朝鮮・韓国語1


授業は眠くなる。なぜか授業は毎回7分程度遅れるため、移動教室で時間がなくてもトイレに行ける。


朝鮮・韓国語1


毎回小テストがある。期末テストは簡単。毎回宿題を課す。その宿題は単位とるための保険的なやつ。


朝鮮・韓国語3


中間のレポートや毎時間の暗記テストが非常に面倒だったけど、普通にやっていたら単位は出ると思う。


国際関係論


韓国出身の法学部の先生。東アジアの各国の主従関係、帝国主義時代にヨーロッパ諸国はどのようにアジアに進出したか、冷戦の時の世界の動きなどから、国と国との外交にはどのような規則が見られるかなどを勉強したのち、「国はほかの国に対してどのように動くか」みたいなことを勉強しました。評価は100%テストで、授業中に勉強した事柄を自分の言葉で説明するといった論述問題が8問と、2つの問題から1つを選んで答える問題でした。発音が独特な先生ですが慣れれば大丈夫です。世界史を取った人の方が有利かと思われます。国際政治に興味がある人はきっと楽しめると思います。しっかりメモを取って勉強すればAとれます。すでに履修している方は英単語も面倒がらずに覚えましょう。英単語だけ出て説明しろという問題が出ました。


比較教育論


教育学部の女性の先生。東南アジアでの教育、韓国での教育、宗教や差別の問題、学力格差やチャータースクールなどの勉強をしました。ほぼ毎回映像を見ます。毎回の出席はリアクション・ペーパー(感想用紙)で取られ、3000字の期末レポートで評価されます。内容はとても面白いですし、話題が幅広いのでレポートも書きやすいです。また、私たちの場合は昼食の時間を考慮して10分ほど早く切り上げてくれました。とてもおすすめです。



たまに、指名する。韓国と日本の教育の違いについて知れて楽しかった。映画もよかった。



教育学。ハキハキした女性の先生。授業は教育の歴史、映画分析、韓国と日本の比較など。テストは論述。



韓国語1&2。授業初めの小テストは前半が少し辛かった。定期考査までにちゃんと単語は覚えておくこと。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト