財政


柳原先生の人間的な深みが理解できる学生には是非とも受けてほしい講義です。授業の進みはたしかに遅いです。話の脱線が多いのもたしかです。しかし、経済学部の他の講義では受けることのできないコンテンツが詰まってると思います。人間力(社会人として生きていくために必要なこと)を話の脱線から拾うことのできる優秀な学生はきっと満足することでしょう。


中国語


真面目にやれば力がつく。発音重視。順番に当てられ、教科書の本文を読んだり訳したりするのだが、そこで分からず答えられないと、予習してきなさいと強く言われるので、予習はしっかりしよう。


政治学


興味があれば面白い。テストとレポートで評価。レポートは教授の指定した何冊かの本から一冊選んで要約、自分の意見をまとめる。レポートはまあまあ重い。


経営学


経営学が身近な企業を例にしながら学べたので分かりやすかったし、個人的には面白かった。最初教授は1限の授業だから生徒に無理して授業に来なくても良いと言っていたのに、テスト直前では授業出てない人多いから生徒の3割をFにすると言っていた。


英語(コミュニケーション)


何回かのリスニング小テストがあります。 授業はリスニング用のテキストに沿って行われます。 毎回くじ引きによってグループ分けされて、グループごとにテキストの問題を解いていくというスタイルです。


人間と行動


寝てる人は起こされる。生徒の質問に丁寧に答えてることが印象的。いくつか心理学の実験に参加しなければならない。


地理学


授業中のモットーは「睡眠学習」。 生徒が眠りやすいように照明を落としてくれる。 先生はイケメン。ぼくは一目惚れしました。


中国語2


ステータスを«優しさ »に全振りした伝説の男。必殺技「単位の雨」は、全員を笑顔にする効果を持つ。


アルゴリズム


不思議な先生だったが、良い人そう。授業のモニターが1分くらい触らないと自動で消えるので困っていた。テストと小レポートのみで評価される。テスト内容はかなり基本的な問題で全て記述形式。ダイクストラ法での最短経路導出と情報量のとこをやっておけば良いだけの楽なテストだった。


英語(中級)


自前のeラーニングサイトを使って授業を展開。 ウェブで問題を解答したり、意見を投稿する。 これらは家でもできる。よって休んでも問題なし。 教科書のUnitごとにまとめテスト。休んでも最終回に受けられる。 出席あり。中間・期末なし。 評価はまとめテスト+eラーニング。 噂通りの神。


西洋法制史


レポート3回くらいあったのを1回しか出さなかったが、中間テストのようなレポートと(毎年同じような問題)期末テストを受けたら、勉強をしていなかったがSが出た。授業中の発言を毎回したら、必ずSが取れる。発言を記録するのは前半のみなので、後半はいっさい講義に出席せずバイトに費やして正解だった。神先生。


生と死の人間学


レポート毎回びっしり書けば内容に関わらずS 自習に費そう。


スペイン語4


教授に多少ディスられても案ずるな。彼女はほぼ必ずSをくれる。クラスの半分がSをとる。クリスマスには彼女は授業をしたがらない。代わりに手作りお菓子を持ってきたら評価を上げてくれると言う。必ず持って行こう。


ドイツ語4


少しシャイで、人が良い先生。 テスト範囲はほぼ全部教えてくれるし、問題も遊び心があって面白い。説明も分かりやすいし、授業内容も濃い。 授業の最後には必ず映画を見せてくれる。リピーターが続出する。結構オススメの先生。


統計学


自分はダメだった。 ある程度の努力は必要。


物理学基礎Ⅱ


講義はクッソつまらん。女尊男卑のお蔭で、特に男子はよく勉強しておかないと落とされる。逆に女子は何も勉強しなくても拾ってくれる、らしい。


文学


漢文を絵と照らし合わせながら読んでいく。漢文が苦手…という人でも、受験のような堅苦しい訳をやるわけではなくて、小説のような、作家になった気分で自分の思い通りの文章で訳していけるので、楽しくて辛くない。毎回出席ではあるが、それ以上の価値あり。


文化を読む


万葉集を読んでいく講義は正直退屈だけど、期末試験ではカンペ持ち込み可であり、かつ、万葉集の好きな歌1つについて述べればいいため、非常に楽であった。


歴史学


内容は奈良から平安にかけての手工業などについて。講義はクソつまらないけど、試験の問題は2週間前くらいにあらかじめNUCTに出されるし、レジュメは用意されるし、試験に持ち込み可だから、よほどのことがない限り大丈夫。


化学基礎Ⅱ


あれを講義と呼べるのか。レポート1秒でも遅れたら落単。 案の定落としたが、何も後悔していない。 「1限休講おめでとう!」


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト