎週小テストがあり(採点はされない)、2週に1回ほどの頻度でレポートがある。(印鑑だけ押されて返却される)「10年後には答えが変わっているかもしれないから小テストやレポートの答えは一切教えません。」という名言で有名な教授。また「質問は授業中に手をあげてするように」と言っておきながら授業中に質問しても「それはあなたが考えてください」などと回答するワイルドさも持つ。そして、授業はかなり自由なスタイルで行われ、黒板はまるで落書きのようである。なお、単位認定は鬼のように厳しく、毎年3割以上が「F」を食らう。 名大の中でもかなりの名物教授ではなかろうか?


化学基礎Ⅰ


いいかよく聞け、この授業は家でのかなりの学習が必須となる。俺はテストに向けて少なくとも2週間は化学をやり続けた。この講義から得られることはかなり少ないがそれでも出た方がいいだろう。なぜなら出なければおそらく完全に置いていかれるからだ。ちなみに今年(2017年)のテスト範囲はおよそ600ページに及んだ。これを聞いてもまだ「化学が好き。」「化学を取りたい。」と思えるやつだけ取れ。強く生きろ。


化学基礎Ⅰ


授業は早くて、むずい。予習、復習してようやく話について行ける感じ。模範解答のない教科書の章末問題をレポート課題として出すが、解かせるだけで答え合わせをさせない。答えがあると覚えるだけだから、その仕組みをうんぬんという考え。質問には答えてくれるようだが、おそらく一回質問した後は二度と聞きにいきたいと思わないような返答の仕方をされると思っても言い過ぎではないと思う。レポートは全5回。テストでは過去問があったほうがよいが、あっても落とす人は落とす。(期末試験 75%、レポート25%)私はとりました(B)。


化学基礎Ⅰ


情報学部の者です。過去のブラックリストを見ると評価がかなり悪いが、今年の授業に関しては若干評価がマイルドになっていると思う。身の回りにSを取った人がチラホラおり、全体として7〜8割は単位が出ているのでは無いだろうか。授業で取り扱っているものは面白いが、授業自体はそこまで面白くない(難解、というよりわかりにくい)。しかし、死ぬ気で期末試験を勉強し、過去問をやれば評価はくれる。悲観せずに頑張ってみるのが大事。ただ、履修取り下げは早めにしないとできなくなる可能性あり。自分の時は、隔週で教科書の問題を解答してくるレポートが20%、期末試験が80%だった。


化学基礎Ⅰ


自主的提出レポート出したら中間一桁でも単位くれた


化学基礎Ⅰ


授業の前半は主に高校の延長線、後半は新しいことをやる。 高校時代の化学が苦手な人は苦労する。 高校物理を履修していると少し有利かも。 再試はノー勉で挑んだが何故か受かった。


化学基礎Ⅱ


嫌味な先生だが、内容は高校の延長戦で比較的分かる。 毎回出される細かい宿題と授業プリント中の問題を一通り解けるようにしておけば、テストは困らない。 高校化学がさっぱりだった自分でも単位がとれた。


化学基礎


難しい。 テストを毎回あるまでは良いがフィードバックが一切ない。 TAが呆れる始末。 レポートの内容も難しい。 テストは過去問必須


化学基礎Ⅱ


授業内容はかなり退屈 評価方法はいたって普通 しっかり勉強すること 普段のレポートよりテストを重視した方がいい


化学基礎


まず、授業に金がかかる。教科書だけでなく分子模型も買わされ、合計1万近くなる。また、授業が適当でわかりにくい。さらに毎週のレポートの量が非常に多い(しかもそのくせ最終成績を出す際のレポートの割合は10%程度らしい)テストも難しい、平気で単位を落とす鬼。絶対に取らない方が良い授業のひとつ。


化学基礎Ⅰ


化学がとても好きな人意外にとってはたいくつ。後ろに座っておけば当てられない。出席は名簿を回す形式なので代弁も可能。2,3回ほど演習問題を解く回があり提出、受け取りで出席を取る場合があるので注意。期末テストは過去5年分の問題を解けるようにしておけば問題なし。


化学基礎Ⅰ


内容が難しいが、理科好きには好評。教科書が割と分かり易い。中間テストは10点(/50点)未満が続出するが、期末で挽回出来る人が多い。


化学基礎Ⅱ


期末全然出来なかったのになんか知らんがSが来た。 講義の内容は聞いてないと難しい。


化学基礎Ⅱ


授業はつまらない。 テストは持ち込み可能でそれほど難しくない。


化学基礎Ⅰ


基礎という名前だがそれは嘘、量子力学とかでやる内容を普通にやる。ただし物理的意味の説明だけで難しい計算をするわけではない。だが難しいことには変わりない。計算ではなく単語や理論の物理的意味を覚えよう、あとレポートは絶対に出そう。過去問をGETするか否かで運命が変わる。


化学基礎Ⅱ


毎週出されるレポートを出すために出席しよう。講義は教科書読んでるだけ。テストは熱力学がメインで他分野は大問一個分出るか用語の定義を聞くぐらい。基本問題が解けるなら単位は楽に取れる。


化学基礎Ⅱ


講義は教科書のことをひたすら板書し、喋るだけの退屈なもの。しかし毎回そこそこの量のレポート問題が出るため面倒。きちんと勉強すれば単位は来るものの、落とす者、再試を受ける者もかなり多い。


化学基礎Ⅰ


毎回出席代わりの授業終了時のレポート。 期末70%だが演習問題がテスト前に配られるのでそれが解ければ落とすことはまずない。授業切りすぎると落とされる。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。