線形代数学Ⅱ


板書がとにかく多い 単位はでやすいが評価は厳しめかもしれない エクササイズができれば大丈夫


線形代数学Ⅱ


=で繋がれた両者の世界が違うということを解ることがこの授業の目的。中間30点 期末70点 過去問をやっとけば100点取れる 出席は取るけど成績には関係あるのだろうか、、、


線形代数学Ⅱ


試験は4回あり、そのうち3回が4点満点、期末試験が8点の計20点で評価する。試験は試験直前にやるレビューを確実なものとすれば、ほぼほぼできるが、講義は非常に難解である。板書の字は読みにくく、具体例でもほとんど記号のみとなるため、理解するのは難しい。 レビューで出題される問題の解法などをやるから、その場で暗記してしまうのが一番の良い方法であろう。


線形代数学Ⅱ


テスト自体は時間的に厳しいが半分くらい(今年は30/56)取れればS(Cは12点くらい)だし、問題も過去問とほぼ同じ(前期は最後数問が違うかったが、後期は数値以外は全く同じ)なので単位は余裕。講義は証明などしっかりやってくれてわかりやすかった。買わされた教科書は分かりにくくて講義では全く使わなかったが・・・


線形代数学Ⅱ


教科書見てれば大体分かる。 期末は直前のプリントから大半が出た。


線形代数学Ⅱ


講義はわかりやすく、テストも過去問通りでくっそ楽


線形代数学Ⅱ


嫌いな人や苦手な人が多いと思うが、教科書は買わなくて済むし毎回プリントを配ってくれる。またそのプリントが良い感じに範囲に適している。個人的には彼でよかった。


線形代数学Ⅱ


授業進度遅すぎ。証明ひとつに40分かけることも。中間期末でこけるとC


線形代数学Ⅱ


テストは簡単ではないが、100点満点を超えた配点でどうやら圧縮しないっぽいので思ったより良い評価になる


線形代数学Ⅱ


配られる演習問題とレポート問題をやっておけば十分。内容はちょっと難しいが。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。