英語(中級)


自前のeラーニングサイトを使って授業を展開。 ウェブで問題を解答したり、意見を投稿する。 これらは家でもできる。よって休んでも問題なし。 教科書のUnitごとにまとめテスト。休んでも最終回に受けられる。 出席あり。中間・期末なし。 評価はまとめテスト+eラーニング。 噂通りの神。


西洋法制史


レポート3回くらいあったのを1回しか出さなかったが、中間テストのようなレポートと(毎年同じような問題)期末テストを受けたら、勉強をしていなかったがSが出た。授業中の発言を毎回したら、必ずSが取れる。発言を記録するのは前半のみなので、後半はいっさい講義に出席せずバイトに費やして正解だった。神先生。


生と死の人間学


レポート毎回びっしり書けば内容に関わらずS 自習に費そう。


スペイン語4


教授に多少ディスられても案ずるな。彼女はほぼ必ずSをくれる。クラスの半分がSをとる。クリスマスには彼女は授業をしたがらない。代わりに手作りお菓子を持ってきたら評価を上げてくれると言う。必ず持って行こう。


ドイツ語4


少しシャイで、人が良い先生。 テスト範囲はほぼ全部教えてくれるし、問題も遊び心があって面白い。説明も分かりやすいし、授業内容も濃い。 授業の最後には必ず映画を見せてくれる。リピーターが続出する。結構オススメの先生。


統計学


自分はダメだった。 ある程度の努力は必要。


物理学基礎Ⅱ


講義はクッソつまらん。女尊男卑のお蔭で、特に男子はよく勉強しておかないと落とされる。逆に女子は何も勉強しなくても拾ってくれる、らしい。


文学


漢文を絵と照らし合わせながら読んでいく。漢文が苦手…という人でも、受験のような堅苦しい訳をやるわけではなくて、小説のような、作家になった気分で自分の思い通りの文章で訳していけるので、楽しくて辛くない。毎回出席ではあるが、それ以上の価値あり。


文化を読む


万葉集を読んでいく講義は正直退屈だけど、期末試験ではカンペ持ち込み可であり、かつ、万葉集の好きな歌1つについて述べればいいため、非常に楽であった。


歴史学


内容は奈良から平安にかけての手工業などについて。講義はクソつまらないけど、試験の問題は2週間前くらいにあらかじめNUCTに出されるし、レジュメは用意されるし、試験に持ち込み可だから、よほどのことがない限り大丈夫。


化学基礎Ⅱ


あれを講義と呼べるのか。レポート1秒でも遅れたら落単。 案の定落としたが、何も後悔していない。 「1限休講おめでとう!」


統計学


情報学部コンピュータ科学科生へ 2年秋学期の専門科目で統計処理を勉強するので、どうせならこの講義取っておくと後々楽です テストは持ち込み可なので、レジュメをまとめつつ、一通り話を理解していればA, Sくらい出ます


化学基礎Ⅱ


ホワイトボードの字がうすいので後ろに座ると見えない。最初の授業でこれまで何人落単させたか教えてくれる。テストは持ち込み可だが、そのほとんどが無駄になるきつい問題が出題される。


化学基礎Ⅱ


極限状態に追い込まれ、死ぬかと思いました。近いうちに死人がでると思います。みなさんも気をつけてください。健闘を祈ります。


線形代数学Ⅱ


大学は情報戦です。裏ワザを使いましょう。


英語(コミュニケーション)


2回プレゼンをする。 あと、たまに文章読んでワークシートに答える宿題が出ます。 ちょっと大変かもしれないけど、文章の要約とかの方法が身につくので、役に立つ授業です。 先生もとても優しい人で、プレゼンとか宿題の評価は甘めにつけてくれます。でもちゃんとアドバイスとか書いてくれます。 どの先生の授業にも言えるかもしれないけど、後期の英語でいい成績を撮りたかったらTOEFLを頑張ろう。


英語(中級)


めちゃくちゃ楽しいです。人生においてためになることをいろいろ教えてくれます。 寝たりスマホ触ると怒られますが、そんなことする暇もないくらい楽しいです。 最後にテストもありますが、辞書見ながらでOKのエッセイです。 評価もSかAしかつけないと初回の授業で公言してます。 めっちゃおすすめ。


政治経済学Ⅰ


日本ではケインズの学者としては3本の指に入る(らしい)。講義は何言ってるのか全くもって意味不明なので板書だけ取っておけばよい。講義プリントを何回か配布するので仲のいい友達に頼んでおけばいいかもしれない。(教授本人は講義室にいる人数分しか印刷していないと豪語しているので講義プリント足りない事件が勃発したが)期末試験の点数が足りなければ、単位を容赦無く落とす人なのでレジュメをしっかり読み込んで勉強しよう。ケインズについての大論述は10-13行も書かないといけないので、しっかり対策していないと試験当日に心が折れる。以上のことより、この講義は後期の経済学部専門基礎の講義でミクロに並んで落とす人が多い。頑張れ後輩負けるな後輩。


一般経済史Ⅰ


名前の通り経済史を原始時代から現代まで一通り学ぶ。木越さんの講義は普通に面白いので毎回出席することを勧める。(レジュメに書いてないことを講義中に言うこともあるので)日本史はともかく世界史を履修していない人は大分ビハインドを負った状態でスタートする。これを機会に世界史を一通り学んでみるのもいいかもしれない。講義に毎回出席して、レジュメをそれなりに読み込んでおけばまず単位を落とすことはないはず。(まぁ全く勉強をしない学生が一定数いるため、毎年2割ほど落単するのだが)


数学入門


講義は何言ってるのか分からないので出席だけしておけば良い。中間試験、期末試験とあるが全く解けなくても単位は出る。勿論その場合はCとかBであるのでAやSを狙っている人は他の講義を受講した方がいいかもしれない。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト