一般経済史2


経済史に興味のある人でも、授業についていけず置いてけぼりをくらう人多数。それくらい教授がしゃべる情報量が多い。テスト前に類似問題をNUCTにあげてくれるが、その類似問題の量が多すぎて前日や当日にテスト欠席を決める人もいる。計画的にテスト勉強しよう。


一般経済史Ⅱ


世界史メインで講義するので、日本史選択はそれなりにキツイ。ただ世界史を選択したからといって講義内容を理解できるわけでは決して無い。出席点が僅かながらもあるので、単位が心配な人は毎回出席するべき。NUCTで事前に配布された予想問題リストを多少変更したものを試験で出題する。とは言え全部論述問題なので、試験時間中は鉛筆の動きが止まらなくなる。


一般経済史2


内容は先生が常に教科書に沿いながら永遠に話し続けるスタイルである。ものすごく先生が楽しそうに話す+膨大な知識量の前に生徒は圧倒され呆然とする。興味がない人にとっては永遠におじさんの話を聞いている感じにはなる。 テストは歴史の論述暗記ゲームなので友達と解答を作成してひたすら前日に暗記すれば単位は取れる。


一般経済史Ⅱ


脈絡なく話すし、板書もあったりなかったり、あっても思いつきで書くので大変。 ただ、テストは講義での議論に即して書く必要があるため、どんなことを話したかその都度軽くメモをとっておくことをおすすめする。 なお、出席の名前だけ書いて退席しようとすると、捕まって名前を消すよう言われるため注意。


一般経済史2


興味がある人とない人にわかれる授業。しっかり勉強しないと単位はない。


一般経済史Ⅱ


大学生相手に教科書の予習を前提として進めるという謎授業。世界史を高校時代にある程度しとかないと何やってるかたぶんわからない。黒板に殴り書きするのでノートもとりづらい。受けてないがテストは論述でむずかしいらしいし。



講義は面白いが、2時間なので要スタミナ。テストはかなり大変。



問題は教えてくれるので、しっかり準備すれば優も狙える



経済学B。テストは非常にタイムリーかつ難易度が高い。



テストムズ、評価基準もキツメ



一回もまともに出なかったけど単位とれた。持ち込み可だから当日の頑張り次第でなんとかなる。



出るところ言ってくれる。良い人。



一般経済史2 いつも楽しそう。でるとこ言ってくれるので、それ参考に教科書読めばおk。



レポートはA4一枚が一回。授業は普通だけど評価は甘め?



一般経済史2 テスト問題の候補を教えてくれる。事前に答案つくっとこう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

blacklist 3.0 beta

メジャーアップデートしました。 スマホからのアクセスが多いので、スマホ表示に最適化したバージョンです。 jiro

凡例

出席をとる頻度
なし - 出席をとらない
毎回 - 毎回出席をとる
時々 - 時々出席をとる
レポ - レポートが出席代わり
他 - その他の方法
不 - 不明
評価方法
T - テストのみ
R - レポートのみ
TR - テストとレポートの両方
他 - その他の方法
不 - 不明
内容
★が多いほど内容がよい。
単位
★が多いほど単位を取りやすい。

科目区分から探す

言語科目から探す

Social

開発の更新状況・ブラックリストを使う際のティップスを知るには公式アカウントをフォロー。



Ver. 3.0
名大の授業評価サイト