英語(コミュニケーション)


教室内PCで尾関先生のサイトにログインし、各自のペースで毎週のwritingやlistening & readingをこなしたり、時折ヘッドセットを通したインタビュー形式の学生間コミュニケーションも行う。PCでTwitterを見てると当然ながらバレる。 小テストが複数回存在するが、仮に休んでも最終回で纏めて受けることができる。でも極力休まないこと。 writing課題やセクションに纏わる与太話・解説も結構面白いほか、TOEFL対策講義もあった。満足。


英語(コミュニケーション)


プレゼン&ディベートで単位は余裕。 しっかり授業を聞いて、参加すればまず落とされない。1回欠席、1回遅刻してもAでした。オススメ。


英語(コミュニケーション)


ギャグ好きなサンタクロースみたいな外人のおじさん。授業自体の雰囲気はいい。単位も普通にやれば大体Aはいただける。ただ、多読のコンピュータ版のxreadingは中々に面倒。


英語(コミュニケーション)


毎週の宿題が結構きつかった。授業はほぼ隣の人としか話さないので、あまりコミュニケイトしない。最後の方では4人グループでスピーチをする。はっきり言って楽しくない。


英語(コミュニケーション)


めっちゃ楽です。すごく柔和な雰囲気の先生で、講義中携帯いじってても何も言われない。グループワークが主だけどやることは簡単だし、講義中に教科書への書き込みを怠らなければ課題もほぼありません。期末テストも、先生は本来やるつもりなかったらしくて、教科書にある程度目を通して高校レベルの文法・単語が正しく使えれば突破できるヌルゲーでした。


英語(コミュニケーション)


要約や文法や長文読解など本当にコミュニケーションの授業か?と疑問に思うほどコミュニケーションの要素がない。それもそのはず他のコミュニケーションの授業には必ずあるプレゼンテーションはこの授業の評価対象でないのだ。従ってプレゼンテーションを絶対やりたくない学生はこの授業をとることを激しく勧める。1分間のスピーチ発表を何度かしなければならないが原稿持ち込み可であるため余裕。


英語(コミュニケーション)


ただTOEFLのリスニングをして謎のリスニングの解説をするだけ。これが60分くらいで残りはその日のリスニングを音読するだけ。 テストもないし、楽単すぎる。授業中はまぁバレないように内職とかしよう。 声が変。


英語(コミュニケーション)


先生が美人で優しくて単位もでる、神授業。 英語のリスニングで使用する音声や映像が面白いものが多い。


英語(コミュニケーション)


毎授業の最初に小テストがあるので、遅刻しないように。中テストが何回かある。発音が特に鍛えられる。しんどい方かも。


英語(コミュニケーション)


プレゼン2回とディベート1回がメインです。 出席してれば単位は出ます。 陽気で優しいよい先生ですが、授業は退屈です。


英語(コミュニケーション)


成績の評価方法を含むすべての連絡事項が英語。先生が日本語話せない人だから日本人に聞きやすい英語でもない。授業は毎週教科書の英文を読んできて、その中の指定された単語の意味と教科書の質問に英語で答えられればOK。自宅でメモをきっちり作ってくれば退屈な授業できる。テストは授業と関係なく語彙力が試される。


英語(コミュニケーション)


5回欠席せずスピーキングテストをすれば単位でます。神。 先生はナイスガイ。


英語(コミュニケーション)


プレゼンテーションが2回 1回目が5分以上、二回目が8分以上。 出席をとる。 可愛いけど宿題多め、ディスカッション多め 割とめんどくさいけど、単位は出席さえして、プレゼンも適当に済ませればくる。


英語(コミュニケーション)


プレゼンテーションとそれに関するディスカッションが主に評価される。 プレゼンテーションは各自1回ずつ、スライドをつくり行った。15分間以上発表するように要求される。評価も厳しい。 かなり負担になるのでお勧めしない。


英語(コミュニケーション)


他のブラックリストの感想ほど酷いとは感じなかった。 宿題は400字前後の文を2題読むのとそれに関する100字ちょいのライティング。全部合わせても1時間以内には終わる。 数回休んだがAが来た。


英語(コミュニケーション)


ちゃんと出席してテストを受けたが落とされた 余りものの講義に福はない


英語(コミュニケーション)


とてつもない経歴の持ち主。よく授業中自分の昔話を始める、面白い。毎回エッセイが宿題だがテストはなし。エッセイを毎回出せばA確実。


英語(コミュニケーション)


頼りないTAが出欠とってた。自己紹介の英語のスピーチはスライドのクオリティと、スラスラ英語を話せるかが大事。あと長文読解は挙手制で訳す。積極的で正しく答えたら気に入られる。嫌われなきゃ楽。


英語(コミュニケーション)


病弱な中年の男の先生。 授業はアメリカのニュース番組のヒアリングだから英語苦手組には多少の難易度。 最後の授業で簡単なプレゼン(?)をして評価が決まる。テンション高めでやれば高評価は確実。


英語(コミュニケーション)


とても優しくて、ためになるご自身のお話も沢山してくださいました。 コミュのこの授業に関しては、セクハラ教材は全くなく、生徒が自分自身の自己紹介英文を作成するというものでした。 とってよかったです! セクハラ教材の心配、今はありませんよ!!!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト