統計学


統計学の講義。普通に内容難しいです。教養科目ですが、割と難しい統計手法も学ぶので、自分的には取らない方がいいかなーと思います。


経営Ⅰ


人のことをゴミとか言っちゃう嫌なヤツ 講義の内容関係なしに受けたくなくなる


英語コミュ


パソコンの問題をするだけ。たまにインタビュー形式の会話を友達とするが、いやほんとマイクをつけてするので結構楽しい。とても優しいお爺さん。


ソネット研究(2)


執拗な追及。とならいことをおススメ。


グローバル化時代の国際社会


出席3割 最終レポート7割、 5回以上欠席で出席点ゼロ。 授業は先生の話と映像を見る。 レポート内容はアメリカと各国の関係の変化について3000字ぐらいで述べる。 レポートは重かったけど 近代史詳しいなら余裕ちゃう知らんけど。 個人的には当たりの授業やと思う。 あと先生は多分スターウォーズ好き


大学入試改革を評価する


読む・書く・話す能力を鍛えることができる、まさに基礎セミナーの王道とも言える授業。勿論初歩から丁寧に教えてくれるため、1年後には論文を書けるだけの実力が身についているであろう。単位はA貰えます。


英語(中級)


映画を見て英語でレポートを書くだけで単位が出る。何かと大変な語学の授業でこれほどまでに楽でかつ楽しい授業は他にないであろう。故にこの授業を受講する学生は恵まれている。受講するために学生諸君らに求められるのはこの授業の抽選に当選する運、ただそれのみである。


英語(コミュニケーション)


要約や文法や長文読解など本当にコミュニケーションの授業か?と疑問に思うほどコミュニケーションの要素がない。それもそのはず他のコミュニケーションの授業には必ずあるプレゼンテーションはこの授業の評価対象でないのだ。従ってプレゼンテーションを絶対やりたくない学生はこの授業をとることを激しく勧める。1分間のスピーチ発表を何度かしなければならないが原稿持ち込み可であるため余裕。


エレクトロニクスと物性科学


毎回出席してレポートを出せば単位は出る。教科書はない。 レポートは授業をほとんど聞いていなくても図書館の本を調べれば書けるが手間。 堀先生はすごい先生なので話を聞く機会一回一回を大切にしてほしい。 僕みたいに講義中に携帯を触ったり、課題をしたりしないように! 講義の内容は難しいのでぜひ図書館で「見てわかる半導体の基礎」や「半導体が一番わかる」などを借りて、それを教科書代わりに講義を受けてほしい、きっと理解できる。


経営情報


出席は加点、カンペ持ち込み可、カンぺまで評価してくれる。テストはポアソン分布、二項分布、グラフの概形、待ち行列を復習すればとれる。


経営1


やけに囚人のジレンマを強調するおじさん。途中退席したら不機嫌になるので出来るだけ講義室にとどまろう。質問タイムに質問すると喜ぶ。何度か出席とるので毎回出席しておくのが吉。出席を取るタイミングを全て逃したら期末試験の受験資格を失う恐れがある。好き嫌いが非常に分かれる教授であるが、個人的には好きである。


英語中級


文句なしの神講座。映画鑑賞。毎週授業後に短いメールで出席。多数決で見る映画決まる。レミゼとファインディングドリーとタイタニックだった。見終わったら映画についてエッセイを書く。エッセイ3回のはずが2回になり、テストは無くなった。絶対に取るべき。


計量経済学Ⅰ


ジョンレノン。テスト一発。


会計Ⅱ


なんだかんだ優しいので期末試験前に過去問を配ってくれて、そこからそのまま出る。とは言っても日商簿記2級の過去問だから知識0の状態で勉強するのはだいぶ苦痛。それなりには講義内容を理解しよう。財務諸表Ⅰも同じ。後小テストやるやる詐欺を何回やった


マクロ経済学Ⅰ


ミクロマクロは経済学部生にとって最初の壁とも言うべき存在であろう。講義はとても分かりやすいと評判なので授業が終わるたびに復習することをお勧めする。間違っても試験前日に勉強をやり始めようなどという甘い考えを持たない方がいい。地獄を見る羽目になる。また単位はそんな簡単に出してくれる人ではないので、落単しそうなら教授がおっしゃる通り勇気ある逃亡を選択するのも大事。


フランス語4


夏に何かあったのかと疑う程の改心。出席を毎回取るとはいえ、さほど成績に影響しないのは健在なので出席しなくてもなんとかなる。テスト前にある程度出題する問題を教えてくれる。その上、テスト中には教科書を見てもよい時間がある。 この授業にあたったら大して頑張らなくてもよい。


経営戦略


「レポート4割、テスト6割でレポート出さなかったら単位取得は非常に困難だと思ってください。」とか嘘をついくるので気をつけましょう。 テストは満点余裕の記号問題でC狙いでテストだけ受けてもイケる。偶然か必然か、記号テストはは正しい答えに導ければ英単語が完成する仕組みかもしれない?? MYZKは神。


経済学A


学期終盤にやる小テスト(去年の期末テスト)20%と本番期末テスト80%で評価。小テストは1問しか、期末は半分も解けなかったのに評価はなぜかA。よくわからん。


一般経済史Ⅰ


講義はそこそこ面白い 期末は主に選択問題が中心だが、世界史の範囲が中心なので、高校時代日本史を履修した人は頑張ったほうがいいかもしれません あと、過去問はこのサイトにアップされてましたよ http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/school/17655/1498994197/l30


中国語1


毎回楽しみにしていた授業。正直ここまで中国語を好きになるとは思っていなかった。テストは難しめだが何とかなるレベル。


スポンサーリンク

広告 【2018年度入居者募集中!】名古屋大学駅近くのシェアハウス!!

スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト